• 土曜日 , 3 12月 2016

ダイエットの変わらない本質

皆さんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

今日はダイエットに関する記事を書いてみようと思います。

やはりいつの時代もダイエットは人類の永遠のテーマですね。僕が担当したお客様でも目的はやはり、痩せたいという方が一番多かったです。

よくメディアで最新のダイエットが定期的に取り上げられ、簡単に痩せられますなどを謳い文句にして宣伝され、色々なダイエット方法があると思いますが、一つだけ動かぬ事実として

一日の消費するカロリーに対して摂取するカロリーが上回ってしまうと、その分体重が増えていくということです。カロリーで説明すると、1日の摂取カロリー2300kcal、消費カロリー2000kcalの場合だと300kcalプラスになるので体重は増えていきます。

スポンサーリンク


一日の消費カロリーというのは基礎代謝+(じっとしていても消費されるエネルギー)、活動代謝(仕事、家事、通勤、遊び等)+食事を摂取したときに発生する代謝(食事をしてもエネルギー代謝は発生するんですね)=一日の消費カロリーということになります。

なので体脂肪を減らすには一日の消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすしかありません。

しかし、極端に食べ物を減らしてしまっては脂肪も確かに減りますが筋肉も一緒に減ってしまいます。

筋肉は体脂肪を燃やしてくれるので、それが減ってしまったら太りやすい身体になりリバウンドしてしまうリスクが出てきます。

スポンサーリンク



消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らす

では具体的にどうすればいいのかというと、

運動をして一日の消費カロリーを増やしつつ、食事の量を少し減らす!

例えば一日400kcalの運動をして、食事を300kcal(ご飯の茶碗一杯半分)減らしてさっきの計算にあてはめると

300kcalプラスになってしまっていたものが、マイナス400kcalになるのでこれだけで徐々に体脂肪は減っていきます。

更に運動をすると成長ホルモンが脳から出てじっとしている時のカロリー消費(基礎代謝)や活動代謝が高まるので上の単純計算以上の効果が期待できるのです。(その代謝が高まる状態が運動をしてから2日も続くと言われています!)

なので運動をするのと食事制限をすることがダイエットの本道になるので、楽にダイエットというのは中々難しいのですがそこに運動の仕方だったり、食事の制限の仕方、摂取の仕方をしっかりやっていくことでダイエットの精度を上げていくことはできるんです。

またそこに関しても色々書いていきますね。

とりあえず、

消費カロリー<摂取カロリー

の図式が成り立ってしまうと、体脂肪は蓄積していく

体重、体脂肪を減らすには、筋肉を減らさないために運動と食事制限をセットで

ということだけ覚えていただければと思います。

食事を大幅に制限して無理なダイエットをした結果リバウンドしてしまえば、せっかくの苦労も水の泡になります。

運動+食事制限で、まずは1日400kcalのマイナス状態が作れるところから目指していきましょう!

アイキャッチ画像:Ⓒ Sam 森崩

スポンサードリンク