• 土曜日 , 28 5月 2016

ダイエット時の食事制限を成功させるための4つのアドバイス

86e1b38f5ce1ae069a8fc00811da5d70_s

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

トレーニングが好きな僕としては、食事制限よりトレーニングの方がダイエットにおいて大事!と言いたいところなのですが、実際のところダイエットは食事制限がトレーニングよりも重要な役割を担っています。

単純な伝え方になってしまいますが、トレーニングは週に3回行ったとしても月に13,4回ですが、食事を摂る機会は1日3食としたら1か月に93回もあるからです。

しかしそうとはわかっていても好きな食べ物を我慢するというのは大変なことです…。

そこで米国のサイト、Bodybuilding.comではダイエット時の食事制限を成功させるための5つのアドバイスを紹介していました。最後の5つ目は総論的なものだったので、そのうちの4つを紹介したいと思います!ダイエットを始める前に、これらのことを注意し、計画に沿って進めていけるように参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク


ダイエット時の食事制限を成功させるための4つのアドバイス

以下は翻訳部分になります。


体重を減らそう、夏に向けて痩せよう、あるいはショーや写真撮影のために痩せようと努力したことがあるなら、食事制限がどれほど大変かはご承知でしょう。ダイエットはとても大変です、私たちは常に「食べろ、食べよう、食べましょう」と訴えてくる人、写真、情報に包囲されているのですから。

そう、減量にはかなりのやる気、熱意と準備だけでなく、誘惑に抵抗する多大な自制心も必要です。私たちは皆、おいしい食べ物なしに生きてはいません。そもそも、食産業は人は何に対してフォークをとるかを研究して成長するのです。

こうした誘惑にどう対処するかを学ぶことで、ダイエットはより簡単かつ効果的になるでしょう。更に重要なことには、どのように誘惑を阻むかを学ぶことで、健康的生活を送るという長期目標を持てるでしょう。

 

1:アルコール摂取量を制限する

私(著者)は元々あまりお酒は飲まないので、私にとっては減量時の問題ではありません。ですが、飲酒は食への渇望を一層無視し難いものにすることは知っています。

飲酒の最も悪い(あるいは良い)ところは、抑制力を弱めるという点です。「あのピザ1枚はいらないよ」と語りかける内なる小さな声がなければ、自分でよくわかっていてさえ、ジンとソーダからチーズとペパロニに手をのばす可能性があがります。

減量中でなければ、そのピザ1枚が大ダメージを与えることはないでしょう。しかし、あなたの目標が身体を引き締めることであれば、その高カロリーなものはあなたの道のりを一層困難なものとするでしょう。加えて、翌朝罪悪感に見舞われるでしょう。

総じて、私のアドバイスは、アルコールと減量は完全に切り離せ、というものです。しかし、常に現実的見込みがあるわけではないことは承知しています。減量中は、飲酒をこらえるためにベストを尽くして下さい。どうしても飲まなくてはいけない時は控えめにし、食べ物の誘惑からは離れましょう。

 

2:夜食を考える

ちょうど寝る前にチョコレートの誘惑が!寝る前の甘いものよりも克服が難しい誘惑などないかもしれません。嬉しいニュースです。1日の栄養素の残りに錠をかけるなら、計画的な深夜の夜食は実はダイエットにつながります。

しかし、夜食といっても、チップスやドーナツのことではありません。自分で作るタンパク質含有の軽食のことです。低カロリー、高タンパクで、あなたが欲している本物のおやつのような味がする健康的なレシピは山ほどあります。インターネットで検索して低カロリー高タンパクなお菓子の作り方などを調べてみましょう。

誘惑から身を遠ざける別の方法としては、そうした軽食がすぐに手に入り得る状況を避けることです。ジャンクフードは台所に入れないようにしましょう。それらを手に入れる場所へ車を向かわせると、減量から脱線していってしまいます。

中略:このサイトでは定期的にコンビニで買える低カロリーデザートなども紹介しています。もちろん食べないに越したことはありませんが、参考にしてみてください!

ダイエットの味方!食物繊維たっぷりのグリコの低カロリーアイス

コンビニで買える低カロリーデザートEMIALのコーヒーゼリー

 

3:目標をオープンにする

家族や友人は、食事のチョイスに大きな影響を与えます。家族や友人が理解してくれなかったとしても、目標について説明し、ダイエットに取り組んでいるということを伝えましょう。

ダイエットには極度のストレスがかかります。最終的に必要なのは、食事のチョイスについて厳しく見てくれる人です。あなたの選択を理解し支えてくれる人々ともっと多くの時間を共に過ごしましょう。

ジム仲間や競争相手を作るのも良いモチベーションになります。同じ志を持っている人ならば、あなたのことを一層理解してくれますし、あなたを悪い気持ちにさせることはないでしょう。

中略:ダイエット期間中は、友達とのご飯や飲み会でも羽目を外してしまうと、その分確実にカロリーは蓄積され、目標は遠ざかっていっていまいます。付き合いでどうしても飲みに行かなければならないという時などもあるかもしれませんが、お酒を焼酎やウィスキーなどせめてカロリーの低めなものを選んだり、手をつける食べ物にも気を付けるようにしましょう。

 

4:睡眠をしっかりとる

夜十分な睡眠をとらなければ、空腹感や食欲を抑えるホルモンに悪影響が及びます。また心が疲れていると、ジャンクフードなど健康的でない食べ物を安易に摂取してしまいがちになります。

ジムで最善の動きをする、強い自制心を持つ、そして体の調子が良いと感じるためには、毎日7~9時間の睡眠をとりましょう。私たちは皆忙しくあわただしい生活をしていますが、睡眠を優先することは賢く健康的なことです。

中略:9時間はさすがに多い気もしますが笑 大体人間の最適な睡眠時間は7時間程度と言われています。特に筋肉をつけて身体を大きくしたいという方には、睡眠をしっかりとることも大切なので時間を確保できるように心掛けましょう。

 アルコールやジャンクフードの摂取は極力避けなければならない

当たり前かもしれませんが、カロリーの高いアルコールやジャンクフード、カロリーの高い外食などはダイエットにおいて天敵になります。しかし食事さえ自制できるようになればダイエットもそれほど苦しいものではありません。むしろ体調が良くなることもあると思います。

自制することに対して、前向きな気持ちを持って計画的な食事、運動を行っていきましょう!

関連記事:太らないための食事の選び方(外食の時等の参考にも)

スポンサードリンク