• 火曜日 , 26 7月 2016

筋トレを行うのに効果的な時間帯とはいつぐらいなのか?

33712153_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

今日はタイトルにあるように、筋トレをおこなうのに効果的な時間帯はいつぐらいなのか??ということについて触れてみたいと思います。

トレーニングをしている方は、時間も人により様々だと思いますが、休日にトレーニングをしている方や、ある程度時間が調節可能な方など参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


筋トレをおこなうのに効果的な時間帯とは??

筋トレをおこなうのに、より効果的な時間帯ですが、結論から言うと、これは朝と夕方が比較的有効と言われています。

それぞれ何故有効なのか説明すると、朝は起床して、これから活動的な日常生活が始まる前に、筋トレをおこなって筋肉を刺激しておけば、より代謝が高い状態で、1日を過ごせるということです。(『朝に筋トレをおこなう8つのメリット』という記事でも、他の長所が紹介されています)

なのでその理屈で言うと、せっかく代謝を上げても、また鎮めなければいけないということで、夜寝る前に筋トレするのは少し勿体無いことになってしまいますね。

ただ夜中や寝る前にトレーニングをして効果が出ないという訳でもありません。

その時間帯しかない、あるいはすでにその生活リズムでずっとトレーニングしているという人であれば、夜中や寝る前でももちろん良いと思います。

ボディービルダーで有名な田代誠さんという方も、仕事の都合上、基本的に夜中にトレーニングをする形になっているそうですが、しっかり結果を出されています。

ただ寝る前にあまり激しくトレーニングをして、交感神経を高くしてしまうと、寝付きが悪くなってしまうという可能性もあるので、寝る前にお風呂にゆっくり浸かる時間を作って、自律神経を副交感神経優位に入れ替える工夫も必要だと思います。

夕方も筋トレには向いている時間帯

上記で記述したように、夕方も筋トレに向いている時間帯と言えます。

夕方というのは、人間の体温が1番高くなっている時間帯、つまり1日のうちで一番自然に代謝活性が高くなっている状態で、筋肉も力を発揮しやすいと言われているんですね。

夕方であれば、昼食の消化も進んでいることを考えると(食後にすぐトレーニングをすると胃での消化に必要な血液が筋肉に分散してしまい、消化が悪くなってしまう)体も動かしやすく、自律神経の交感神経も、自然な流れでいくと、朝から夕方は活発に働き、夜になるにつれて副交感神経が優位に傾いていくと言われているので、その流れに沿って考えても、体を動かすのに夕方辺りというのは丁度良いのではないかと思います。

ただやはり仕事の都合上、トレーニングの時間帯は、人によって様々になってしまうというのが、現実的なところだと思います。

前述したように、筋肉量の多さと体脂肪の少なさが求められるボディービルダーの選手でも、夜中にトレーニングをして結果を出されている方はいるので、例え生活リズムが昼夜逆転して乱れきっている方でも、自分の出来る時間を見つけて、しっかり筋トレを続けていけば、必ず効果は出てきます。

今は以前の記事で紹介したように、24時間施設が使えるクラブもありますし(まだ都心部中心ではありますが)一応効果的な時間帯として書きましたが、自分の出来る時間にトレーニングしていく形でも全然良いと思います。

若年層に「筋肉不足の懸念」

少し話しは変わりますが、一昨日厚生労働省が発表した食事と運動の調査によると、BMI(体格指数)が標準以下の「やせ」に区分される女性が12.3%(8人に1人)で1980年以来の調査で最も多くなったことがわかったようですが、20~40代の女性の摂取カロリー量が70代の女性の摂取カロリーとほぼ同水準ということで、とても少ないということも発表されました。

運動習慣についての調査は、運動の習慣があるという人は、男女共に30代が一番少なく、続いて20代が少ないとのことです。

若い人は摂取カロリーが少なく(特に女性)、運動習慣もない人が多い、痩せている人が増えている…ということは、筋量、体力の不足がやはり一番最初に懸念されます。

近年高齢化に伴い、健康や運動志向も徐々に高まりつつあると思っていたのですが、若年層の人達にはまだまだ届いていなかったということですね。

ただほとんどの人は、実際に習慣にしていないだけで運動が大切だということはわかっていると思います。

筋量が減るということは、将来的に肥満や生活習慣病に繋がる可能性を高めてしまうし、過度な食事制限は反動でリバウンドしてしまうことも多いので、やはり適度に運動して筋肉を保ちながら、脂肪を減らしていくのが理想的と言えます。

前述したように、朝や夕方でなくても効果は出るので、自分の生活スタイルに合わせて筋トレや運動を落とし込んで、続けられそうな、苦にならない時間帯を見つけて習慣に出来るようにしていきましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク