• 火曜日 , 23 5月 2017

水素水風呂や水素ジュースなど…増える水素水関連の商品

7431287_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

以前の記事で「活性酸素とは何?そして抗酸化作用最強の食べ物とは?」という記事を更新したことがありました。

その記事の中で、活性酸素はあらゆる病気、そして老化の原因でもあるということ、その活性酸素を体内で除去してくれる食べ物(抗酸化作用のある食べ物)などを紹介していきました。

活性酸素というと、それを除去してくれるものとしてよく紹介されているものの代表格として「水素水」がよく挙げられます。

水素水はサーバーを設置しているフィットネスクラブも多いですし、飲んだことはなくても芸能人やアスリートの方が飲んでいるなどメディアで発信されていることも多いので、ほとんどの方が知っているのではないかと思います。

スポンサーリンク

水素水はなぜ、そしてどう体に良いと言われているのか?

水素水がなぜ体に良いと言われているのか?は端的に説明すると『活性酸素を除去してくれるから』ということになるのですが、以前の記事をご覧になっていない方もいると思うので、まず活性酸素というものについて以前の記事を引用して簡単に説明したいと思います。(すでにご覧になった方は“悪玉活性酸素の除去で注目を集めている水素水”という見出しまで飛ばしてしまって結構です)

 

活性酸素とは一体何か?

まず人間は、空気中の酸素を取り込むことで呼吸し、取り込まれた酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出しています。

しかし、吸った酸素のうちどうしても約2~3%は『活性酸素』という、体のあらゆる細胞を『酸化』させる物質に変換されてしまいます。

『酸化』とは簡単に言うと、物が錆びたり腐ることを言います。これと同じことが人間の細胞にも起きているということ。

人間は約60兆個の細胞で出来ており、体全体のすべては細胞で構成されているので、これが『酸化=錆びる』ということは、老化やあらゆる病気の根源になるということですね。実際に近年老化に関する研究で、専門家の間では『老化することと酸化することは同じ』とまで言われていたり、

研究が進められてきた結果、何と病気の90%が活性酸素が原因であるということが判明しているようです。(残りの10%はエイズや結核など人から人にうつる感染症です。)

具体的に挙げていくと、

循環器系:動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞

脳神経:認知症・パーキンソン病・脳浮腫

呼吸器:肺気種・ぜんそく・呼吸窮迫

内分泌代謝系:糖尿病・肥満・メタボ

その他:がん・アトピー性皮膚炎・うつ病・老化

など、きりがありませんね…。

しかし活性酸素も全てが体にとって悪い事ばかりをしているわけではなく、体内に侵入してきたウィルスや細菌を退治するという大切な役割も持っていて、このように生命維持に必要なものを『善玉活性酸素』、先述したように体を酸化させて錆びつかせてしまう活性酸素は、『悪玉活性酸素』と呼ばれています。

 

悪玉活性酸素を増やす要因とは?

呼吸以外で、体の細胞を酸化せる体内の悪玉活性酸素を過剰に増やしてしまう要因としては、

・過度なストレスや疲れ、睡眠不足

・喫煙、飲酒

・暴飲暴食

・食品添加物、排気ガス、放射線、紫外線、水質汚染、大気汚染などの外的な要因

などが挙げられます。例えば紫外線が当たった場所に悪玉活性酸素が発生して肌の細胞を酸化させ、シミやシワ、くすみの原因になってしまう…といった具合ですね。

 

悪玉活性酸素の除去で注目を集めている水素水

悪玉活性酸素を発生させないためには、生活習慣の見直しや抗酸化作用のある食べ物の摂取などがありますが、近年特に注目を集めているのが抗酸化作用のある飲み物、つまり『水素水』ですね。

水素水は2007年にアメリカの医学誌、『Nature Medicine』に論文が掲載されたことをきっかけに世界的に注目を集めるようになり、今では様々な研究成果を元に400例以上もの論文が発表されるまでに至っています。

水素が他の抗酸化食材などと比べて特に優れているといわれている点は、食品からの抗酸化物質の摂取は善玉と悪玉関係なく全ての活性酸素と反応するので、体に必要な善玉活性酸素まで減少させてしまうのに対し、水素は善玉活性酸素には反応せず、酸化力が高く反応性の高い悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)とのみ結合して体に害のないただの水に変換されるという点があります。

また、水素というのは非常に小さい物質(宇宙一小さい物質と言われている)なので、体外からの物質が届きにくい脳や子宮などにも入り込むことができるため、体中の活性酸素を取り除いてくれるとも言われています。

ただその物質の小ささ故、ペットボトルなどにとっておいてもボトルの材質より水素の方が小さく、外に抜けていってしまったりと保存が難しいため、ペットボトルやコップに注いで飲む場合は3時間以内に飲むことが奨められているようですね。

1日に飲む量の目安としては、300ml~500mlあたりが良いとのことです。

水素水風呂、水素水ジュース生成器、携帯用生成器など…増える水素水関連製品

水素水といえば、専用の設置されているサーバーから注いで飲むというのが一般的によく知られていると思いますが、最近では色々な形で水素水関連の商品が出ています。

・高濃度水素風呂 グリーニングスパ

こちらの製品はお風呂の中に機器を入れて水素を発生させ、全身の皮膚から水素を摂取するという、いわば自宅の風呂を“水素風呂”にするための製品ですね。奥の大きい入れ物は、付属品の美顔専用ボウルというもので、中に機器を入れて水素を発生させ、洗顔するためのもののようです。

水素風呂はアトピー性皮膚炎の方にも勧められていて、水素水のように口から摂取するよりも患部(皮膚)にダイレクトに水素が行き渡るため、炎症を抑えるのに効果が出やすいとも言われているようです。

 

・ポータブル高濃度水素水製造機「Lourdes」

こちらの製品はジュースなど、水でなくても水素を注入できるというもののようです。ただ水道水と、乳製品(牛乳やカフェオレ)には製品の劣化を早めてしまう原因になるため使用できないとのこと。

 

・水素水生成器 Gyms Silky ジームスシルキー 充電式携帯型HWP-33s

こちらは携帯できる水素生成器ですね。水素が抜けても下についているボタンでいつでも水素を補充できるというものです。(充電式)

こちらは水道水でも使用出来て、塩素臭を軽減してくれるカートリッジも搭載されているようです。熱湯(約100℃)も水素水に生成できるようなので、水素を補充した熱湯を使ってコーヒーやお茶を作ったりということもできるようです。ただこの生成器の中には、水やお湯以外は入れられないようなので、直接コーヒーを入れたり、ジュースに水素を注入するといったことはできません。

まとめ

水素水は現在、科学者や医学者が病気の治療や予防に役立てるための色々な研究が進められていて、このように水素水関連の商品も年々増えていっています。

生成器が携帯できたり、水素風呂、水素ジュースが作れたりとそれぞれ便利ではあるのですが、問題はどの商品も値段が結構に高いということですね笑

先述したように、フィットネスクラブなどではサーバーが設置してあるところが多いので、まずはそこで継続的に摂取してみて効果を確かめてみてもよいかもしれません!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク

2 Comments

  1. 水素水 効果
    2016年7月24日 at 9:36 PM - Reply

    興味深い内容の文章で楽しませてもらいました
    リズム良く読めるので、すっごく参考になりました。
    うちのブログでも同じような文章が書けるように勉強させてもらいます。

    私の一番の流行りは水素水なんです。
    中学校時代からの親友が変な水を常に持ち歩いて飲んでいるのを見て、理由を教えてもらったところから始まりました。
    おしっこがいっぱい出ると、なんか体の中から毒素が吐き出されている感じがして良い感じなんです!
    行動した作用が実感できるって大事なんだなと気づきました!

    また1週間後くらいに訪問させてもらいます。
    更新を楽しみにしていますね!

    • フィットネスジャンキー
      2016年7月28日 at 2:46 AM - Reply

      ありがとうございます!

      これからも役に立つような記事をかけるように尽力していきますね!