• 火曜日 , 6 12月 2016

ワークアウトを続けていても筋肉が増えない10個の理由.1~5まで

Doing exercise

今日は昨日の自律神経の話しから一転、少しマッチョなネタになります!

ワークアウトやトレーニングを続けているのに、なぜか筋肉が増えていかない…。確かに人によって筋肉がつきやすい人、つきにくい人といますが数カ月トレーニングやワークアウトを続けても体型が変わっていかない場合はどこかに問題があるはずです。米国サイトmensfitness.comでその理由が10個綴られていたので、自分にあてはまる部分がないかどうか確認してみましょう!少し長くなってしまったので記事を2回に分けて紹介します!明日6~10も紹介しますね!

スポンサーリンク


何故ワークアウトを続けているの筋肉がついていかないのか?1~5までの理由

 

1.体重が増える事を気にして、十分な食事を摂っていない。

確かに過剰なカロリーを摂る事は、余分な脂肪を増加します。しかし、正しい方法でトレーニングをしていればカロリーは筋肉に変わります。

十分な栄養を摂らない事は、筋肉の機能を低下させ、脂肪の減少を妨げます。体を飢餓状態に近づけ、カロリーを消費する時に必要となる筋肉を落としてしまいます。また、緊急時のエネルギーとして、脂肪を蓄えてしまいます。そして、タンパク質をあまり摂らないようにすればするほど、エクササイズ後の筋肉の回復も妨げてしまいます。

 

2.カーディオ(有酸素運動)を強化しすぎている。

カーディオによって、筋肉の強化を低下する場合があります。例えば、有酸素運動を頻繁にしたり、長時間に渡ってしたり、空腹時にしたりする時などです。

毎日有酸素運動をする事によって、筋肉を作るために必要になるカロリーを多く消費させてしまいます。45分以上、有酸素運動をした場合も同じ事が考えられます。朝食前にエクササイズをする場合も、筋肉が減っていってしまうので、この問題が生じえます。

なぜなら、起床時の体は既に分解作用(筋肉の消耗)が機能しています。起きてすぐ運動をする事は、その分解機能をさらに促進して、体に厳しい状態をもたらせてしまいます。もし筋肉を減少させたくないのであれば、朝のタイミングで食事を摂ることは大事です。

 

スポンサーリンク



3.体が疲れ果てるまで運動をしている。

エクササイズを多くする事が筋肉を強化するのに最適な方法だと思われているかもしれません。筋群ごとに合計20セット以上の運動、1セットを15回以上続けたりすると、筋肉は膨張しますが、それはパンプアップといって血流の変化によって起こるもので、筋肉が成長しているのではないのです。

自分にとって何回も数多くできるくらいの重量は、実際には筋肉を成長させるには不十分なので、そのようなトレーニングから筋肉を得られる事はないでしょう。

 

4.日々のエクササイズを体の部位ごとに分けている。

今日は、胸のエクササイズ、明日は背中のエクササイズ、その後日は腕のエクササイズと日々のエクササイズを体の部位ごとに分けている。このエクササイズは古いやり方で、エクササイズをしてしばらくは、効果が見られるのですが、損傷によってエクササイズを止めなければいけない状態を招く事が多いのです。また、このエクササイズ法は、重い重量を扱う必要がある時などに、筋肉同士の協調性の力を弱めてしまいます。

(補足:ハードにトレーニングする人にとって分割してトレーニングするのはほぼ常識だと思いますが、これは「?」という感じですね。要するに「胸だけ」の日、とか一つだけの部位を鍛えるのはやめた方が良いということを言っているのかもしれません。)

 

5.ストレッチをしていない。

ストレッチは、回復、筋肉の動きを促進し、筋線維が成長できるようにスペースをより多く設けようとする働きがあります。ウェイトトレーニングは体が損傷するリスクがあり、アスリートとしての動きに制限をかけてしまう時があるでしょう。


さあ、いかがだったでしょうか?何か当てはまる部分はありましたか??

筋肉はトレーニングだけでは効率良くついていきません。トレーニングはあくまで種をまく行為。休息や食事という水まきがあってこそ筋肉がついていきます。明日は6~10までを紹介したいと思うので自分の生活やトレーニング内容と照らし合わせてみて下さい!

まだ夏まで2カ月ほど時間はあります!今から筋肉を増やして肩で風切ってビーチを闊歩できるぐらいの身体を作り上げましょう!笑

それではまた明日更新します!

関連記事: ワークアウトを続けていても筋肉が増えない10個の理由。6~10

トレーニングをしていても体脂肪率を減らせていない11の理由

参照サイト:mensfitness.com

スポンサードリンク