• 月曜日 , 24 7月 2017

高タンパク低カロリー食品!セブンイレブンの『いか炙り焼き』

いか 炙り

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

つい先日、ダルビッシュ選手が自身のTwitterで、「日本人は圧倒的にタンパク質が足りない」、「高校野球の雑誌などでもどんぶり飯(炭水化物)を何杯食べるかが努力の一部として取り上げられたりする」、「もっと小さい頃から食生活を意識すれば世界のトップクラスで活躍できるアスリートが出てくると思う」という一連のツイートが、ソーシャル上でちょっとした拡散になり話題を集めました。

とは言ってもスポーツ競技や筋トレをしていない方で、体の現状維持ができれば良いという方は、一般的に推奨されている、1日に体重×1gを目標にタンパク質が摂れれば良いので、あまり意識せずとも1日3食たべていれば、この値はほぼほぼ満たせている場合も多いです。

一般人とスポーツ競技者では、タンパク質の必要量は異なる

しかしスポーツ競技者のように運動量が多い場合は、体内のタンパク質代謝が亢進(こうしん)し、それに応じて要求量も高まることが考えられるため、ダルビッシュ選手が言うように上記の一般の人の体重×1.0gよりも多く摂取する必要がありますし、競技をしているしていないに関係なく、現状よりも筋肉を増やしたいというのであれば、1日に体重×1.5g以上(多くて×2.0g)はタンパク質を摂取しなければなかなか筋肉量は増えていきません。

体重×1.5gとなると、60kgの人で1日に90gもタンパク質を摂らなければいけないので、意識して間食に高タンパク食を摂るなどしなければ、この値に届かせるのは少し難しいですし、かといって牛肉や豚肉などタンパク質も多いけれど、脂質も多い食べ物ばかり食べてその値をクリアしようとすれば、今度はカロリー過多になって脂肪が蓄えられてしまうという問題が出てきます。

ということで少し前置きが長くなりましたが…その問題を解決してくれる『高タンパク低カロリー食品』を今日も紹介したいと思います!

タイトルに書いてありますが、セブンイレブンで販売されている『いか炙り焼』という商品です。

セブンイレブン『いか炙り焼き』

セブンイレブン いか炙り焼

◆1パック1食当たり

・エネルギー 137kcal

・タンパク質 27.0g

・炭水化物 2.7g

・ナトリウム 921mg

エネルギー137kcalにタンパク質が27.0gも!これはスゴイ!紛れもなく高タンパク低カロリー食品ですし今まで紹介してきた中でも上位に入ります。

ちなみに他の食品の例として、同じく『セブンイレブンのツナマヨネーズおにぎり』の栄養成分が、

・エネルギー 197kcal

・たんぱく質 4.3g

・脂質 3.3g

・炭水化物 37.4g

・ナトリウム 510mg
こうして実際に数値を並べて比べてみると、より違いがわかりやすいかと思います。ツナマヨネーズおにぎり約6個半分ものタンパク質量を、いか炙り焼1個で摂れる上に、カロリー量もツナマヨネーズおにぎり1個分より少ないという、まさにこのような高タンパク低カロリー食品はダイエットや肉体改造時にうってつけのものと言えます。

ただ商品のパッケージに『醤油だれに漬け込み焼き上げた』と書いてあるだけあって、ナトリウムが921mgと比較的高めなのは、健康的な観点でみると少し引っかかる部分はありますね。(食塩相当量に換算すると約2.2gで、厚生労働省が定めている1日摂取推奨量は、男性8.0g、女性7.0g)

しかし、前述したようにこれだけの高タンパク低カロリー食品ですし、ササミや鶏胸肉に飽きているという方にはそれの代替にもなると思うので、参考にしてみて下さい!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:コンビニで買える高タンパク低カロリーな食べ物完全まとめ版 セブンイレブンとローソンのサラダチキンの能力を徹底比較!

スポンサードリンク