• 土曜日 , 3 12月 2016

トレーニングの質を上げる

みなさんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

先日紹介したドローインを覚えているでしょうか?

あのドローインというエクササイズは座っている時、立っている時関係なくできるトレーニングなので仕事中でもできるし簡単かつお腹の引き締め、腰痛の改善効果が期待できるいいトレーニングなので是非取り入れてみて下さい!

また、このドローインを続けることで腹筋の行える回数も増えたという実験結果もでているそうなので腹筋がきつくて回数がこなせないという方にもオススメできると思います。

ただこのドローインは単独でトレーニングとして行っても効果はありますが、ダンベルやバーベル、マシントレーニングの最中に行うことでそのトレーニングの質を更に上げることができるんです。

スポンサーリンク


ドローインを行いながらトレーニングする事で体幹部の安定性が高まる

前の記事でもふれましたがドローインをすることで腹筋の一番深層部分にある腹横筋が働いて腹圧をかけ、体幹部を安定させてくれます。

腹横筋は腰部にある筋肉ともつながっているので、ドローインをして腰の筋肉もぐっと締まった感覚が得られるようになってくるととてもいいです。ただ最初はお腹がへこんだ感覚しかないかもしれませんが最初はそれでも大丈夫です。

体幹部が安定するということは、筋トレをしているときに支点がしっかりしているということなので、負荷を分散さぜずに力点である腕や足に負荷をアプローチしやすくなるというこなんですね。

また作用点であるダンベルやバーベルの動きに振り回されないよう腹横筋を働かせて、体幹をぶれさせないように意識することで体幹もトレーニングしていることになります。

スポンサーリンク



トレーニング中の代謝UPにも効果的

またドローインをしながらトレーニングをすることで、更にトレーニング中の代謝も上がるようなので体脂肪燃焼を意識して筋トレする方も是非取り入れてみてください。

只ドローインしながら筋トレするのは普通に筋トレするよりもハードになってしましますが…。

ちなみに前に紹介したドローインの本に書いてあったのですが、このドローインをしながら腹筋をするのはとても効果的らしくトップボディービルダーの人が他の人に教えたがらない程のトレーニングと紹介されていました。

腹筋を割りたいという方はこの腹筋方法も試してみて下さい!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:ドローインの効果を上げるために抑えておきたい4つのポイント

スポンサードリンク