• 火曜日 , 24 1月 2017

睡眠の質を向上させるためにタンパク質の摂取を

35099186_m

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

タンパク質は、筋肉を増やすために必要である代表的な栄養素というのは、誰もが知っていることだと思いますが、普段より少し多めの量を摂ることで睡眠の質を向上させることもできるかもしれません。

米国のサイト、mensfitness.comではタンパク質の摂取量と睡眠の質の関連を調べた研究内容が載せられていました。

スポンサーリンク


タンパク質と睡眠の質の関係を調べた研究内容とは?

以下は翻訳部分になります。


 

筋肉を作る栄養素は睡眠にも役立つことが、最近の研究でわかりました。

米国パデュー大学の最新の研究によると、ダイエットを助け、安眠を得るための鍵の一つにタンパク質があるそうです。

「大半の研究では食事と体重管理における睡眠効果をみますが、私たちはその逆に、睡眠にダイエットと食事(特にタンパク質の量)がどう影響するかということを調べました。その結果、低カロリー高タンパクの食生活を続けていくと、中年の成人の人々の睡眠の質が改善することをみつけたのです。通常量のタンパク質をしていた人に比べると、睡眠の質はかなり良いものでした」と、研究者であるウェイン・キャンベル氏は会見で述べました。

American Journal of Clinical Nutritionの発表した、タンパク質の摂取と睡眠の質の関連を調べた研究は、試験的な先行研究と本研究に渡りその関連を調べています。

試験的な先行研究では、タンパク質豊富な食事を摂っていた14人の被験者全員が、4週間の減量期の後、睡眠が改善されたことがわかりました。

その後行われた、より規模の大きな本研究では、44人の被験者を2つのグループに分け、2グループともまず毎日の摂取カロリーを約750kcal減らすことを3週間目まで実施した後、1つのグループは体重1キロにつき、1日約0.8gのタンパク質摂取を、もう一つのグループには体重1キロにつき、1日約1.5gのタンパク質摂取をしてもらいました。

その結果、1日1.5gのタンパク質摂取をしたグループの方に、睡眠の質の改善がみられたということです。

安定した睡眠の質と時間を得るのにどれほどの人が苦しんでいるかを考えると、生活様式と食事がどう睡眠に影響するかを知っておくことで、新陳代謝の異常、心臓血管系の病気、若死を防ぐのにとても役立つと研究者らは述べています。

「この研究には、高タンパク摂取がもたらすものに減量のみならず、睡眠の質が加えられ、更に体脂肪減少、引き締まった身体づくり、血圧の改善も含まれています。」とキャンベル氏は述べています。


タンパク質の摂取量を1日に体重×1.5gに増やしたことで、睡眠の質が改善されたというのは興味深いことですよね!

ただ、普段運動を習慣的に行っていない方が、タンパク質の量を無闇に増やしてしまっても摂取カロリー過多になってしまう可能性もあります。

自分がどのくらいのカロリーを1日に摂取しているか?どのくらいのタンパク質を摂取しているか?というのを飲み物の分も含め、まず見直してみましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク