• 水曜日 , 25 1月 2017

オーガニックのホエイプロテインは購入する価値があるのか?

31948622_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

近年、欧米諸国を始めとした世界の先進国ではオーガニック食品のブームが続いています。

それに伴い、プロテインにもオーガニック製を謳った商品が海外のメーカーでは販売され、日本からでもamazonや輸入サイトなどで誰でも購入することができます。トレーニング好きな方であれば耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

しかしこの『オーガニックプロテイン』は果たして本当に普通のプロテインより少し高いお金を出して買う価値というものがあるのでしょうか??

米国のサイト、bodybuilding.comでは運動生理学の博士で、LL COOL Jや、Dr.DREなど数々の有名人のトレーナーを務めた経験のある著名なトレーナー、ジム・ストッパーニ氏がオーガニックプロテインの是非について語っています。

スポンサーリンク


オーガニックプロテインにお金をかける価値はあるのか?

以下は翻訳部分になります。


 

Q:「オーガニック」のプロテインパウダーにお金をかける価値はありますか?何か違った恩恵を受けられますか?

まず言っておきますが、私はオーガニックの乳製品(牛乳、カッテージチーズ、ギリシャヨーグルトなど)の効果は信じています。それらが十分にケアされて育った草食の牛のものなら特にです。オーガニックの果物や野菜も好きですよ。農薬がほぼ使われていないので、お金をかける価値はあります。しかしオーガニックのプロテインパウダーとなると、話はそう簡単にはいきません。

オーガニックの乳製品には賛成なのに、牛乳から成るホエイプロテインはそうでもないのは何故かと思うでしょう。とは言え、オーガニックの草食の牛の乳から作られたホエイプロテインパウダーはただのホエイより良いでしょうって?そうでもないのです。

 

オーガニック製と普通のホエイプロテインが変わらない理由

まず、草食の牛の(オーガニックの)乳が良い理由を考える必要があります。理由は、その脂質にあります。オーガニックで育てられた草食の牛の乳は、大切かつ不可欠なオメガ3脂肪酸、共役リノール酸、ビタミンE(脂溶性ビタミン)を穀物で育てられた牛より多く含みます。そして、こうした栄養素は乳脂肪に見られます。

しかし、ホエイは炭水化物と脂肪からタンパク質だけを取り出したもので、ほぼ100%脂質を含みません。つまり、プロテインパウダーの加工場でオーガニックの牛乳のホエイプロテインを使っていても、結局のところ、オメガ3脂肪酸、共役リノール酸、ビタミンEのほぼ全てが取り除かれてしまうのです。

こうして見ると、加工過程でこれらの健康的利点がほぼ全て除かれてしまうので、オーガニックの牛乳から成るホエイプロテインに高いお金を払うことに意味はありません。

プロテインに関して言うと、草食の牛の乳のタンパク質は、穀物で育てられた牛のものと同じアミノ酸と構造を保有します。アミノ酸はアミノ酸なのです。

 

厄介な農薬に関してはどうなのか?

オーガニックのホエイプロテインは、抗酸化物質、ホルモン、農薬を含まないと聞いたことがあるかもしれません。しかし、牛乳からただ乳清の部分だけを抽出されるホエイプロテインは、その時点で既に汚染物質など入っていないのです。

加えて、そうした化学物質のどれもが、牛乳のタンパク質から別離されたホエイプロテイン分子の構造には影響しません。再度申しますが、汚染という点では普通のホエイプロテインと草食の牛の(オーガニックの)ホエイプロテインには何の違いもありません。

もし倫理的理由で草食の牛のホエイプロテインパウダーを使いたければ、ちょっと高いですがお金を払うしかありません。しかし、健康的利点を考慮して、あるいは抗酸化物質、ホルモンへの不安からの購入なら、そのお金は無駄になるでしょう。


この記事ではオーガニックプロテインに利点はないと断言されていますね。

個人的にはプロテインはあくまで補助食品であり、普通の食事と違って毎日3食摂るようなものでもないので、オーガニックにこだわる必要性は低いのではないかと思います。

また違った意見もあるかもしれませんが、オーガニックプロテインを購入しようか考えている方は参考の一つとしてみてください!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:全てのプロテインを比較しオススメを値段、質、味に分け紹介! 目的に応じたプロテインの種類と選び方

スポンサードリンク