• 土曜日 , 10 12月 2016

世界一受けたい授業のアミノ酸×東大式ウォーキングダイエット!

 

29822230_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

昨日、くりぃむしちゅーが司会をつとめるTV番組の「世界一受けたい授業」で放送されていたアミノ酸×東大式ウォーキングダイエットというのが放送されていたのを見ていた方はいるでしょうか?

「世界一受けたい授業」と言えば、体幹トレーニングの昨年のブームも、長友選手が出した本に続き、このTV番組でも紹介されたのが大きかったように思います。ネット全盛の時代と言われますが、やはりTVの影響力というのはそれ以上に大きいものですね!

スポンサーリンク


世界一受けたい授業で放送されていたアミノ酸×東大式ウォーキングダイエットとは?

この「東大式アミノ酸×ウォーキングダイエット」というのは、東京大学大学院の前教授でアミノ酸研究の第一人者である、大谷勝氏が考案したもので、アミノ酸を日々摂取しながら、氏が考案した独特のウォーキングをおこなう、というごくシンプルでわかりやすい内容のものでした!

ちなみに人間の体の中で構成されているアミノ酸は、必須アミノ酸9種類、(身体の中で生成することができないアミノ酸)と、非必須アミノ酸(身体の中で生成が出来るアミノ酸)11種類の、計20種類になります。

私たちが肉や魚、豆、牛乳など食品に含まれる“タンパク質”が分解された形が、これらアミノ酸ということになります。

そして今回TVで紹介されていた、「アミノ酸×東大式ウォーキングダイエット」の長所として挙げられていたのが

・3食食べてもダイエットできる

・リバウンドをしにくい体質を作れる。

ということでした!

ダイエットというと運動を避けて、とにかく食事を減らして減らして痩せようとしてしまいがちですが、そのようなダイエット法ではどうしても筋肉量が落ちていってしまい、基礎代謝も低下して結果的にはリバウンドしやすい、太りやすい身体を作っていってしまうことになってしまうことになります。

しかしこのダイエットは筋肉のもととなり、肌、血液、髪、爪などあらゆる身体の組織を作る重要な成分でもあるアミノ酸を意識して摂取するとともに、食事も減らさないことで、筋肉を落とさずに脂肪を減らしていくとのことでした。

アミノ酸は飲むだけでも脂肪を燃焼する効果がある?

番組では、「以前こそアミノ酸は飲むだけでは体脂肪を燃焼する効果はないといわれていたが、最近の研究でアミノ酸のうちの「5種類」は飲むだけで脂肪を燃焼させる効果があるということがわかってきた」ということが言われていました。

番組ではこのように紹介されていたのですが、「飲むだけで脂肪を燃焼できる」…うーんこの部分に関しては少し首を傾げてしまいますね…。

運動と組み合わせると…ということなら納得もできるのですが、本当に飲むだけで脂肪が燃焼できるのであれば、その5種類のアミノ酸を大量に摂り続けるだけでダイエットが出来てしまうということになりますしね…。

ちなみに番組では5種類のアミノ酸の具体的な名前は挙げられていなかったのですが、運動時の脂肪の燃焼を促進するアミノ酸としては、「リジン、ブロリン、アラニン、アルギニン」の4つが効果的と言われています。

アミノ酸ダイエットの実際の効果

番組では1ヶ月間、アミノ酸を摂らずにダイエットをおこなったグループ、一ヶ月間アミノ酸を摂りながらダイエットをしたグループの実験結果を紹介していました。

まずアミノ酸を摂取しないでダイエットをおこなったグループは、平均で1,3kgの減量という結果でしたが、1、3kgのうち筋肉が66%も(脂肪が34%)減ってしまっているとのことでした。

それに対し、アミノ酸を摂りながらダイエットをしていったグループは脂肪が75%落ちたのに対し、筋肉が25%しか落ちなかったとの事です。(ちなみにこのグループに関しては何kg落ちたという紹介はされていませんでした)

アミノ酸を効率良く摂取するには?

アミノ酸研究の第一人者である大谷氏に、アミノ酸を効率良く摂取するにはどうすれば良いか?と尋ねたところ、一番簡単なのはドラッグストアなどでサプリメントとして売っているのを購入すること。

 

一番よく見掛けるのは、この味の素が出している「amino vital」ですね。僕が以前働いていたスポーツクラブでも置いてあったと思います。こちらの製品は粉末でドリンクに溶かして飲むものですが、タブレットのものも販売されています。

食事からアミノ酸を摂取するには?

ただそれではお金がかかってしまうということで、大谷氏が考案した、スーパーで買える食材で作れるメニューということで「麻婆タラ豆腐半熟卵のせ」という料理を紹介していました。

この料理の一番のポイントは“タラ”で、体脂肪が増えるのを防いでくれる“グルタオチン”というアミノ酸(グルタオチンはグルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が結合しているもの)がたっぷり入っているからとのこと。

そして糖質と脂質の少ない「豆腐」、20種類のアミノ酸が全て含まれている「卵」もあり、しかも半熟で食べることによって身体にも吸収されやすいようです。

東大式ウォーキングを組み合わせたことによる効果

番組ではさらにもう一つ、アミノ酸ダイエットと東大式ウォーキングをおこなう事によってどのくらいのダイエット効果があるのかという実験をおこないました。

男性2名、女性5名の計7名、少し肥満気味の方に10日間アミノ酸×東大式ウォーキングダイエットに取り組んでもらったところ

7名の平均で-0,7kgの体重減少、 最も痩せた方(男性)で-2,2kg、 体脂肪は平均で-1,4%、 ウエストは平均で-4,8センチ、 最大で-9,5センチ(女性という結果が出たようです。

なお平均体重が-0,7kgの減少と少ないのは理由があり、実は体重が1,4kg増えたという男性の方が1人いたそうで、その方は筋肉で+3,2kgも増えており、そのまま続けていけば代謝も増えたことにより体重、体脂肪も減少していくだろうとのこと。

10日間でこれだけの結果が出れば、確かに効果はあると言えるかもしれません。

東大式ウォーキングの行い方

①まず腰に手を当てて、その場で足踏みをします。

②足踏みをすることで、骨盤が上下に動いているというのを、腰にあてた手で感じ取ります。

③更にその足踏みに捻りを加えていきます。足踏みする膝を真っ直ぐ上に挙げるのではなく、右膝は斜め左方向に挙げ、左膝は斜め右方向に挙げる、つまり両足とも対角線上に膝を上げて足踏みすることで身体の捻りが少し加わります。

④動きが掴めてきたら、腰から手を離し、そのまま前に歩き出します。考案者の大谷氏いわく、歩き出しの一歩目が少し難しいとのことですが、やってみてそれほど難しさは感じませんでした。

 

この捻る動きによって体幹の筋肉の一部である、「大腰筋」が鍛えられやすくなり、それがウエストのサイズダウンに特に効果的とのことです。

ちなみにこの大腰筋という筋肉は、骨盤をまたいで上半身と下半身をつないでいる唯一の筋肉でもあり、膝を上げる時などに使われる筋肉です。

以前「腸腰筋トレーニングで姿勢改善&ウエストを引き締める」という記事でもトレーニング方法など載せてあるので、もしよければご覧になってみてください。

イメージしやすくするためにも一応画像を貼っておきますね!

大腰筋

muscle anatomy - the psoas major

番組の実験で使用されたアミノ酸サプリメント

このアミノ酸×東大式ウォーキングダイエットは1日20分を毎日、そしてアミノ酸はスプーン1杯程度を毎日摂るのが良いとのことです、が「アミノ酸をスプーン1杯程度」という説明が少しアバウトですね…。前述したようにアミノ酸といっても種類がいっぱいあるので…。

調べたところ、PEC-ORというサイトでこの番組の、先ほどの東大式ウォーキングと組み合わせたダイエットの実験で被験者に使用されたサプリメントがしっかり宣伝されてあったので笑 引用させて頂きたいと思います。飲むタイミングやその他の注意事項も載せられていました。

【東大式ウオーキングダイエット実験のポイント】

  1.朝食後、運動前に 抹茶式を1袋ずつ飲む

  2.夕食後、寝る前に Power Beautyを1袋ずつ飲む

  3.東大式ウオーキングを食後に20分程度を2回行う

  4.朝食を必ず摂る(フルーツ系、無脂肪ヨーグルト)

  5.夕食は油の多いものを避ける

  6.就寝4時間前は食べない

引用:PEC-OR

こちらを見てみるとどうやら「抹茶式」というアミノ酸サプリメントと、「powerbeauty」というアミノ酸サプリメントが使われていたようですね。

サイトでも大々的に「世界一受けたい授業で紹介された」と宣伝してあります。ただ2つとも高いです笑

腰痛持ちの方や、腰に違和感を感じた方は慎重に

番組での実験結果を見ると、続けていけば効果は出るのかもしれませんが、変な歩き方をしていると見られかねないので少しやりづらさはあるかもしれません笑

あとは身体を捻り気味になるので腰痛持ちの方や、腰に違和感を感じた方などは十分注意しておこなっていく必要があるかと思います!

暖かくなってきたころをめどに、ダイエットに挑戦しようと思っている方は試してみても良いかもしれませんね!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク