• 木曜日 , 23 3月 2017

『発見!ウワサの食卓』の絆創膏ダイエットの効果と行い方

絆創膏

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

昨日、「発見!ウワサの食卓」というTV番組をご覧になっていた方はいらっしゃるでしょうか??

番組では、ネットで効果があると噂が上がっているという様々な怪しいダイエット法を実際に検証していくという企画で、その内の一つで最後に紹介されていたのが、タイトルで挙げている『絆創膏ダイエット』というものです。

名前からして明らかに怪しいこの絆創膏ダイエットですが、番組でこの方法を実験したところ、意外にも“ほんの僅かながら”効果があるという結果が出ていました。

あくまでTV番組で行った実験結果なので、いくらでも編集で誤魔化すことはできると思いますし、ダイエットやトレーニングに精通している方であれば、運動と食事制限以外のダイエット法などまずあり得ないと考えると思いますが、「身体の5カ所のつぼに絆創膏を貼ればいいだけ」という非常に簡単で労力のいらないものだったので試してみても面白いかもしれません!

スポンサーリンク

絆創膏ダイエットの効果と検証結果

番組で検証をおこなったのは20〜50代女性の10名と、安田大サーカスのクロちゃんです。

実験期間は1週間で、その間食べ物は普段通りに食べ、運動も特にしないとのことでした。

そして1週間の絆創膏ダイエットの結果は、クロちゃんが105.8k⇨103.4kgで2.4kgの減量に成功。

10名の女性モニターの方々は、1人だけ+0.5kg増えてしまっていた人はいましたが、それ以外の人は-0.6kg、-0.9kg、-0.2kg、-1.5kg、-1.7kg、-0.9kg、-0.7kg、-1.2kgと残りの9人はいずれも絆創膏を貼る前より体重は減少していました。

(ただ最も重要な体脂肪率での結果をしっかり見せてほしかったところですが…。)

番組では、東洋医学に精通しているという、たまきクリニックの玉木優子院長になぜ絆創膏を貼っただけで体重が減少したのか?ということを尋ねています。

玉木氏のお話しによると、『東洋医学では経絡という気の流れ・血の流れ・水の流れ・で人間の体を診ているんですけれども、絆創膏を経絡に沿って貼っているのでちょっと力を添えてあげて巡りを良くしてるんじゃないかなと。代謝の悪さが良くなった結果なのかな、という感じはします。』とのこと。

絆創膏ダイエットの行い方

では絆創膏を貼る身体のつぼ5か所を、それぞれの動画とともに紹介していきたいと思います。

※絆創膏は2日に1回貼り替えるとのことです。

◆ 『中極』(ちゅうきょく)

動画では『指5本分下にある』と説明されていますが、番組では『指4本分下』(人差し指から薬指を当てていた)と説明されていました。

『中極』で検索すると指4本分と説明しているサイトが多いですし、自分で押してみても指4本分下の方が、つぼを押した時のような軽い痛みのような感覚があったので、番組で紹介していた方が正解なのではないかと思います。

この中極というつぼに、下向きに流れる“経絡”と呼ばれる気の流れに沿って、下に引っ張りながら絆創膏を貼るとのことです。番組では特に説明はありませんでしたが、映像を見ると絆創膏の上側部分に中極が当たるように貼られていました。

ちなみにこのつぼには腎臓の働きと、下半身の血行を良くするという効果もあるようです。

◆ 『三陰交』(さんいんこう)

2つ目のつぼは、内くるぶしから指4本分上にある『三陰交』というつぼです。こちらのつぼは、先ほどとは違い“下から上に”引っ張るように絆創膏を貼るとのことです。両足とも貼っていきます。

◆ 『血海』(けっかい)

 

3つ目は、膝の皿の内側から指3本分上にある『血海』というつぼです。こちらも下から上に引っ張るように貼ります。

 

これでへその下に一カ所、両足首、両膝、計五カ所ということですね。

運動も食事制限もしないので過度な期待はもちろん出来ませんが、個人的には単品ダイエットや、サウナスーツを着て無駄に汗を掻くといったような、健康に良くない、あるいは無駄に労力を使ってしまうような間違ったダイエット法ではない限り、実害がないぶん試してみるのはありかなという気はします!

正直、多少のうさんくさが残ることは否めませんが笑 興味を持たれた方は参考にしてみてください!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク