• 木曜日 , 20 7月 2017

全てのプロテインを比較しオススメを値段、質、味に分け紹介!

プロテイン おすすめ

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

先日、プロ野球の大谷翔平選手がダルビッシュ選手の栄養指導のもと、肉体改造に励んで大幅に筋肉を増やしたというニュースがちょっとした話題になりました。その中で大谷選手は1日に3回プロテインを飲んでタンパク質摂取に励んだそうですね。

筋肉を増やしたいという方は、プロテインがあった方がいいというのは言うまでもありませんが、『最低限のカロリーで最大限のタンパク質が摂取できる』プロテインは、ダイエット目的の方も重宝できるアイテムで、RIZAPなどの食事制限付きのダイエットジムでも、男女問わずプロテインを飲むように指導されます。(ただRIZAP専用のプロテインを買った場合1kg33,600円とかなり高いようですが…)

しかし、一口にプロテインといっても様々なメーカーから沢山の種類や味が販売されていて、どれを選んだらいいのかがよくわからない…という方も多いのではないでしょうか??

「これがオススメで1番良い製品!」と一つに紹介できればよいのですが、人によって『価格がなるべく安い方が良い』という方、『価格は少し高くなってもいいから、よりタンパク質含有率の高い製品が良い』という方、『味が美味しくて飲みやすいプロテイン』が良いという方などそれぞれ細かい部分でニーズが分かれるのではないかと思います。

どれか1つだけの製品に絞ることは難しい、ということで今回はKentai、SAVAS、DNS、HALEO、ゴールドジム、グリコ、ウィダーの大手メーカー7社のプロテイン全62種類(内容量は800~1kgの製品間で、糖質がメインで入っているウェイトゲイナー系の製品は除く)の中から比較した結果、『最も値段が安価なプロテイン』(1食分当たりの値段が安い製品)と、『最もタンパク質含有率の高い製品』、そして個人的な主観にはなってしまいますが、『味が美味しいプロテイン』をそれぞれ紹介してみたいと思います!

なお、「1食当たり」というのは各メーカーや製品によって推奨量にバラつきがある(20gであったり多い場合は33gなど)ので、「1食分」というのは全て20gに統一して計算し、価格は全てAmazonの中で比較をしています。 (Amazonは値段が時期によって変動するので、毎月の価格やそれに伴うランキングをこちらでも更新していきます。)

そして同じメーカー内の同じ製品でも、味によってタンパク質含有量など成分にほんの少し違いがあるのですが、1番タンパク質含有量が高い味を載せています!

スポンサーリンク


全てのプロテインを比較してオススメを値段、質、味に分けて紹介!

では、まずは1食分当たりの値段が最も安価なプロテイン製品から見てみましょう!(2017/6/23更新)

◆最も1食分当たりの値段が安いプロテイン

1位 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg

◆価格/¥3,182円
◆1食分(20g)のカロリー/77.5kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/14.5g
◆1食分(20g)の値段/¥64円

何と!結果は意外にもKentaiの『ウェイトダウン ソイプロテイン』が全62種類のプロテイン(ウェイトゲイナー系は省く)から比較した中で見事1位に輝きました!

安い分、タンパク質含有率が低かったり、糖質や脂質が含まれてる量が多いなど微妙な点があるのでは?と思いきや、安さ2位の『グリコマッスルロードチョコレートタイプ』と3位の『SAVASホエイプロテイン100』よりもタンパク質含有率も高く、脂質も糖質も少ない、つまり“2位と3位よりも安い上に、2位と3位よりも高タンパク低カロリー”という怪物ぶりを発揮しています!

ただ2位と3位は“プロテインの王様”とも言われている『ホエイタイプ』のプロテインなのですが、このプロテインは大豆を原料に使用している『ソイタイプ』のプロテインになります。

一概にどちらが良いというのは言い切れないのですが、植物性タンパク質(ソイプロテイン)よりも、動物性タンパク質(ホエイプロテイン)の方が吸収が早いため、筋肉をつけるのにより適していると考えられているのはホエイプロテインの方です。

ソイプロテインの長所を利して、(ソイプロテインの長所に関しては、以前の『目的に応じたプロテインの種類と選び方』という記事内のソイプロテインの見出しに記述しています)『ウェイトダウン』と銘打って販売されてはいますが、要は同じタンパク質なので普通に同じプロテインという枠組みで考えて良いです。なので筋肉を増やしたいという方でもオススメできますし、逆にこれを飲んだからといって体重が落ちやすくなるというものでもありません。

ただ先ほど記述したように、吸収の早さはホエイプロテインの方が上なので、筋肉を増やしたいという方は、それを考慮してどちらを選ぶか?という選択になってきますね。

 

2位 グリコ パワープロダクション マックスロード ホエイプロテイン チョコレート味

◆価格/¥3,722円
◆1食分(20g)のカロリー/79kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/13.4g
◆1食分(20g)の値段/¥74円

この製品が2位というのも意外な発見でした。調べる前はAmazonで1番売れている、SAVASのホエイプロテイン100が1番安いのでは?と思っていたので…。つまり『ホエイプロテインの中で、最も安価な800~1kgの製品を選ぶならこれ!』ということですね!

 

3位 ザバス ホエイプロテイン 100 ココア味

◆価格/¥4,020円
◆1食分(20g)のカロリー/78kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/14.2g
◆1食分(20g)の値段/¥77円

この製品がAmazonで1番売れているプロテインですね。プロテインが売っている所なら必ずと言っていいほど見掛けます。上の2つの製品よりも50g(2.5食分)多く入ってますが、それを考慮してもわずかに1,2位のが安価になっています。

ちなみに“1円当たりに含まれるプロテイン含有量”も計算したので、『最もコストパフォーマンスに優れたプロテイン』として別枠で紹介しようと思っていたのですが、この3つの製品が同じ順位で選ばれた形となりました。

つまりこの3つの製品は800g~1kgのプロテイン製品の中で最も安価というだけでなく、『最もコストパフォーマンスに優れたプロテイン』でもあるということです!素晴らしい!笑

 

最もタンパク質含有率の高いプロテイン

では、次は最もプロテイン含有率の高い製品!言い換えれば、最も『高タンパク低カロリー』…つまり脂質と炭水化物が少なく、タンパク質が純度100%の割合に近い製品です!

プロテインは、このタンパク質純度が100%に近い製品ほどランクとしては上になり値段も高くなります。

1位 DNS ホエイプロテイン ストイック プレーン味 1kg

◆価格/¥7020円
◆1食分(20g)のカロリー/76kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/18.6g
◆1食分(20g)の値段/¥140円

1位はDNSの『ホエイプロテイン ストイック』!タンパク質含有率は何と驚異の97.6% (無水物換算値)

「【1gでも脂肪はつけたくない】と願うストイックなアスリート向けのプロテイン」とDNSのHPに紹介されているだけあって、炭水化物、脂質の含有量は何と0.08g!調べた結果、これが現存する中で国内最強の高純度プロテインです!

 

2位 ザバスプロ クリアプロテイン ホエイ100 840g

◆価格/¥6,566
◆1食分(20g)のカロリー/78kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/18.4g
◆1食分(20g)の値段/¥156円

タンパク質含有率2位は『SAVAS クリアプロテイン ホエイ100』という製品ですね。SAVASのプロテインシリーズの中でも最も高価な製品になります。値段は840g入りの製品なので、1位の1kg入りのDNSのストイックより安価になりますが、1食当たりに換算するとDNSストイックの方がお得になります。(ザバス クリアプロテインを1kgと仮定すると¥7,903円でDNSストイックは¥7,020円)

 

味が美味しいプロテイン3つと、プロテインがいつでも試飲できる店

では最後に主観ではありますが、『味が美味しいプロテイン』を3つ紹介したいと思います!

ちなみにプロテインやサプリメントは、Xiasisという全国に15店舗展開しているスポーツ用品チェーン店であればいつでも試飲が出来ます!僕も飲んだことのないプロテインの味が多かったので、今回この記事を書くにあたって試飲させていただきました。さすがに全てのメーカー、全ての種類のプロテインを1つ1つ飲んだわけではありませんが、試飲含め今まで飲んできた中で美味しいと思ったものを紹介していきますね。

DNS プロテイン ホエイ 100 抹茶風味 1kg

◆価格/¥4,860円
◆1食分(20g)のカロリー/79kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/14.1g
◆1食分(20g)の値段/97円

DNSはマンゴー、カフェオレ、エスプレッソ、レモンなど様々な味がありますが、この抹茶味が意外にも美味しかったです!試飲したお店の方も抹茶味は美味しいとプッシュされていました!抹茶味なのですが甘味もあって水でも飲みやすかったですし(抹茶バニラアイスに近い感じ)牛乳と混ぜるとさらに美味しいのではないかと思います!

 

GOLD’S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB ミックスベリー 900g

◆価格/¥6,517円
◆1食分(20g)のカロリー/74kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/16.7g
◆1食分(20g)の値段/130円

ストロベリーフレーバーをベースに、ブルーベリーフレーバーをミックスした風味のミックスベリー味!こちらの製品は「アメトーク」でゴールドジム芸人という回が放送されていた時に、ゴールドジム店員の方が「1番人気の味」と紹介していたプロテインでもあります!

 

DNS プロテイン ホエイ100 バナナ風味1kg

◆価格/¥4,860円
◆1食分(20g)のカロリー/79kcal
◆1食分(20g)のタンパク質含有量/14.7g
◆1食分(20g)の値段/97円

バナナ風味のプロテインはケンタイ、ゴールドジムからも出ていてどれも味は変わらず美味しいです!水、牛乳で飲んでもイケますし、メーカー問わずバナナ味というのはこの3品の中でも恐らく最も「苦手」と感じる人が少ない味なのではないかなと個人的に思いました!牛乳に混ぜるとバナナシェイクの味にかなり似ています!

 

いかがだったでしょうか??選定し終わって気付いたのですが、HALEOとウィダーからは1つも選ばれない形となってしまいました…笑

まとめるとオススメは、

・安さ、コストパフォーマンス重視なら『ケンタイ ウェイトダウン ココア風味』か『グリコ マックスロード ホエイプロテイン チョコレート味』(1位のソイプロテインか2位のホエイプロテインを選ぶかで変わる)

・質を重視するなら『DNS ホエイプロテイン ストイック プレーン風味』

・味のオススメは『DNS ホエイプロテイン100 抹茶風味』、『ゴールドジム ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB ミックスベリー風味』

ということになります!

終わりに~そもそもプロテインはあった方が良いのか?

「プロテインはあった方が良いのか?」これはフィットネスクラブで働いていた時によく聞かれた質問の一つですね。

これに関しては必ずなくてはならないとまでは言えませんが、「あった方がより良い」ということは言えます。

まず前提として、ダイエットで運動や筋トレをしている方であれば、筋肉を減らさない、又は増やすためにも1日に体重×1.5g程のタンパク質を摂ることが望ましいのですが、ダイエット時は食事制限も並行していく必要があるので、そうなるとどうしても日々のタンパク質摂取が減ってしまいがちになります。

体重×1.5g以上のタンパク質摂取を達成しようとして、普通の食品、食事からタンパク質を稼ごうとすると、今度は1日の総摂取カロリーがかさんでいってしまうものですが、プロテインは極力少ないカロリーで多くのタンパク質を摂取できるため、「1日の総摂取カロリーをなるべく抑えつつ、タンパク質を必要量摂る」ということが容易になるんですね。

なので「プロテインはあった方が良いのか?」という質問に対しては、「あった方がより良い」ということが言えるのではないでしょうか。

プロテインでどれを買おうか迷っている方は今回の記事をぜひ参考にしてみて下さい!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:ストレス軽減にも効果的?ホエイプロテインが持つ6つの効果

スポンサードリンク