• 火曜日 , 28 6月 2016

トレーニングをしていても体脂肪率を減らせていない11の理由

b20604277dfbcc6f0c637d8840f5bc78_s

ダイエットのためにいくら運動をし、食事を減らしても体重の変化が見られなく不安、焦り、怒りといった感情に追われたことはないでしょうか?体重に変化がないと言う事は脂肪が減っていなということです。ダイエットの仕方に問題があるのです。その問題とは??

米国のサイトhttp://www.muscleandfitness.com/news-and-features/galleries/nutrition/11-reasons-you-re-not-losing-fat/slide/1では、その問題を紹介していました。

先日bodybuilding.comの紹介記事と内容が少しかぶってしまう部分もありますが、自分の生活と照らし合わせて、参考にできそうな部分は使ってみて下さい!

スポンサーリンク


体脂肪を減らせていない11の理由

 

1:カーディオ式トレーニングを取り入れている。

カーディオトレーニング(有酸素運動)を行えば行うほど、体が運動をしても脂肪を落とさない動きに適応してきます。その結果、前回よりいくら運動量を増やしても体重が減らないという事もまれではありません。脂肪の減少を促進する体内の代謝率の働きを増加するのにより効果的な、インターバルトレーニングを取り入れてみましょう。

 

2:バランスが取れていない食事をしている。

レプチンの量が必要以下に欠けてしまうと、体重の減少や空腹感をコントロールしているホルモンに影響を及ぼします。その結果、思ったように体重が落ちない、リバウンドなどを引き起こしかねないのです。体内のレプチンの量をバランスが取れた食事で適度に保ちましょう。

 

3:タンパク質を十分に摂取していない。

タンパク質を摂取するようにしましょう。体はタンパク質をよく消化しようとする働きが強いので、タンパク質摂取時は他に摂取した物もよく消化させる働きが期待できます。タンパク質を摂取するようにしましょう。

 

4:ハードなトレーニングに集中していない。

運動中はカロリー不足になるので、筋肉も落ちてしまいます。筋肉を強化することで基本的な代謝の働きも促進することができます。ハードで厳しいトレーニングを怠らないで持続していきましょう。

 

5:ストレスを抱えている。

精神的、身体的なストレスは体内のコルチゾールホルモンの量を増加させます。多量なコルチゾールは体内においてのテストステロンまたは成長ホルモンと作用し、筋肉の成長を抑えてしまうので、体重のリバウンドや骨が弱くなる原因にも考えられます。ヨガ、ストレッチ、黙想、深呼吸エクササイズなどリラックス効果を上げる運動も取り入れてみましょう。

スポンサーリンク



6:体にどういう影響があるものをどのくらい食べたか把握していない。

自身が食べる物に気を配る事によって、食事の仕方の改善方法が見えてくることでしょう。

 

7:適度な脂質を取り入れていない。

有酸素運動と魚の脂質を取り入れることによって、 運動のみを取り入れる場合以上に体内の脂肪が減少される効果があると研究で明らかになっているようです。オリーブ、アボカドなど適度な脂質がある食べ物も摂取してみましょう。

 

8:十分な水量を飲んでいない。

水分が不足すると代謝率が減少し、脂肪分解能力が下がります。十分な水分を取りよう心掛けましょう。

 

9:健康な食事をしているつもりである。

シンプルで健康だと思っている食事が実は意外に糖分、カロリーがあったりしているのです。低カロリーと売り出されている物には人口的に味付けがされている物も少なくなく、結果として健康に害を及ぼすことがあります。こういった食のスタイルに気をつけましょう。

 

10:炭水化物の摂取を必要以上に避けている。

炭水化物が減りすぎると普段の動作、ダイエット効果に支障をもたらします。ダイエット効果力を上げるために、激しい運動をした日になるべく多くの炭水化物を摂取しましょう。

 

理由その11:運動した後にプロテインシェイクを飲んでいない。

体内で燃焼されるカロリー数を促進する働きがある筋肉をプロテインシェイクが強化します。プロテインシェイクを取りましょう。

 ~体脂肪を減らせていない11の理由まとめ~

ご自身のダイエット方法とmuscleandfitnessが指摘している効果を下げるダイエットの方法を比べてみると、体重が落ちない理由となっている原因が見つけられたでしょうか?せっかくトレーニングをしているのに体脂肪が減っていかないと、どことなく怒り、焦り、不安がついてくるものですが心配はいりません。成功への道はダイエット方法を見直す事です。今回のアドバイスをもう一度まとめると、

・インターバル式のトレーニングを取り入れてみる。

・バランスが取れた食事を摂る。

・タンパク質の摂取を心掛ける。

・トレーニングがハードでも怠らないで持続する。

・ストレスを貯めない。

・食に気を使い、小まめな管理心掛ける。

・適度に脂質も摂取する。

・水分を十分に摂る。

・“健康”と売り出されているものの、実際には糖質が多いことがあるので成分表示には目を通す。

・適度に炭水化物も摂取する。

・運動後にプロテインを飲む。

 

これで、あなたも今までのダイエット方法より効率よく体重、脂肪を落とせることでしょう。ダイエットしていてもいつまで立っても体重に変化が見られないと気づいた時は、怒らず、焦らず、不安にならず、ここに綴った可能な問題点をもう一度読み返してみてください。もしかしたら、単に何かが欠けているかもしれないです。

追記:米国の別のサイトでも似た記事を和訳しました。サイト別でも共通していることや微妙に違うことも述べているので見比べてみても面白いかもしれません。またこちらでも、『~体脂肪率を減らすための11個のテクニック~』という記事を書いてみたのでご覧になってみてください!

Mens&fitnessの「効率良く体脂肪を減らすために知っておきたい5つのこと」

Bodybuilding.comの「体脂肪率を下げるために必要な10箇条」

スポンサードリンク