• 火曜日 , 6 12月 2016

ココナッツオイルの美容、ダイエット効果!

29342335_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

皆さん今ココナッツオイルが美容、アンチエイジング、健康効果の高い食品として流行になっているのをご存知でしょうか??

Googleの検索されたワードでも今年の夏頃から急激に増え始め、メディアでも取り上げられている機会が増えています!

そもそもココナッツオイルは以前からあるものですが、なぜ今になってこれほど急速に注目を集めるようになったのでしょうか?

スポンサーリンク


ココナッツオイルが急速に注目を集め始めたワケ

もともとアメリカでは、ココナッツオイルは自然療法家の間で様々な効能が注目されていたようです。そんな中、2008年にアメリカの医学博士、メアリー・T・ニューポート氏が夫の認知症がココナッツオイルで改善されたレポートを発表してそれが世界中に広まり、2010年にギリシャで開かれたアルツハイマー病国際会議で特別講演され、本を執筆したのがブレイクのきっかけとなったようです。

なぜココナッツオイルにアルツハイマー病の予防、改善効果があるのか?

アルツハイマーは脳の神経細胞に変性が生じ、脳の主要なエネルギー源と言われているブドウ糖(つい最近までは唯一のエネルギー源と言われていた)をうまく使えなくなることで、記憶力や判断力が低下してしまう病気です。

ところが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、肝臓で分解されて「ケトン体」という物質になり、このケトン体がブドウ糖に変わる脳のエネルギー源となってくれることでアルツハイマー病の予防、改善が期待できるのではないかということが近年の研究でわかっているようです。

老化や大病の原因となる「活性酸素の暴走」を食い止めるケトン体

また、アメリカ・カリフォルニア大学の博士が科学誌「Science」に、ケトン体を構成する主成分が、活性酸素から身を守るアンチエイジング酵素群の働きを強めてくれる、ということを突き止め研究論文を発表しました。

このことにより、大多数の人にとってキャッチ-である「アンチエイジング・美容効果」という謳い文句がココナッツオイルに乗っかることで、ココナッツオイルは更に加速して広まっていったようです。

そもそも活性酸素とは、体内に侵入したウィルスや細菌を撃退するために、白血球から放出されているもので、本来体になくてはならないものですが、細胞、血管、皮膚、組織を傷つけて老化させてしまうという側面も持っているという、いわば諸刃の剣のようなものなんですね。

活性酸素は、ストレス、喫煙、飲酒、食品添加物や紫外線、電磁波、排気ガスなどの影響で過剰に発生することで、老化を促進させるというだけでなく、成人病の原因の実に85%がこの活性酸素によるものと言われているほどです。

過剰発生して、暴走した活性酸素から身を守るためのアンチエイジング酵素群というのは、本来人間に備わっているものですが、加齢や日頃の不摂生などでその働きは弱まっていってしまいます。

しかし前述したようにケトン体が、この過剰発生した活性酸素から身を守るアンチエイジング酵素群の働きを活性化してくれるということがわかったため、体内でケトン体に変換される中鎖脂肪酸を含む、ココナッツオイルに需要が拡大したというわけです。

そしてココナッツオイルが注目を浴びるている要因として、ダイエット効果も挙げられています。

ココナッツオイルを料理に使うことで得られるダイエット効果とは?

前述したココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、通常の油に含まれる脂肪酸よりも、エネルギー代謝がされやすいため、肥満の原因となる中性脂肪がつきづらいということと、蓄積してしまった中性脂肪を減らす作用があるようです。

肥満気味の人に、食事で摂る油脂をできるだけココナッツオイルに変えたところ、1年間に数キロの減量ができたという研究報告もいくつもあるとのことでした。

どの食品にも言えることで、過剰な摂取はお勧めできませんが、このように料理に使ったり、適量を摂取することでアンチエイジング効果だけでなく、ダイエット効果にもつながるかもしれません。もちろん、これだけで過度なダイエット効果を期待してはいけませんが…。

一日にどのくらいの量を摂取すれば良いのか?

ココナッツオイルを推奨している日本の医学博士によると、一日に計大さじ2~3杯くらいを目安に、食事に混ぜるかそのまま摂取すると良いようです。

どのようなものに混ぜられるか?

コーヒー、紅茶、フルーツジュース、味噌汁、スムージーなどの飲み物に加えたり、刺身や納豆、お米を炊くときに加えたりなど、様々なものに加えられるようです。このようにそのまま摂取も出来るし、色々なものに混ぜることが出来るという点も、ココナッツオイルが広まっていった要因かもしれませんね!

ココナッツオイルが売っているところ

ココナッツオイルはコンビニでは見掛けませんが、スーパーなどに行けばほとんど見掛けることが出来るかと思います。海外の女優やセレブなどの間では、シャワー後に直接髪や肌につけて摂取したり、ココナッツを原料にしたスキンケアやシャンプーも出ているようです。

amazonで検索すれば様々な種類のものが出てきてレビュー数も多いので、注目度の高さもわかるかと思います。

アンチエイジング、美容、ダイエット効果にも一役買ってくれるココナッツオイルを一度は試してみても良いかもしれませんね!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:認知症、アルツハイマーの初期症状と予防方法

スポンサードリンク