• 土曜日 , 3 12月 2016

高タンパク食品!ファミリーマートのスモークチキン

33407140_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

今日は、当サイトで恒例となっている、コンビニなどで身近に買える“高タンパク低カロリー食品”を紹介いたします!

最初にコンビニで買える高タンパク低カロリー食品を紹介していこうと思った時は、すぐにネタが尽きてしまうだろうと考えていましたが、年々高まる健康志向と比例して、コンビニにも気付けば新しい高タンパク低カロリー食品、糖質を抑えたダイエット向きの食品が増えていっているような気がします。

しかし高タンパク低カロリー食品というのは、糖質が中心の栄養素となっている食品より味気がなく飽きやすいものが多いです。少しでも食品や味付けの異なるもののレパートリーを増やして、飽きにくくするのも手の一つかと思います!

では今日はファミリーマートで買うことの出来る、高タンパク低カロリー食品を紹介しますね!

スポンサーリンク


スモークチキンスライス

写真

◆栄養成分表示(1パック当たり)

・エネルギー 153kcal

・タンパク質 15.4g

・脂質    8.9g

・炭水化物  1.28g

・ナトリウム 495mg

結局また鶏じゃねえか!と思った方すみません!

今まで紹介してきた、強力な高タンパク低カロリー食材に比べれば、若干脂質が高めになっていますが、その分ジューシーでパサパサ感のようなものはなく味気のあるものになっています。1パックに6枚スライスされたチキンが入っているので、カロリー以上にお腹に溜まるような印象もありました。

実際に高タンパク食品は、空腹感を抑えてくれるペプチドYYというホルモンの分泌を誘発するので、空腹感を抑えてくれるという効果もあります。朝にタンパク質をしっかり摂ると一日の総摂取カロリーが自然と少なくなるという報告もあるのです。

またタンパク質は「食事誘導性耐熱生産量(DIT)」という、食事をすることにより発生する熱(消費するカロリー)が炭水化物、脂質よりも高いというメリットもあります。

前述したように、最近のコンビニでは高タンパク低カロリー食品が、少しずつではありますが以前より増えてきているような印象があります。

具体的に言えば、セブンイレブンでは売れすぎて一時期生産が追い付かなくなったという、セブンイレブンのサラダチキン、ローソンでは健シリーズというブラン(小麦ふすま)を使しているパンが多くの種類を出しており、ファミリーマートも今回紹介したスモークチキンとは別の、プリマハムというメーカーのスモークチキンが販売されています。

プロテインを持っているならそれで充分かもしれませんが、なければこれらの手軽に入手できる食品を使うのは有効な手立てだと思います。

色々な高タンパク低カロリー食品を取り入れることで、なるべくストレスを抑えた、ダイエットや肉体改造の食生活を送れるようにしていきましょう。

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク