• 土曜日 , 10 12月 2016

アルギニンより効果的?シトルリンリンゴ酸サプリメントとは?

7a465c835c497e3a68568da1fc08912b_s

多くのアスリート達が、筋肉の強化やエクササイズ後の筋肉のダメージの回復などの理由でBCAAなどのサプリメントを使用中の中、アミノ酸が混合されたシトルリンリンゴ酸は、海外のアスリートの間では浸透しているものの、日本では2007年にようやくサプリメントや健康食品としても使われるようになったので、まだそれほど浸透していません。主に筋肉の強化また厳しいエクササイズ時などのスタミナアップなどの理由で使用されるようですが、他にはどのような効果、機能があるのでしょうか?

 

米国サイトBodybuilding.comはシトルリンリンゴ酸サプリメントの効果について解説しています。

スポンサーリンク


シトルリンリンゴ酸サプリメントとは?

シトルリンとは、アミノ酸の一種で、アミノ酸オルニチンとカルバモイルリン酸が混合した時にできあがる物質です。この混合過程は、体が窒素を排出しようとする尿素サイクルの過程でも起こります。(いわゆる尿を排出する時ですね)

サプリメントを通して、シトルリンを多く摂る事で、尿素サイクルを促進し、エクササイズ時に疲労の素になる筋肉内の酸をより多く吸収して尿として排出しようとするとする働きを促進するのだと考えられています。

シトルリンは体内のアミノ酸のアルギニンが一酸化窒素に変換される時にも生み出されます。なので、血液内のアルギニンの量が増える事によって、より多くの一酸化窒素が産出されます。

その場合、筋肉の血液循環が良くなる事によって、厳しい運動に対する耐久力(スタミナ)を高め、ウェイトトレーニングなど瞬発力を必要とするトレーニングや競技のパフォーマンスを上げたり、筋肉量のアップが期待できるということですね。

リンゴ酸は食品保存剤として食品に添加されていたり、自然の酸っぱいリンゴやその他の果物に含まれています。リンゴ酸は体内においての栄養素の持続性のために、シトルリンや他のサプリメントと混合されています。しかし、リンゴ酸自体も疲労への耐久性を促進し、エネルギー産出のために体内の乳酸の循環を助ける(乳酸をエネルギーとして再利用する)働きがあるとも考えられています。

このシトルリンとリンゴ酸が配合されたサプリメントがシトルリンリンゴ酸という訳です。

 

激しいウェイトトレーニングによる筋肉の疲れにも有効である

またシトルリンは体内の尿素の排出を促進する事で、筋肉内のpHというもの (水素イオン指数)が減少するのを妨げます。

筋肉内のpHが減ると、筋肉を酸性に近づけ疲労を促進してしまいます。シトルリンリンゴ酸のサプリメントを摂る事は、ウェイトトレーニング後に生じる筋肉痛の減少にも繋がります。

スペインのある研究によると、たまに厳しいエクササイズよって、免疫の機能に問題や上気道感染症を起こしてしまうサイクリストに、シトルリンを摂らせた結果、そのような問題や症状が普段より遅く現れ、減少したそうです。なので、シトルリンは、激しいエクササイズ時で痛めた、または疲れた体をケアし、他の症状が起きる事を防ぐ効果があるようです。

 

シトルリンは体内でアルギニンに変換される。だったら最初からアルギニンを摂ればいいのでは…

シトルリンは体内でアミノ酸であるアルギニンに変換されますが、アルギニンは口から摂取しても体内で利用される割合が少ないので、シトルリンを摂取して体内でアルギニンに変換させた方が効率良く体内で利用されやすくなります。また、アルギニンを直接口から摂取した場合、胃や消化器官に負担がかかりやすいということもあります。

 

また、シトルリンはアルギニンより肝臓で分解されにくいという点で、効果の持続力も長いようです。なので、多くのアスリート達は、アルギニンのみのサプリメントだけに頼よらず、その効果を活用しているとのことです。

シトルリンリンゴ酸については、まだ研究が進められている途中で、まだ学ぶべき所が沢山あるとされていますが、一つ言える事は、ジムで適度な軽い運動を行う場合にはあまり効果が見られないという事です。

最大な効果が見られるのは、ある程度までキツいエクササイズを行う時に、持続力、耐久力、回復力を高めてくれるということです。トレーニングや運動量の内容を5−15%レベルアップする場合など、シトルリンリンゴ酸は、有用なものになることが期待できるということですね。

 

BCAAなどのサプリメントが人気の中、シトルリンが混合されたサプリメントも海外では人気で、主に筋肉の強化また筋肉のダメージの回復のために使われる場合が多いようですが、場合によってはその効果が現れない場合もあるとの事なんですね。シトルリンやシトルリンリンゴ酸の性質を知り、どのような場合に使用したら最適なのか分かっていると、このサプリメントをより良く活用できそうです。

スポンサーリンク



シトルリンの効果を簡単に言うと…

少し難しい内容になってしまったかもしれませんが、簡単に言ってしまえば

・シトルリンは血管の拡張効果があるので、血流がスムーズに行き渡ることにより、水分や酸素の供給効率が良くなり、運動のパフォーマンスを上げる効果があるということ。

・筋肉への強い疲労物質であるアンモニアの排出を促すので、疲労軽減効果があるということ。

・シトルリンは体内でアルギニンというアミノ酸に変化するが、「じゃあアルギニン摂るのと一緒じゃん」とはならず、アルギニンを口から摂取した場合、体内で利用されにくく、シトルリンを摂取して体内でアルギニンに変化させた方が結果的に血中のアルギニン濃度が高くなるので効率が良いし、胃にも負担がかかりづらい

ということですね。

サプリメントはずっと同じものを摂っているより、たまに変えてみたりすると、「これは!」と効果を体感しやすくなることもあるので、先日紹介したHMBや今回の様なシトルリンといったものをたまに摂って見ると思わぬ発見があるかもしれません。それでは!

参照サイト:bodybuilding.com

スポンサードリンク