• 土曜日 , 3 12月 2016

ダイエット、脂肪燃焼に効果的な驚くべき12の食べ物

30747066_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

米国サイト、Bodybuilding.comで「ダイエット、脂肪燃焼に効果的な12の食べ物」という記事が紹介しされていました!

健康面で考えても良い食べ物が沢山載っていたので、外食、スーパー、コンビニでの買い物の時などの参考にしてみましょう!

スポンサーリンク


ダイエット、脂肪燃焼に効果的な驚くべき12の食べ物

以下は翻訳部分になります。


1:ムール貝

ムール貝は脂肪分の少ない肉です。白ワイン少々を入れて蒸し、簡単な食事としましょう。別の良い面として、貝類は食べるのに時間がかかるので、時間をかけて食事ができます。
このことで、満腹中枢に食べているものを認識させるのに時間をとれるので、少量で食事を終えることができます。

2:アーモンド

多くの脂肪を含むので、脂肪を減らす食べ物からは最初はじかれましたが、アーモンドは十分な食物繊維、タンパク質、食物脂肪を与えてくれます。研究により、当初考えられていたより20%カロリーが少ないこともわかりました。

3:かぼちゃ

主に季節限定の楽しみなデザートとして考えられていると思いますが、かぼちゃには消化を遅くし満腹感を持続させる食物繊維が詰まっています。砂糖不使用の缶詰のかぼちゃは1年を通して手に入りますし、低炭水化物のパンケーキ、タンパク質含有のパンプキンパイ作り、あるいはホエイ、くるみ、シナモンと共にスムージーに入れるなどして使えます。

4:ビーツ

この自然の味のする栄養の宝庫は、硝酸という物質を含みます。硝酸は血管拡張を助長し、ジムでの運動能力を高めます。つまりジムで激しくトレーニングするほどカロリーを燃やすことができ、痩せていきます。

茹でてスライスしてバーガーに乗せるオーストラリア式で食べてみましょう。または、角切りにしてフェタチーズに加えると、タンパク質たっぷりのサイドメニューになりますよ。

5:アボカド

アボカドは、コレステロールを下げる不飽和脂肪酸を多く含みます。「Diabetes Care」(糖尿病注意)で発表された研究によると、この脂肪酸は内臓脂肪も減らすということがわかりました。アボカドは食物繊維の良き供給源でもあります。

アボカドは、手間がかからず簡単に食べることが出来ます。半分に切り、塩をまぶし、スプーンですくって食べ、味が続く限り「体に良いものを取り入れている」と感じながら美味しく楽しみましょう。

中略:アボガドは世界一栄養価の高い果物として、ギネスに認定されている食材でとても多くの栄養素を含んでいます。最近では日本でもガストやデニーズなど多くのファミリーレストランでアボガドを使った料理が加えられています。こちらの「世界一栄養価の高い果物、アボガドのポテンシャルの高さ」という記事で含んでいる栄養素や、アボガド料理が食べられる外食チェーン店を紹介しています。

6:チーズスティック

元ボディービルダーで俳優のアーノルドシュワルツェネッガーはかつて、牛乳は赤ちゃんの飲み物でビールは大人の飲み物だと言いました。チーズスティックに関しても同じように思うかもしれませんが、それは子供のおやつではありません。持ち運び可能で、うまく加工され、十分なタンパク質を含んでいます。少量の果物と共に脂肪を減らす軽食として食べましょう。

7:ケフィア

この牛乳とヨーグルトの発酵混成物は、プロテインとプロバイオティクスの強力な組み合わせです。有益な微生物が乳糖を前もって消化してくれるので、ケフィアは99%ラクトース(乳糖)・フリーです。よって、乳糖不耐症の人にとっては牛乳の代わりとなります。

8:イワシ

アメリカ人は概して魚よりもパンからタンパク質を摂取します。それは、魚を調理する難しさと関連しているのかもしれません。イワシに調理は不要です。缶から出して食べれば良いのです。品質保持期間も長いですし持ち運びもとても容易です。

スペインの研究で、減量中にイワシのような魚を週に3回食べると、食欲と体脂肪率を制限する脂肪細胞から出るホルモンであるレプチンの改善につながることがわかりました。

9:グレープフルーツ

過去のグレープフルーツダイエット詐欺や太る要因の果糖への恐れが、グレープフルーツは脂肪を燃やす食べ物ではないと思わせているかもしれませんが、もう一度考えてみましょう。

「Nutrition and Metabolic Research Center」が行った研究で、食事と共にグレープフルーツを半分摂ると脂肪減少が促進されることがわかりました。かなりの水溶性食物繊維を含んでいる白い部分も食べるようにしましょう。

10:プルーン

プルーンはかつて便秘改善のみに役立つと考えられていましたが、実は健康に有益でダイエットの助けになってくれます。プルーンには血糖値のコントロールと、満腹感を補助する水溶性食物繊維が含まれてるのです。

また、ザクロやブルーベリーに最もよく含まれる強力な抗酸化物質、アントシアニンも含まれています。(酸化とは物が腐ったり錆びたりすることで、人間に例えると老化するということ。抗酸化物質とは、それに抗ってくれる栄養素のこと)

アントシアニンは消化管からわずかにしか吸収されませんが、吸収されなかったアントシアニンは消化器官の中で善玉菌を増やすのに使われます。消化器官で善玉菌を生み出すことは、細身の体型となりそれを維持する鍵になるのです。

11:冷たい調理済の芋

芋を食べる前に調理して冷やしておくことで、難消化性でんぷんの構成を後退させることができます。難消化性でんぷんはインスリンの反応を改善し、満腹感を高めます。それら二つの働きは脂肪を減らすのに最大限有効な要素です。

中略:これは以前の記事で紹介した“レジスタントスターチ”という方法ですね。芋以外にも糖質が主体の食べ物にこの方法は使うことが出来るので、「日常生活で取り入れやすい、血糖値を下げる4つの方法」という記事を参考にしてみて下さい!

12:キャノーラ油

キャノーラ油は多価飽和脂肪酸の内の1つであり、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の混合物です。スウェーデンのウプサラ大学が2014年に行った研究では、7週間の間、食べすぎの時に飽和脂肪より多価不飽和脂肪酸をとると、脂肪の吸収が抑えられ筋肉がつくことがわかりました。


ダイエット、脂肪燃焼に効果的な12の食べ物~まとめ

アメリカのサイトで紹介されていた12の食べ物ですが、日本でも身近に手に入れられる食材が結構多いですよね。

ただこれらの健康的な食べ物も食べ過ぎはNGです!適度な摂取はダイエットや脂肪燃焼の助けとなってくれるかもしれませんが、摂取カロリー過多になってしまっては意味のないものになってしまいます。

まずは自分が1日、1週間にどれくらいのカロリーを摂取しているかをチェックするところから始めてみましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:脂肪燃焼に役立つ3つの良質な油(脂質)の摂り方

スポンサードリンク