• 火曜日 , 6 12月 2016

トレーニングの強度を上げていく方法

028901d880407c9b00f7e7e8dbf10d70_s

皆さんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

皆さん突然ですが、トレーニングをしていてもなかなか結果が出なかったり、マンネリ化することってよくありませんか?トレーニングは始めたころは、筋肉もつきやすいのでやる気も出てきますが、長くなってくるとなかなか成果が出づらくなってくるものです。

トレーニングには“七つの原則”というものがあって、そのうちの一つに漸進性の法則というものがあります。

これはトレーニングを続けて、体力が一定の水準に達してくると、同じ負荷で続けていても効果が出なくなるので、少しづつ強度を上げていく必要があるという意味の法則です。

スポンサーリンク


いつ強度を上げたらいいのか?その目安とは?

でもいつ強度を、どれくらいあげていいのか目安がわからないという方は、トレーニングの2for2の法則というものに乗っ取ってみましょう!

これは例えば週に2回、月曜日と木曜日にベンチプレスをいつも3セット10RM(10RMとはその負荷では10回行うのが最高限度ということです。1RMなら1回しかできない重さ)をメインセットで組んでいたとして月曜日に最後のセットである3セット目をいつもより2回多く、つまり12回こなすことができ、木曜日でも同じように最後のセットの3セット目が2回多くこなせたら、次からは重量を上げるという強度の上げ方です。

ちなみにベンチプレスなら2.5kgずつ、スクワットなら5kgずつ上げていくのがいいとされています。ベンチプレスを始めてまだ時期が浅い方は5kgずつぐらい増やしても大丈夫だと思います。そのかわり重量を上げる場合はセーフティーバーの高さがちゃんとセットできているか気をつけましょう!

マシン等を使っている方は、この最後のセットに2回多くできたというのが2回連続で続いたらピンが一つ下に差し込めるようにして強度を上げてみましょう!

たった数kg違うだけで全然トレーニングの効果が違ってくることも良くあるのでこういった方法を試して自分のトレーニングを見直してみて下さい!

それでは!フィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク