• 月曜日 , 23 10月 2017

クリスティアーノロナウドが紹介する3種類の腹筋トレーニング

クリスティアーノロナウド 腹筋

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

先日美容機器の開発・販売などを行う株式会社MTGが、美顔器に続き『SIXPAD』というEMS(筋肉を電気刺激によって収縮させる)を利用したトレーニング用パッドの販売を開始しました。

開発パートナー兼、専属イメージキャラクターとして、クリスティアーノロナウドがPRのため来日して最近話題を集めていますね!

MTG(エムティージー) SIXPAD(シックスパッド)

 

来日して、いくつかTV番組にも出演しているクリスティアーノロナウドですが、フジテレビのバイキングに出演し、3種類の腹筋トレーニング法を紹介していました!

スポンサーリンク

クリスティアーノロナウド直伝の3種類の腹筋トレーニング

では番組でクリスティアーノロナウドが紹介していた、3種類の腹筋のトレーニング法を動画つきで紹介したいと思います!

1.ストレートレッグクランチ

両足をあげた状態で腹筋を行うことによって、より負荷の高い状態で腹筋を鍛える方法ですね。

動画では両腕は伸ばしっぱなしで行っていますが、クリスティアーノロナウドが行っていた方法では、上体を下ろしている時は肘を90度に曲げ、上体を起こすとともに両腕も伸ばす形でおこなっていました。

2.ヒールタッチクランチ

このヒールタッチクランチは、体幹を左右に側屈させる動きが入るため、お腹の横の筋肉である腹斜筋への刺激が強くなります。(お腹の正面の筋肉である腹直筋にも刺激は入ります)

3.レッグアップリフト

このように脚の上げ下げを行う腹筋では、腹直筋の下部や、深部腹筋といわれる『腸腰筋』という筋肉が重点的に鍛えられます。

ちなみにサッカー選手はこの腸腰筋が太いという研究報告もあり、スプリント種目の選手も非常にこの部分は発達していて、100m走の記録と腸腰筋の太さには相関があるというデータも出ています。過去の記事で腸腰筋について詳しく書いた記事もあるので、もしよければご覧になってみてください。

『腸腰筋』トレーニングで姿勢改善&ウエストを引き締める!

ちなみに動画では足をクロスさせていますが、クリスティアーノロナウドが行っていた方法は足はクロスさせず、足の上げ下げする範囲ももう少し小さめで、小刻みに速く行っているような感じでしたね。

 

 クリスティアーノロナウドの『毎日腹筋3千回』は本当なのか?

クリスティアーノロナウドといえば、『毎日腹筋3千回伝説』が有名なエピソードとしてよく語られていますが、番組でその真相を尋ねられたところ、『毎日3百回』おこなっているとのこと。サッカーの練習後に、毎日かかさずジムに行って体を鍛えているそうです。毎日3千回というのは、どこかで話しが間違って大きく伝わってしまっていたんでしょうね…。

またアスリートのトレーニング法などわかったら紹介していきたいと思います!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:あなたの腹筋が割れない6つの理由 きれいに割れたシックスパック実現するための9つの方法

スポンサードリンク