• 月曜日 , 24 7月 2017

ヨガで得られる6つの効果とヨガの種類、選び方について

ヨガの効果と種類

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

今まで筋トレやダイエットをしたことはあるけど、ヨガは習ったことがないという方は多いのではないかと思います。

特に男性ではフィットネスの業界に勤めている方でなければ、体験したことがない方がほとんどかもしれませんね。

ヨガは具体的にいったいどのように身体に良いのか?

米国のサイト、bodybuilding.comでは男性にもヨガを勧めるとともに、その具体的な効果、ヨガのオススメのポーズとその効果、色々あるヨガクラスの種類と選び方について述べられていました。

男性だけでなく、これからヨガを始めようと考えている女性の方もぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

ヨガの様々な効果とヨガクラスの種類、選び方について

以下は翻訳部分になります。


 

ヨガに難しげな印象を持っている人もいるかもしれません。確かに、ヨガの予備知識なしで、見るからにヨギー(男性でヨガをしている人をヨギー、女性でヨガをしている人をヨギーニという)といった人ばかりのスタジオに入っていくには少々勇気がいります。

今日は本当の男性向きの、戦士のポーズを決めるためのガイドです。

レブロン・ジェームズからロバート・ダウニーJr.に至るまで、ヨガを実践しその効果を活かしている運動選手やセレブリティは数知れません。

しかし、こうした著名人が薦めていてもなお、ブロガ(訳注:体幹の強化、筋肉調整、心臓機能強化等を目的に男性向けに開発されたヨガでbrotherとyogaを足した言葉でブロガと呼ばれている)のクラスに行ってからビール、というのが男性の間に広まっているとは言い難い状況です。

マントラを唱えたり瞑想したりするのは男性向きでないのか、それとも男性は知らない人だらけの部屋で空中にお尻をあげるようなポーズを取るのが不安なのか、理由はなんであれ、ヨガを試さないのはアスリートとしての貴重な能力開発の可能性を無駄にしているようなものです。

自分の身体が何を必要としているか、もう少しフレキシブルに考えてみましょう。ヨガの効能を知れば、ヨガクラスに初めて行ってみようという気持ちになるかもしれません。主なヨガの種類もご紹介します。

 

ヨガで得られる6つの様々な効果

 

1.気分を上向きにする

歩くことには頭をすっきりさせる効果がありますが、ヨガは歩くこと以上に効果的です。Journal of Altemativeに掲載された研究によると、ヨガを12週間行った場合、気分の向上と不安の解消に歩くことより高い効果が見られたということです。

 

2.痛みの緩和

硬い筋肉はしばしば痛い筋肉でもあります。Journal of Painに掲載された研究によると、ヨガは慢性的な頸部の痛みの緩和に効果があり、生活の質を向上させることがわかりました。

もしどこかに慢性的な痛みがあるのならば、試してみる価値はあります。研究によると、ヨガは腰痛の解消にも効果があるとのことです。

 

3.寝室でも役に立つ

あの青いクスリのことはもう忘れましょう。身体を正しい方法で使えばよいのです!ロヨラ大学健康システムの専門家によると、性的機能不全に悩むカップルは、パートナーを組んで行うヨガで改善が得られるかもしれないとのことです。

 

4.脳を活性化する

お昼休みにストレッチをすると、午後中すっきりした頭で過ごすことができます。Journal of Physical Activity & Healthの研究によると、たった20分のハタヨガで作業記憶の速さと正確さを向上させることができたということです。誰にとっても嬉しい結果です。

 

5.心機能を改善する

Journal of Medical Engineeringに掲載された研究によると、ヨガには心臓の健康度の目安となる心拍変動を改善する効果があることが証明されました。心臓にも良いというわけです。

 

6.素早い回復力

もし1日の中に簡単なアクティブ・リカバリーのための活動を組み込みたいのであれば、ヨガは完璧です。オハイオ州立大学の研究によると、定期的にヨガを行うと、ストレスと老化に関連している血中の炎症化合物を減少させることができます。

 

一番おすすめのヨガのポーズ:『ダウンワードドッグ』(下向きの犬)

「このポーズはランナー、自転車競技者、ジムでトレーニングをする人、ボート選手、スポーツをする人、ビジネスマンなど、肩こりや、ハムストリング、ふくらはぎ、腰の痛みを抱えていて、時間のない人たちに最適です」とヨガインストラクターのクリス・ジェームスが薦めています。

(補足:文字だけではいまいち伝わりづらいかと思うので、わかりやすく説明されている動画をこちらで貼りつけておきます。)

ヨガポーズ・ダウンドッグ動画

やり方:

1.手、足、膝を肩幅について四つん這いになる。指を広げ、指先は前向きにする。

2.足を手と同じ方向に向け、膝と背中を持ち上げる。おしりを天井方向に引き上げる。最初は膝をわずかに曲げ、つま先で支える。両足は平行になるようにする。

3.両手で床を押しながら、膝を固めずに両足を伸ばしていく。両足と背中がまっすぐになったら、かかとを床に降ろし、両肩をリラックスさせる。このポーズを2分間保つ。

 

ヨガクラスの種類と選び方

ここまで読んでヨガマットを広げてみたくなった人は、次も続けて読んでください!

何の知識もなくヨガクラスに行ってしまうと、汗をかいている人の間で呆然と立ち尽くしたり、森の音みたいなリラクゼーション音楽で居眠りしたりしかねません。というわけで、最も人気のあるヨガ数種類について、おおまかな内容を紹介します。

 1.ビクラムヨガ

柔軟性を高めるため、サウナのような高温多湿の環境で行うヨガです。夜遊びの後のむくみ解消に最適。

2.アシュタンガヨガ

アシュタンガでは毎回全く同じポーズを同じ順番で行います。つまり、数回クラスに参加して慣れるにつれ、自分自身の限界に挑戦していくことができるようになります。自分の上達を実感したい人に向いています。

3.ヴィンヤサヨガ

複数のポーズを流れるように続けて行います。クラスの内容は毎回異なります。アシュタンガヨガからステップアップしたい人にお薦めです。

4.ハタヨガ

最も一般的で、幅広い種類のポーズを学ぶのがハタヨガです。少しずつヨガを学びたい人や怪我の回復期にある人は、ハタヨガから始めるのがよいでしょう。

5.リストラティブヨガ

ブロック、毛布やその他のプロップ(補助具)を使って、無理せずにできるおだやかなポーズを取り、身体のストレスを解消します。昼休み中、または休息日の軽度の活動として最適です。

6.パワーヨガ

強靭性と体幹を強化する活動的で運動強度の高いポーズを通じて、その名の通り、パワーを強化させることができます。新しいことに挑戦したい健康で元気な運動選手向きです。

7.エア(空中)ヨガ

天井から吊るされたハンモックを利用してポーズを取ります。少々クレイジーかもしれませんが、身体のバランスとコーディネーションを向上させたい場合にお薦めです。

出典:Train

健康、フィットネスと栄養管理について、信頼できる最新情報を提供するアメリカの月刊誌。明日結果を出すために、今日使える情報を掲載している。


 

身体や精神の不調に効果的なヨガ

僕が以前働いていたスポーツクラブでも、様々なヨガクラスがありましたが、効果については、『腰痛がなくなった』、『身体が楽になった』、『精神的にリラックスできる』などどちらかというと、ダイエット効果というよりは身体の不調の改善に効果を感じているという方が多かったと思います。

ただクラスを受けている8割以上は女性の方でした笑。まだまだ男性には浸透しているとは言い難いですが、女性よりも関節や筋肉が固い男性だからこそ、継続することで得られる効果も多いと言えるのではないかと思います。

またヨガのインストラクターの方は解剖学を含め、身体のことに関する知識もしっかりしている方が多いので、身体への理解も深まるのではないかと思います。

ヨガは女性専用のスタジオも多いですが、こちらのyogastation.comというサイトではオプションに『男性利用可』をつけて検索できるので、興味のある方は一度体験に行ってみてもよいかもしれません!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク