• 火曜日 , 6 12月 2016

美味しさを求めるならこれ!代表的?なプロテインドリンク3つ

61Wu8ssVVyL__SL1500_

皆さんはプロテインパウダーで作るプロテインではなく、「プロテインドリンク」の方は飲んだことがあるでしょうか?

最近でこそプロテインは昔に比べると格段に美味しくなったと言えると思いますが、それでも粉をシェイカーに入れて飲み物と混ぜて作っている以上「プロテインを飲んでる感」というのは否めず、やっぱりどうも苦手だという方も多いと思います。

僕がスポーツクラブでプロテインの試飲会をしていた頃、「最近のプロテインは美味しくなったから、飲んでもらえればプロテイン=不味いというイメージが覆せるだろう」と考えていたのですが、やはりプロテインはどこまでいってもプロテインなのか…美味しい!とまで言っている方はあまりいなくて、どちらかというと微妙な表情を浮かべている方が多かったような気がします笑 特に女性はそうでした。

スポンサーリンク


 プロテインより美味しい「プロテインドリンク」

プロテインがどうも好きになれないという方にお勧めなのがプロテインドリンクです。

プロテインドリンクは、ペットボトルやパックに入っているものをそのまま飲めば良いだけなので、シェイカーで作る手間と洗う手間を省けます。ここは何気に面倒くさいところなので大きいと思います。

そして味も全くプロテインを飲んでいる感じや粉っぽさもなく、ナチュラルで普通にジュースを飲んでいるような感じなので、プロテインを飲んだ後の、嫌なお腹の満たされ感も回避することが出来ます。

ただ一つネックなのは…値段が普通のプロテインよりも高いということですね…。まあ値段が同じだったら普通のプロテインが流通しなくなってしまいますからね。

お勧めのプロテインドリンクを紹介

プロテインドリンクの種類自体、まだそれほど多くありませんが、代表的なものを3つ紹介したいと思います。3つともクセがなくて、飲みやすく美味しいです。

・DNS プロエックス アップル風味350ml×24本

このプロテインドリンクが1番良く見掛けるかもしれませんね。1本350mlで28.8gもタンパク質が摂れます。マンゴー味もありますが、2つとも味は似ています。

・フィットネスショップ プロテインドリンク40(500ml24本入り)

ゴールドジムに行くと置いてあります。こちらは500mlでタンパク質含有量は何と40g!1度に全部飲まず、半分でもいいかもしれませんね。食事でタンパク質が少なかったら、これをちょっと飲んでタンパク質を足したり等という使い方も出来そうです。ヨーグルト味は飲んだことがあるのですが、全然ヨーグルトっぽくはなく飲みやすいです。ラベルはいかにもプロテイン風ですが、僕はこのプロテインドリンクが1番飲みやすく、飽きがこなそうな感じがしました。

・HALEO BLUE DRAGON(ブルードラゴン)プロテインドリンク 200ml×24本セット(バニラ)

「HALEO」のサプリメントを販売しているボディプラスインターナショナル社の製品ですね。こちらはプロテイン含有量が20gと少なめですが、200mlのパックに20gなので「含有率」で言うとこちらの商品が1番高いです。後はこの製品はカゼインプロテインと言ってゆっくり吸収されるタイプのプロテインで、トレーニング直後や朝よりも、食事の間のタンパク質補給や就寝前などに向いています。味はマクドナルドのシェイクを薄めたような感じでした。後パッケージがいい感じですね。

プロテインドリンクのメリット、デメリットまとめ~

プロテインドリンクのメリットは、作る手間とシェイカーを洗う手間が省けるということ、味が美味しいこと、持ち運びがしやすくどこでもさっと飲めること、会社で飲んでも白い目で周りに見られる心配が無いということですね。

デメリットは値段が高いということだけですが、これが大きいですね。逆に少しくらいお金をかけても構わないという方には良いのかもしれません。

腹を据えて肉体改造に取り組もうという時に、一度はこれをケース買いしてトレーニングの励みにしてみたいものです!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:目的に応じたプロテインの種類と選び方  プロスポーツ選手も愛用するサプリメント「クレアチンとは」

アイキャッチ画像出典:amazon

スポンサードリンク