• 火曜日 , 24 1月 2017

ライザップ、24/7、エススリーなど…ダイエットジムの料金比較

24382068_m

昨年度の株価上昇率が440%を超え、上場企業中2番目の伸び率という驚異的なライザップの躍進劇の影響で、『パーソナルトレーニング』、『マンツーマントレーニング』という言葉を耳にする機会が増えてきたように思います。

業界内では、色々言われているであろうライザップですが、『ウエイトトレーニングの効果』を世間に認知してもらえたという点を考えると、結果的には日本のフィットネス普及に貢献しているとも言えるでしょう。

しかし普通のスポーツクラブの月会費と比べると金額はあまりにも高額で、(2か月30万円以上)中流以上をターゲットとしている印象や、ダイエットしたい人の“足元見ている感”というのは否めないようにも感じてしまいます。

そもそも1人でトレーニングするのと、トレーナーが付きっきりでトレーニングするのとでは一体どのような点で異なってくるのでしょうか?

米国のサイト、muscle&fitnessでは“パーソナルトレーナーがつくことの7つのメリット”というものについて触れられていました。

そちらを紹介するとともに、記事後半ではライザップとその競合他社のダイエットジムの料金比較やトレーニング内容、食事制限の違いなども掲載します。(料金やその他の比較だけを見る方は、『ライザップと競合他社ジムの料金、トレーニング内容、食事制限の比較』という見出しからご覧になってみて下さい)

スポンサーリンク


パーソナルトレーナーがつくことの7つのメリット

以下は翻訳部分になります。


パーソナルトレーナーをつけるというのは、健康的・身体的目標を達成するための最善の手の一つです。直接指導してもらうにせよオンライン上の指導にせよ、あなたの性格に合い、あなたの必要に応じた個人プログラムを設計してくれるような経験豊かで良いトレーナーを見つけることが極めて重要です。

なぜパーソナルトレーナーが必要なのか、今からその理由を見ていきましょう。

 

1:技術的指導・教育

Certified Personal Trainer(資格を有しているトレーナーのことを指す)が提供できる最も重要なサービスの一つが、豊かな知識とエクササイズにおける的確なフォームと機能を教えられる能力です。

これはバーベルでのスクワットや、デッドリフトといったトレーニングのような、少し難しい動きをするのに重要となります。初心者や若者にとっては必須項目です。

それらの動きをどのように行うかを正確に知ることで、怪我を防ぎ、急激に成果を上げることができます。良いCertified Personal Trainer(以下CPT)はマシーンの使い方や準備方法さえも教えてくれるので、トレーニングから最大の利益を得られますよ。

 

 2:ピリオダイゼーションとプログラム設計

信頼できる機関で教育を受けたCPTなら、ピリオダイゼーション(目的に沿って、段階的にトレーニングの強弱をつけたり、種類を変えたりするトレーニング計画のこと)とトレーニングプログラムを設計する知識をもっているはずです。

これはパフォーマンスの向上のみならず、エクササイズの選択で指導対象者を的確に進歩させることにおいても重要です。

的確な進歩やプログラム設計がなければ、結果が出るのが遅れる、あるいは結果が出ないことになり、怪我をする可能性も大きく上がってしまいます。

 

 3:栄養に関する助言

多くのトレーナーは管理栄養士ではないので、指導対象者に食すべきもののリストを与えることが合法的にはできません。

しかし、教育を受け、しかるべき経験を積んだトレーナーは、臨床医学に基づく管理栄養士よりも、主要栄養素について、また主要栄養素とトレーニング結果やパフォーマンスとの関係について理解していることが多いのです。

素晴らしいトレーナーなら、様々な食べ物から何を選ぶべきか、個人の必要とする栄養(カロリー、タンパク質、炭水化物、脂質の量)を判断し、栄養摂取のタイミングまで教えてくれます。

それらはあなたの目標達成に大きな影響を与え、見た目も気分も良いものにしてくれるでしょう。

 

4:モチベーション

自分は一流ではないと感じている日々において、モチベーションを維持するのは困難ですし、何カ月にも何年にも渡るコースで、一定のモチベーションを保ち続けるのはむしろ不可能と言えるでしょう。

しかし、良いパーソナルトレーナーならモチベーション維持の手助けをしてくれます。心理学者のように、指導対象者の精神的・感情的必要に応じることができるのです。

トレーナーを選ぶ際、人の心を読み、導き、やる気を起こす能力はあなたの優先リスト上位におくべきです。

なぜなら、トレーナーのそうしたことができる能力こそが、あなたのモチベーションをあげ、トレーニングの結果を改善してくれるからです。

 

5:アカウンタビリティ(説明責任)

人がエクササイズをしない理由第一位が、「時間がない」ことです。トレーナーについてもらえば、自分だけでなくその人に対しても責任をもてます。トレーナーと会うことで、事前に計画したトレーニングに自身を固定できますし、1回につき、決して安くはない料金を払っているのですからさぼることもなくなるでしょう。

アカウンタビリティにより時間管理がうまくなり、「第一歩をつくりだす」ことができますので、計画したトレーニングを逃さなくなります。

最もモチベーション高く、ひたむきな人でさえジムを避けたい時はあります。しかし、正しいCPTとの約束があれば、ジム行きを強いられるだけでなく、最も気分がさえない日にも健康的・身体的目標への道のりを進もうと気持ちを入れ替えられるのです。

 

6:目標設定

どのように最適な目標を設定したら良いかを完全に理解している人は多くありません。パーソナルトレーナーは、特定の到達の見込みある目標の設定について学んでいます。

更に、幅広い人口統計資料により膨大な目標例を考えられます。良いトレーナーは指導対象者の個人目標を立て、生活スタイルを調整してくれます。なかなか自分自身ではできないことです。

大半の人は、目標も持たず、あるいはぼんやりとしか浮かべていない状態でジムに来ます。具体的な目標も持たず、何故痩せないのか、なぜこの半年で筋肉がついていないのか、などと考えながら同じエクササイズを何となくしています。

特定の目標を決め紙に書くと、目標達成へのチャンスが劇的に増えます。CPTをつけることで、成し遂げられそうな具体的目標をもてるだけでなく、目標達成のための責任とモチベーションを維持できるのです。

 

7:あなたは自分の身体のことを知らない

新人からベテランまで、ジムにいる大半の人には、筋力トレーニング、有酸素運動、栄養素など、自分の体が何を欲しているのか、確固たる自信がありません。

経験豊富なCPTは自身の身体の調整ができているだけでなく、あらゆる体型の人と向き合ってきた経験があります。何がその人に合っているかすぐにわからないとしても、目標達成のためになるトレーニングと食事を短期間で見つけてくれます。

豊富な知識をもち、いつどのように変化を加えるか現場で指揮してきた豊かな経験がある良いトレーナーを見つけることは、停滞期抜きで目標に達する最速の方法でしょう。


『資格を有しているトレーナー』とは?

1.の項で『資格を有しているトレーナー』と出たので補足させていただきます。

トレーナー系の資格に国家資格はなく、すべて民間資格になりますが、NSCA、NESTA、JATI、AFAA、トレーニング指導士、健康運動指導士、スポーツプログラマーなどが、一般的に業界内でも広く認知されている資格になります。

それでは前述した、ライザップと似たような形で、パーソナルトレーニングを行っている競合ジムの料金、トレーニング内容や食事制限内容の比較を載せてみたいと思います。

この比較は、週刊ダイヤモンド 2015年5/30号 [雑誌]を引用させていただきました。

ちなみに、トレーナーは無資格でもおこなえる仕事なので、これらのパーソナルトレーニングジムで接客されているトレーナーの方たち全員が、前述した有資格者であるとは限りません。

ライザップと競合他社ジムの料金、トレーニング内容、食事制限の比較

◆RIZAP(ライザップ)

・料金:2カ月321,840円+入会金54,000円=375,840円

・時間:7:00~23:00

・トレーニング内容:筋トレ

・トレーニング時間:50分×16回

・食事制限の内容:糖質制限

・3食のメール報告義務:あり

◆24/7ワークアウト

・料金:2カ月211680円+入会金41,040円=252,720円

・時間:7:00~27:00

・トレーニング内容:筋トレ+有酸素運動

・トレーニング時間:75分(着替えとシャワーを含むため、トレーニング時間は60分前後)×16回

・食事制限の内容:糖質制限

・3食のメール報告義務:なし

◆es three(エススリー)

・料金:209,520円+入会金54,000円=263,520円

・時間:8:00~23:00

・トレーニング内容:筋トレ

・トレーニング時間:75分(着替えとシャワー時間15分含む)×16回

・食事制限の内容:糖質制限

・3食のメール報告義務:あり

◆bellezza (ベレッツァ)

・料金:月額211,680円+入会金37,800円=249,480円

・時間:7:00~23:00

・トレーニング内容:筋トレ+有酸素運動

・トレーニング時間:75分(着替えとシャワー時間含む)×16回

・食事制限の内容:糖質制限(ファスティングコースもあり)

・3食のメール報告義務:なし

◆GAJARA(ガジャーラ)

・料金:2ヶ月29万8000円(食事券20枚つき)+入会金5万円=348,000円

・時間:7:00~23:00

・トレーニング内容:筋トレ

・トレーニング時間:60分×16回

・食事制限の内容:バランス食

・3食のメール報告義務:あり

出典:週刊ダイヤモンド

ちなみに『エススリー』は、現在期間限定で入会金が50%オフ、『ベレッツァ』はモニター会員(広告などに使用する写真に参加できる方などの条件付き)で入会すれば、入会金無料などの特典もあるようです。

このような特典抜きと考え、料金を安い順に並べると、

1位 bellezza 249,480円

2位 24/7ワークアウト 252,720円

3位 エススリー 263,520円

4位 ガジャーラ 348,000円

5位 ライザップ 375,840円

になります。『エススリー』の期間限定入会金50%を計算に入れれば、236,520円で『エススリー』が料金の安さ1位となります。

しかしこうして見ると、『ガジャーラ』以外すべてのジムが糖質制限を取り入れていたり、3食のメール報告義務ある派(ライザップ、エススリー、ガジャーラ)と、報告義務なし派(24/7ワークアウト、ベレッツァ)に分かれるというのも興味深いですね。

もし通おうか迷っている方がいれば、料金だけでなく、上記の点と、トレーニング内容、営業時間など総合的に踏まえて、自分に合ったジムを判断すると良いのではないかと思います!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク