• 火曜日 , 6 12月 2016

デスクワークの疲労改善に究極のアイテム登場?「スーパー仰向けゴロ寝デスク」

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

以前の記事で、デスクワークによる疲労回復にウォーキングが有効だという記事を書いたことがありますが、今回はデスクワークの疲労に悩まされる方にとって究極(?)ともいえるアイテムが発売されるようなので記事にしてみたいと思います!ここ1~2日でネットのニュースなどでも沢山取り上げられていたのですでにご存じの方も多いかもしれません。

 

サンコー  スーパー仰向けゴロ寝デスク

これはまさに究極形ですね!笑

このスーパー仰向けゴロ寝デスクは、左右にある6個の関節部分と天板が360℃回転するようなので、自分の使いやすい位置や高さに設定することができるようです。すでにこの前段階の商品も販売されていますが、関節部分の安定性と脚の長さをより最適化したもののようです。

パソコンが落ちてきそうで恐いかもしれませんが、落下防止のための固定バンドやゴム付きフックを搭載しており、天板の角を覆って怪我を防止する保護カバーもついているとのことです。(パソコンが熱くならないようにUSB給電式のファンも2つ搭載)

値段は¥8,980円なので、実際にPC用のデスクと椅子を購入することを考えたら割安かもしれませんね!

実際に脚の部分を調節すればそのままデスクとしても使えるようなので、ベッドさえあればそれを椅子代わりにして使用できてしまいます。折りたたんで持ち運びも手軽に出来るようです。

このサンコーのスーパー仰向けゴロ寝デスクは相当反響が大きかったようで、初回入荷予約分は即日完売、第二回入荷分も即完売、今は第三回入荷分の予約を受け付けているとのことで、発売前の予約段階から相当売れているようですね!

スポンサーリンク


ただ注意点も…

スーパー仰向けゴロ寝デスクは非常に画期的だと思いますが、フィットネス目線で言えば、確かにデスクワークによる疲労は軽減されると思いますが、寝たままの姿勢というのは座っている状態以上に活動代謝を減少させ、更には筋肉を衰えさせます。

1日中寝ている状態というのは筋肉を0.5%~1%も減少させると言われているぐらいです。

ただ背中が丸まった悪い姿勢で座っていると、姿勢不良による肩こりや腰痛が起こってしまうのも事実なので、デスクワークが中心の方は

・脚(膝)を開きすぎない

・骨盤を立てて顎を少し引く

という2点だけでも意識するだけで、腰や肩回りの筋肉への負担を減らすことができます。自分の姿勢が崩れてきているなと感じた時に、意識して立て直すようにしてみましょう。

最後にくさすような形になってしまいましたが、動画を見る機会の多い方や、会社から持ち越した作業を処理する時など上手に付き合っていけばかなり活用性の高いものかもしれませんね!

率直に僕も欲しいなと感じたので購入するかもしれません!

それではフィットネスジャンキーでした!

追記:結局欲しい衝動を抑えきれずに購入しました笑 また商品が届き次第こちらのページでレビューを書いてみたいと思います!
ベッドで布団でカーペットで、リラックスタイムに寝ながらノートパソコン等を操作できる万能テ…

スポンサードリンク