• 木曜日 , 20 7月 2017

新感覚フィットネスクラブ『ミットネス』とは??

ミットネス

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

以前「女性の間でキックボクシングがダイエットとして流行中」という記事でも紹介しましたが、ダイエット目的の女性や、一般の人をターゲットに含めたキックボクシングジムというのが最近では増えてきています!

キックボクシングジムというと、「厳しそう」、「強くなりたい人が通う所」というイメージがあるかもしれませんが、最近ではスパーリングなどの対人練習は行わず、あくまでダイエットやフィットネス目的の方向けだけのグループレッスン、マンツーマンレッスンを行う専用の時間帯を設けてニーズを区切ることで間口を広げるジムが台頭してきています。

そしてシェイプアップ目的でキックボクシングジムに通っていることをメディアやSNSにて発信する女性芸能人やモデルの方の影響力もあり、一般のOLの方でもキックボクシングジムに通う方が増えてきているそうです。

スポンサーリンク

最新フィットネスクラブ『ミットネス』とは?

キックボクシングがダイエットやフィットネス目的として女性を中心に人気を集め始めている最中、今年の2月に銀座にオープンし(現在では赤坂店もオープン)、キックボクシングジムとも普通のフィットネスクラブとも少し異な『ミットネス』というクラブが“最新ボクササイズ”として話題を集めています。

gallery29

gallery23

Program-thum01

画像出典:ミットネスHP

このミットネスはスタジオ内にて、CLUBのようなカラフルで少し暗い照明の中で、インストラクターの掛け声や大音量の音楽に合わせてスタンド式のサンドバッグにパンチやキック、ひざ蹴りを打ち込んでいくという、グループレッスン専門のフィットネスクラブになります。(シャワールームを備えたパウダールーム、ロッカールーム付き)

グループレッスンは初心者用の強度を低めにしたクラスや、ムエタイの試合前に行うワイクー(ダンスのようなリズムのある動き)を取り入れたクラス、またサーキットトレーニングを行っていくクラスなど全6種類あり、時間は45分~1時間となっているようです。

3枚目の画像にもあるように、別料金にはなるようですがマンツーマンで行うミット打ちトレーニングもできるようですね。

スタジオ内で用意されているスタンド式のサンドバッグは、日本では販売されていないアメリカから直輸入されたものを使用していて、女性でも殴ったり蹴ったときに手を傷めないように少し柔らかめに、殴りやすいように作られているサンドバッグを使用しているようですね。

サンドバッグの種類も初心者向け、中級車向け、人型サンドバッグと3種類に分かれているようです。

9409d6a36eaf4cc247e3764a32ff51fb

 

従来のフィットネスクラブで行われてきたボクササイズは、このようなスタンド式サンドバッグはありませんでしたし、サンドバッグのあるキックボクシングジムでは、このような広いスペースや照明、大音量の音楽を使ってCLUBのようなオシャレな雰囲気を演出することは難しいので、初めて見た時はいいところを突いてきたなと思いました笑

実際に2月のオープンから、月会費が1,2960円と通常のフィットネスクラブより少し高額にも関わらず、僅か3か月で会員数はすでに約400人にも達しているとのことです。

 

他にもこのような『CLUBを意識したフィットネスジム』というと、以前の記事でも載せたことのあるフィールサイクルがありますね。

フィールサイクルは最大手のホットヨガスタジオLAVAや、焼肉チェーン店の牛角を運営している「株式会社ベンチャーバンク」が手掛けるフィットネスジムで、このサイトで最初に載せた2014年の6月時点では、都心部を中心に6店舗のみの展開でしたが、現在では隣接した郊外や全国の主要都市にまで出店し、27店舗にまで数を広げるなど好評を博しています。

ミットネスもおこなう運動自体は違えど、『CLUBに行っているような感覚で運動できる』という部分を売りの一つにしている点は共通していて、オープンから早くも話題を集めているのようなので、フィットネスクラブにCLUBの持つオシャレさや楽しさのエッセンスを加えるというのは、上手く合致すれば意外な求心力を生み出すのかもしれませんね!これからミットネスが順調に人気を広げていくのかに注目していきたいと思います!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク