• 土曜日 , 3 12月 2016

胃のむかつきを緩和するのに良い食べ物7つ

20353778_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

米国のサイト、shape.comが胃の不調を緩和するのに効果的な食べ物を7つ紹介していました!

自分が胃痛になったことがないという方でも、周りの友人や家族、恋人で一人は胃の弱い人などいるのではないでしょうか?

職場の環境が変わったり、新しい環境のストレスなどで自分がもし胃痛になってしまった時のためにもこの7つの食品を片隅に覚えておくと良いかもしれません!

スポンサーリンク


胃の不調を緩和するのに良い食べ物7つ

以下は翻訳部分になります。


1.バナナ

バナナはマラソンランナーにエネルギー補充として愛用され続けているのには理由があります。バナナは消化能力に優れ、一般に胃を不調にしません。また、自然に安定した便通を促進させるペクチンという栄養素が含まれているので、このフルーツは実は胃の不調に役立つと知られています。

中略:糖は種類によって短時間でエネルギーになってくれるものと、短時間ではないけど持続的にエネルギーを供給してくれるものに分かれるのですが、バナナはブドウ糖や果糖などの単糖類、二糖類であるショ糖、複合糖類のでんぷん、難消化性でんぷんなど吸収速度の異なる様々な糖類を含んでいることから優秀なエネルギー源とされています。
2.パパイヤ

胃を鎮静させるもののリストにもう一つのトロピカルフルーツを加えてください。パパイヤを食べることは消化作業、消化不良を和らげることに奨励されていて、便秘の手助けもします。好ましい酸性の環境を促進することによって胃を和らげ、タンパク質の分解を助ける酵素であるパパインとキモパインの中にそのマジックはあります。パインをあまり摂取する機会がない場合は、パパイヤエキスのサプリメントを摂取するのも良いでしょう。
3.白米

胃のむかつきがひどい場合、お米、トーストや茹でたジャガイモのような当たり障りのない白い食品を食べ続けてみるのは良い方法です。すでに敏感になってしまっている消化器官に更なるストレスを与えない他に、これらの食品は液体を吸収して便のかさを増すことによって下痢を和らげる助けをします。
4.生姜

多くの研究で生姜は嘔吐抑制の治療としてよく効き、全体的な消化の調子を改善することが示されています。あなたがもし生姜を摂ることを決めたなら、推薦された範囲は毎日4グラムの生姜です。(1グラムの粉末の生姜かそれに相当するものを4時間おきに必要に応じてとることから始めてください。)

またオプションとして、生の生姜を一片かじることや生姜飴、サプリメントなどでもよいです。私は心休まるホットティーとして生の生姜をお湯に浸すのも好きです。
5.アップルソース

バナナのように、リンゴには下痢の症状を弱めるのを助けるペクチンが豊富に含まれています。もしあなたが胃の不調を抱えているのなら、煮詰めたリンゴの方は消化がもっと簡単なのでリンゴをスキップしてアップルソースの方を選んでください。
6.ハーブティー

カップ1杯の温かいお茶の鎮静効果以外に、ペパーミントとカモミールの両方は胃に特有の治療特性があることで有名です。最近の研究は、ペパーミントは腸の中にあるアンチパインチャンネルを起動させることを示しています。

それに加えて過敏性腸症候群(強い緊張やストレスが原因で下痢や便秘を起こす症状のこと)を伴う症状を緩和し、ペパーミントは吐き気にも役立つことがみられました。また、他の研究ではカモミールは胃の不調と腹痛を軽減することもみられました。
7.ヨーグルト

ほとんどの乳製品は不調の胃には有害でありえますが、1人前のプレーンヨーグルトには全くの逆の効果があります。鍵となるのは『活性培養菌』を持っているとラベルに記載されているヨーグルトを選んでいるか確認することです。これらの培養菌は腸の中で良いバクテリアの数を増やし、消化不良の手助けをし、不快な膨張感を減らします。理想的には、オーガニックのプレーンヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

中略:オーガニックのヨーグルトは、日本ではあまりコンビニやスーパーなどで販売されているのを見掛けませんが、いくつかのサイトでオンラインで購入出来るようなので興味がある方は参考にしてみてください。(日本のサイトです)

SNOLA

Easi Yo


胃のむかつきを緩和するのに良い食べ物7つ~まとめ

胃に良い食べ物があるように、逆に胃痛がある時には良くない食べ物もあります。アルコールや塩分を多く含むもの、甘いもの、カフェイン、冷たい飲み物などは胃を痛めている時やむかつきがある時は控えるようにしましょう。

またウォーキングなどの軽い運動は、胃液の分泌を促すので改善に効果的です。食べ物の摂取に気を付けて、ぜひ習慣に取り入れてみましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:緊張を止めるには?=胃や腸を意図的に動かして副交感神経を高める!

スポンサードリンク