• 土曜日 , 3 12月 2016

チートデイの行い方と摂取するカロリー量の目安や注意点!

ad5b961031faea6a257b86baa2754dd2_s

皆さんこんにちは!フィットネスジャンキーです!

ダイエットや肉体改造を続けていると、最初の段階では順調に体重、体脂肪が落ちていったのに、ある段階から思うように結果が出なくなってきた…食事もトレーニングも変わらず気をつけているのに何故だろう?という経験をしたことをある方もいるのではないでしょうか?

これは実は人間の身体が良く出来ているが故の身体の反応とも言えます!

ダイエットなどで食事のカロリーを制限する日々が続くと、身体がエネルギーが全然入ってこないと判断し、身体が生きていく上で自然に消費するカロリー、つまり基礎代謝を下げて燃費の良い状態にしようと努めてしまいます。

雪山などで遭難したり、食べ物がない状況では、この身体の反応は生命を維持するために必要と言えますが、自由に食事が出来る状況なのにあえて食事を制限して、カロリーを抑えているダイエットの状況では、この身体の反応は邪魔なものになってしまいます。

出来れば基礎代謝を下げる身体の反応を出させないでダイエット、肉体改造を続けていきたい…そこで『チートデイ』というダイエットのテクニックがあります。

日本語に直訳すると「騙す日」、「誤魔化す日」という意味ですが、これは計画的に沢山カロリーを摂取する日を意図的に設けることによって、身体にちゃんとエネルギー、カロリーが入ってきていると認識させ、基礎代謝が低下している状態から身体を元に戻し、ダイエット、肉体改造の停滞を防ぐというテクニックです。

いっぱい食べるので翌日は少し体重が増えますが、翌日からダイエット時の食事に戻してしっかり運動を続けていけば、結果的には効率よく体脂肪を落とすことが出来ます。
ただ、チートデイはとにかく沢山カロリーを摂取すれば良いなど、無計画に行っては逆効果になってしまう可能性があります。

まずはチートデイで摂取するカロリー、食事内容、行う頻度について説明してみたいと思います。

スポンサーリンク


チートデイで摂取するカロリー目安、食事内容、行う頻度

 

ではまず大事な摂取カロリー目安なのですが!…これは実は明確な決まりというのはありません。

大体の目安として、ダイエット期間中に摂取している食生活の一日の総摂取カロリー+2500cal程度を一日の総摂取量にして、朝、昼、夜のどれかに食事量が偏りすぎないように注意しましょう。

ダイエット期間中に摂取するカロリーですが、無理なく痩せるペースであれば、1日に消費するカロリーよりも400kcalほど摂取するカロリーを少なく出来るようにしましょう。大まかにではありますが、下記のツールで自分の基礎代謝と1日に消費されるカロリーの計算ができます。

自分の基礎代謝と1日に消費するカロリーの自動計算ツール

食べ物に関しては好きな物を食べて結構です。ただ糖質ばかりに偏らないように、タンパク質もしっかり摂取するように注意してください。

頻度は最初に停滞を感じた時を最初のチートデイとして、3週間に1度程度、曜日は決めておくようにしましょう。

スポンサーリンク



チートデイを行う上での注意点

ダイエット中なのに+2500cal程度も摂って良い上に、好きな物が食べられる…いいことづくめの様にも思えますが、チートデイはやり方を間違えると墓穴を掘ってしまいかねません。

トレーニングをしながら毎日の消費カロリー、摂取カロリーを計算して、その計算通りの食生活を続けていっている上で行うのは良いですが、勘を頼りに極端にカロリーを減らして思いつきのようにチートデイを設けても、効果を出すのは難しいどころか逆効果になってしまうでしょう。

また、チートデイの行い方としては、極端にカロリーを増やすというのが特徴なので、中途半端に少しだけ今日は好きなものを食べるのを追加してみようなどの行い方もNGです。

 

•チートデイに摂取するカロリー量は目安として、普段のダイエット時の食事の摂取カロリー+2500cal程度

 

•ダイエット中の消費カロリー、摂取カロリーを計算して、実行していっている中で行う

 

•中途半端に少しだけ量を増やそうということはしない

以上の3つに注意した上で行ってみて下さい!

チートデイはボディビルダーやダイエットの専門のパーソナルトレーナーが使う立派なテクニックではありますが、前述したようにしっかりとした計画があってこそ意味のあるものです。

なのでダイエットを始める場合は、まずは自動計算ツールのようなものでも良いので、大体の自分の1日の消費カロリーを知って、摂取するカロリーがその消費カロリーを下回るように食事を計画するところからスタートするようにしましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:太らないための食事の選び方(外食の時などの参考にも)

スポンサードリンク