• 水曜日 , 25 1月 2017

グレープフルーツで交感神経を高めてダイエットに活用する!

グレープフルーツ ダイエット

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

先日TV番組の、『林修の今でしょ講座!』という番組で池谷敏郎さんという医師が、ダイエットの新説というのをいくつか紹介していたのですが、その中でもグレープフルーツを活用した“ある方法”というのが1番簡単で取り組みやすく面白い内容だったので、このサイトでも紹介してみたいと思います!

スポンサーリンク


ダイエットにおける意外なグレープフルーツの使用法

「グレープフルーツをダイエットに活用する」と聞くと、食べる方法しか連想されないかもしれませんが、番組で紹介していたのは、『グレープフルーツの“皮”をお風呂に入れる』ことで、体脂肪燃焼効果を高めるという方法でした。

これは僕も知らなかったのですが、グレープフルーツの香りに含まれる成分(番組では『香り成分』と言われていましたが、調べてみると“ヌートカトン”という成分の様です)は、体の活動を促す交感神経を刺激して、代謝を活発にする効果があるとのこと。

そしてお風呂に入っている間というのは、エネルギー消費量も多くなるので、こうして交感神経に刺激を入れて代謝を活発にすることで、よりエネルギーの消費を高めることが出来るとのことでした。

なお、グレープフルーツの皮は浴槽に入れなくても、入浴している間、横に置いておくだけでも良いようです。

さらに番組でこの方法を紹介していた池谷医師は、これに加えて入浴前にコーヒーでカフェインを摂取し、交感神経を刺激してから入浴する方法を実践している(していた?)と紹介していました。

ただもともと肌が弱い方は、グレープフルーツの成分の刺激が合わない場合もあるので注意が必要なのと、交感神経を刺激するのがあまり良くない持病を抱えている方などは、医師に相談の上おこないましょうとのことです。(不眠症の方なども交感神経を睡眠前に活発にするのは良くないですね)

 

一見すると、本当にこんな簡単な内容で、少しでもダイエット効果があるのか?と疑問に思ってしまいますよね。

しかしこの方法で仮に効果が出なかったとしても、時間や体力を使うものではないし、普段の生活に少しプラス要素を加えるだけで良い簡単な方法なので、運動や食事制限などでダイエットをおこなっている方は、同時に試してみても面白いかもしれませんね。

この方法だけでダイエット効果を期待するのは、さすがに難しいですが笑

 

しかしグレープフルーツの香りに含まれる成分が、交感神経を刺激するというのは、この番組で情報を得るまでは知りませんでした。

交感神経は、身体を活動的にしていくスイッチのような役割を担っているので、交感神経を意図して高めたい時…つまりは仕事に行く前や、休日にベッドで横になっていて、トレーニングに行くのが面倒になっている時などにも、グレープフルーツの香りに含まれる成分が、少しでも役に立ってくれるということがあるかもしれませんね。

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク