• 火曜日 , 6 12月 2016

マックのセットを頼む時はドリンクをミルクにしましょう ~GI値といふもの~

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

皆さん急にハンバーガー店のポテト等が食べたくなる時ってありませんか?

マクドナルドのポテトやハンバーグ、ケンタッキーのチキン等とても美味しいですけどダイエットの観点から考えるとつい店で並んでいる時とか罪悪感みたいなものを感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか??笑

そんな罪悪感を打ち消すまではいかないものの、少しでもなくす方法として自分はいつもマクドナルドのセットを頼むときにいつもミルクを頼むようにしています!

それは食品のGI値というものが関連しているからです。

スポンサーリンク


太りやすい、太りにくい食べ物の基準はカロリーだけじゃない!食品のGI値とは??

皆さんもこのGI値という言葉は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

このGI値は簡単に言ってしまえば、このGI値が高い食品ほど太りやすい、低い食品ほど太りにくいといえます。

GI値は100を上限として高ければ高い食品ほど血糖値が上がる速度が速いというこになります。

糖(炭水化物)が体内に入ってくるとすい臓でインスリンというものが分泌され、そのインスリンが筋肉や肝臓に糖を運んでくれる運び屋として活躍してくれて血糖値も徐々に下がっていきます。しかし短い時間で多量に糖が入ってくるとインスリンの処理が追いつかなくなり、処理できなかった糖は脂肪として蓄えられます。

なので炭水化物(糖分)が大量に含まれていて、かつ高GIの食品(血糖値を上げる速度が速い食品)は体脂肪がつきやすいといえます。

スポンサーリンク



では何故マクドナルドのセットにミルクを頼むのか??

マクドナルドのセットはカロリーも高いですし、ジャガイモや小麦粉等GI値の高い食材が入っています。

しかし乳製品には食品の消化をゆっくりにする効果があるので、乳製品との食べ合わせによってGI値を抑える効果がある

のです。また、食物繊維も食品の吸収をゆっくりにしてくれるので昨日紹介したアサイージュースなんかも食事と一緒に摂るといい飲み物だといえます!

このように食べ物の太りやすさというのは成分表示以外にもこういった要素があるんですね!

しかしダイエットにおける食事で一番気にしたいのはカロリーの摂取量なのでGI値までも気にするとなると億劫だと思います。またGI値にばかり目がいってしまって結局摂取カロリーが増えてしまっては本末転倒になってしまいます。

なので乳製品や食物繊維が豊富な食べ物や飲み物を一緒に摂ると消化がゆっくりになって、そのまま摂取するより太りにくくなるよ!ということを覚えておくといいと思います!

ただミルク自体のカロリーも考えて、サイズはSにしておきましょう!

それでは遅くなってしまったのでまた!

スポンサードリンク