• 月曜日 , 23 10月 2017

ダイエットで体脂肪を減らすことの健康的なメリット10個!

45758364 - women dieting concept

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

ダイエットを始めようと思うきっかけというのは、見た目を改善したいという目的でスタートする方が多いと思いますが、体脂肪が減るということは見た目だけでなく、もちろん健康面にも多岐に渡って良い影響を及ぼします。

では具体的に体脂肪が減ることによって、どのような健康的メリットがあるのでしょうか?

shape.comでは「体脂肪の減少が健康に与える10の効果」という内容で、ダイエットにより体脂肪が減ることの健康的メリットを挙げていました。

スポンサーリンク

ダイエットをすることで得られる10の健康的メリット!

以下は翻訳部分になります。


体脂肪が減れば外見に自信もつきますが、身体の中でもさらに素晴らしい変化が起こります。ダイエットで体脂肪が減ることのメリットについて、皮膚科医から心理学者まで、様々な専門家に聞いてみました。

 

1. 認知力と集中力が向上する

46622394 - male office worker looking at computer screen with data

肥満はアルツハイマー病のリスク上昇に関連があることはご存知でしょうか?

ジョンズホプキンス大学の研究によると、健康的なBMI値の人はBMI値が肥満域にある人と比べると認知症のリスクが低いことがわかりました。(しかし、もう一つ重要なことがあります。BMI値が「痩せ」の範囲にある人の認知症リスクも高くなることが判明しています)

ダイエットによる減量は記憶面も改善する可能性があります。

ケント州立大学心理学部が行ったある研究では、減量手術(胃、又は小腸に手術をして食べられる量を少なくしたり、摂取した栄養の吸収を阻害させるようにすることで減量をする手術)を受けた人々の記憶、認知力、問題解決能力が向上したことが判明しています。

神経心理学のジョン・ガンスタッド教授は肥満の男女150人を対象とした研究を行い、手術前は特に認知機能が阻害されていることを明らかにしています。

しかし、手術後は早くも12週目にして記憶と集中力に向上が見られ、そしてこうした好ましい変化はその後数年間に渡り続きました。

「わかっていることの一つとしては、心臓と血管がより健康になり、心臓の機能が良くなると脳の機能も向上するということです」とガンスタッド教授はプレスリリースで述べています。

 

2. 心臓病のリスクが下がる

28352337 - heart rate monitor illustration. health technology concept

体脂肪を減らすことにより、LDL(低比重リポタンパク、いわゆる「悪玉コレステロール」)が下がり、HD(高比重リポタンパク、「善玉コレステロール」)が上がります。

これは良いものが増え、悪いものが減ることを意味しており、全体的にコレステロール値が下がります。

 

3. 血糖値が安定する、あるいは下がる

51595760_s

糖尿病は肥満と密接に関連していますが、体重を減らすとその影響も低下、あるいは逆転する可能性があります。

ピートジコウスカ医師は、糖尿病の患者の多くは体脂肪を減らすと、血糖値調整のための薬を以前ほどには必要としなくなると話します。

「より強力な医学的減量計画(特に低糖質・低カロリー食)を実施すると、糖尿病患者の薬の必要度は急速に下がります。血糖値やその他の糖尿病関連のマーカーも改善します。」

極端な例を言うと、重度肥満で体重の20〜30%の減量を行った患者では、インスリン注射を完全に止めることができたとピートジコウスカ医師は話します。

 

4. 骨と関節がより強くなる

12396541 - clenched fist on black background

体重が重ければ重いほど、股関節や腰や膝など体重がかかる関節へのストレスは大きくなります。

そうすると、関節を取り巻いている軟骨が磨耗し、骨関節炎を招きかねません。

整形外科医のデニス・カードン医学博士は、体脂肪を減らすことで骨関節炎のリスクを下げ、さらには進行を遅らせることもできると話します。

「骨関節炎は痛み、こわばり、可動性の低下などを招きますが、減量することでこうした症状を軽減することができます」とカードン医師は話します。

体脂肪を減らすと、身体はより大きなインパクトやより激しい活動に耐えられるようになります。

考えてもみてください。ハーフマラソンに向けたトレーニングをするとして、集中力を妨げるような痛みがなければ、ずっと走りやすいものになります。

さらに、ウエイトトレーニングが問題なくできるようになれば、それでさらに骨密度を上げることができるのです。すべての運動がさらに強い骨につながるということです。

 

5. エンドルフィンの分泌向上により気分が上向きになる

35172316_s

理学療法士でアスレティックトレーナーのジョン・ガルッチ氏は、ジム通いを始める動機はダイエットかもしれませんが、ジム通いが習慣になると自信と気分の向上にも役立つと話します。

「例えばキツいランニングのようなストレスが身体にかかると、脳は天然の鎮痛剤であるエンドルフィンを放出し、その痛みや不快感を和らげようとします。

エンドルフィンには脳内で多幸感や身体全体の爽快感をもたらす働きもあるのです。」とガルッチ氏は話します。試さない手はありません。

 

6. 綺麗で若い肌になる

36332076 - teen girl with a healthy oily skin

加工食品やパンの食べ過ぎ、そして甘いものなど、不適切な食生活による血糖値の急激な増減の影響は肌にも現れます。

「高血糖は糖化というプロセスにより、ニキビや肌の早期老化にも関係します」と皮膚科医であるジョシュア医学博士は話します。

「砂糖の分子がコラーゲンに付着すると、コラーゲンの固化と分解を招き、早期老化とシワの原因になります」つまり、食生活を正すと体重減少につながるばかりでなく、老化兆候の減少や、肌の健康の改善にもつながることが期待できます。

 

7. 睡眠の質の向上

6534125 - portrait of a spring girl napping on pillow.

アメリカでは1200万人が睡眠時無呼吸症候群の問題を抱えており、過体重の人は最もその割合が高い傾向にあります。

テンプル大学が行った研究では、研究者らはまず250人の肥満で糖尿病を抱えている被験者を、ランダムに2つのグループに分割しました。

ひとつのグループはエクササイズとカロリーを制限した食生活という大幅なダイエットに取り組みました。もうひとつのグループは糖尿病管理についての講義を受けました。

結果はどうなったのかというと、ダイエットに取り組んだグループは平均で24パウンド(約11キロ)を減らしました(素晴らしい!)。しかし、さらに驚くべきことには、ダイエットをしたグループの13%で、睡眠時無呼吸症候群の問題が完全に消滅していたのです。

 

8. 性生活の向上

28502575 - happy smiling couple in love

もちろん、体重が減れば大幅に自信が向上しますが、より良い性生活というおまけまであります。

ペンシルベニア大学医学部は減量手術をした女性100人のその後を調査しました。

手術の1年後には、当初の体重から平均で32.7%も体重を減らしていたのみならず、性欲、性的興奮、潤滑度、そして全体的な性的満足度が向上したことが判明しました。

 

9. 乳がんのリスクが下がる

47092360 - womens health symbol in pink on wooden background

フレッド・ハッチソンがん研究センターの研究では、体重を5%減らすだけで特定の乳がんのリスクが下がることがわかっています。

この研究では、400人以上の肥満の女性を、運動を行っていくグループ、食事療法を行っていうグループ、運動も食事療法も行っていくグループ、そして比較群として食生活も運動習慣も変えないという4つのグループに分けました。

すると、食生活を変えたグループではエストロゲン(女性ホルモンの一種)のレベルが低下しましたが、食生活の変化と運動の両方に取り組んだグループではエストロゲンレベルがさらに大幅に低下したという結果が得られました。

 

10. 医療費が節約できる

7234191 - healthcare costs

最後に…医療、医薬品関連コストはBMIが上昇するにつれ高くなります。BMIが高ければ高いほど、医療費も高くなりがちなのです。


いかがだったでしょうか?

このようにダイエットに取り組み体脂肪を減らすことは、外見的な変化だけでなく、カラダにとって様々な健康的なメリットがあるということがわかりますね!

実際にダイエットに成功して「何だかカラダの調子が良くなった気がする」、「カラダが明らかに軽くなった」と見た目以外にも効果を体感する方は多いです!

ダイエットや運動は継続が全てなので、これらのメリットがあるということを理解し、モチベーションの持続や動機付けに繋げていきましょう!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:~体脂肪を減らすための11個のテクニック~

スポンサードリンク