• 土曜日 , 10 12月 2016

筋肥大やトレーニングの成長を妨げてしまうよくある間違い

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

米国サイト、bodybuilding.comがトレーニングに励む方が犯しがちな、成長を妨げてしまう間違いを紹介していました。一生懸命トレーニングしているはずなのに身体が変わらない、それは生活やトレーニングを見直すと必ずどこかに間違いがあるはずです。

トレーニング内容だけではない、様々な要因からそちらを探ってみましょう。

スポンサーリンク


筋肥大やトレーニングの成長を妨げてしまう間違え4つ

 

サプリメントに頼りすぎて基本的な食事が疎かになっている。

サプリメントは食事で足りていないものを補ったり、ジムでのあなたの頑張りの手助けとなります。
しかし、サプリメントは適切な食事やハードトレーニングの代わりでもなければ、代わりになりうることもありません。
タンパク質や魚油、クレアチン、またトレーニングの準備となる基本的なものを賢く摂れるステーキやサツマイモ、その他自然の食べ物が本来必要な時に、誇大宣伝されたサプリメントの摂取に月の食費をやたらとつぎ込む人たちに私はことあるごとに言ってきました。
あなたの普段の食事にさらに何かを追加する前に、本当にそれが正解かどうか確かめてください。標準以下の食事を摂るサプリメント摂取上級者になるよりも、基本的な栄養をマスターした方がより良い結果を得られるでしょう。

 

(補足:アメリカはサプリメント大国なので、あれもこれもと摂ろうとしてしまう人も多いのかもしれませんね。この方が言うように確かにサプリメントの会社は、誇大広告に走りがちという側面があると思います。確かに効果を発揮してくれるものももちろん沢山ありますが、まずは基本的な食事の栄養摂取がしっかり出来ているか見直してみましょう。)

 

 休息をしっかり入れていない。

トレーニングの世界に染み渡っている『やればやるほど良い』という考えは無利益です。それは、あなたの筋肉はトレーニング後ジムにいるとき以外の時に成長しているからです。

ジム内で十分なトレーニングをしたとします。それらがその後、ごく小さな筋肉破壊と外傷を起こすのです。そしてジム外での行為、例えば食べる、水分を取る、ストレッチをする、サプリメントを摂取する、特に睡眠をとることがこれらの損傷を回復してくれます。

この回復が完了する前にハードトレーニングをすると筋肉の肥大を奪うだけでなく、あなた自身を怪我や不必要な痛みの危険にさらすことになるでしょう。

 

(補足:オーバートレーニングについては議論の余地が分かれるところですね。運動生理学の世界では、休息を入れないと筋肉は成長しないというのを誰もが習いますが、実際に休息などお構いなしとばかりにトレーニングをして筋量、筋力を増やしていってしまう人もいますし、超回復自体を懐疑的に見る専門家の方さえいます。

ただトレーニングだけではない、スポーツの世界などでは、試合でのパフォーマンスが疲労により低下してしまうので、休息が大事というのはいわずもがなですよね。)

 

具体的で現実的な目標値を設定していない。

いずれこういう身体になりたいと頭の中で描いているイメージを持つことは重要です。

「あの人のようになりたい、かっこいい!」という気持ちはフィットネスのゴールとして皆の共通するものです。
もしかしたらそれはあなたのジムの個人トレーナーやプロのアスリート、もしくはどこかで目にしたある写真の人物かもしれません。それが誰かにかかわらずその人物はきっと何年も、または何十年も身体づくりに費やしているに違いありません。
かといって私はあなたがゴールにたどり着けないと言っているわけではないのです。
私はただ目標に到達する過程や、要する期間に関して現実的な目標値(体重や体脂肪率、トレーニングの記録など)を立てることをお勧めしているのです。
そして過程を楽しむようにしましょう。現実的な目標を設定し、それに到達することで満足感を得て、また新たに目標を設定し取り組むのです。

スポンサーリンク



アドバイスを安易に受け取らないようにする。

もしジムでトレーニングやサプリメント摂取についてのアドバイスを人からもらいたい時は、本当にその人が知識ある人なのか注意しましょう。確信が持てるまで疑い深くなりましょう。
私は何度も悪いアドバイスを受けている人を目撃したことがあります。さらにひどいのは、そのアドバイスを受けた人の健康問題により、体調が悪くなったという話です。もしくは良くない人に悪いアドバイスを受けたために、通るべき過程を通っていないなどです。
自分の身体を一番良く分かっているのはあなた自身です。もし充分な知識やスキルがなくても、トレーニングやプログラム、基礎の積み重ねを自分で考えながら経験していくことが大事です。
それにより自分にとって必要なトレーニングとは何かが分かってきたり、減量始めや、試合の準備時期や、オフシーズンの体重増加の時に比べ、自分の基準値というものが分かってくるでしょう。

(補足:確かにこれは大事ですね。トレーニングが好きな方の中には教えたがりや言いたがりの方も多いですが、専門家でないかぎり間違っている内容も多いですし、合っていたとしても自分の身体の感覚というのは自分にしかわからないので、自分で知識を蓄えて合う合わないを趣旨選択していくのがベストではないでしょうか。)

 


筋肥大やトレーニングの成長を妨げてしまうよくある間違い~まとめ

今回のことを改めてまとめてみると

 

・基本的な食事から栄養を摂取できているか見直す

 

・トレーニングの休息をしっかり入れる(しっかり追い込めているということが前提で、同じ部位に関しては基本的には48時間以上の休息が必要になると言われています)

 

・具体的で現実的な目標値(体重や体脂肪、記録など)を設定し、継続の意志と集中力を保つ

 

・人のアドバイスに左右されすぎないようにし、自分の経験や得た知識で、自分自身に必要なトレーニングを判断出来るようにしていく

 

精神論的なものも入ってしまいましたが笑 最近いまいち成果が出なかったりマンネリ化しているという方は、以上のことを踏まえてトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク