• 土曜日 , 10 12月 2016

ルームランナーと野外ランニングは別物なのか?

5fc06c90790afbd7e2d0ff3425d4ce13_s

皆さんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

本日はルームランナーについて書いてみようと思います!

ジム通いをしている方などは、一度はこのマシンを使ったことがあるのではないかと思います。

スポンサーリンク


ルームランナーとランニングは別物か?

まずルームランナーと外でのランニングの違いについて、この問題は30年以上研究されているみたいで、「ルームランナーはランニングとは根本的に別物だ」という意見と、「空気抵抗を除けば実際のランニングと実質同じ」という二つの意見に分かれているそうです。

この問題を解くために、特殊なルームランナーと高速カメラを使ってランナーの関節の動きと衝撃を調べたそうです。

その結果、膝の動きに多少の違いは見られたものの野外ランニングにかなり近いものであると結論付けられています。

 

ルームランナーの利点

僕が考えるルームランナーの利点としては…

1.信号や車等を気にしないでいいのでずっと心拍数を保ったまま走り続けられる。

2.接地面が柔らかいので膝への負担が少なく走れる。

3.外だと自分のペースが落ちているのに気付きにくいが、ルームランナーは速度が表示されているので自分のペースが判断できる。

4.帰り道のことを心配しなくていいのでギリギリまで追い込める笑(これは僕は意外と大きな利点かと思います)

ランニングといえば圧倒的に野外派の方が多いかもしれませんが僕はルームランナーの方が好きですね。

実際にルームランナーで走ることによって、外でも結果的に早く走れるようになりました。

スポンサーリンク



筋肉の疲労が激しいのは外のランニング

でも野外のランニングの方が、走った後に下半身の筋肉痛が激しいという体感もあります。ルームランナーの微妙な柔らかさより、アスファルトの固い反発が筋肉に刺激を促しているのだと思います。砂浜ほど柔らかければ当然そちらの方が下半身への負荷も強くなりますが…。

そういえば僕のいたジムで、アフリカ系の黒人の女性がルームランナーのスピードを時速15kmに設定して延々と走っている方がいました…。一般的にスポーツクラブに通っている方だと9~10km辺りの方が多いくらいなのですごいですよね。

ルームランナーは設定している速度で走っていると、外で走っている時にはもう少し速い速度で走れているようなので、実際にはもっと速いんだと思います。その黒人女性の方が、特にスポーツをしていない一般の方だとしたら、やはり黒人の方と日本人では元々のものが全然違うのかと絶句してしまいますね。

それでは本日はルームランナーについてのお話しでした!

関連記事 痩せるには有酸素運動か?無酸素運動か?

スポンサードリンク