• 金曜日 , 28 4月 2017

お腹の膨満感の解消に効果的な成分を持つ8つの食べ物、飲み物

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

食生活や生活習慣の乱れなどが続くと、お腹の辺りに張りを感じる、いわゆる「腹部膨満感」を覚える場合があります。特に食生活、生活習慣が乱れていなくとも、お腹に張りを感じやすいという方もなかにはいらっしゃるかと思います。

shape.comでは、『お腹の膨満感を解消する成分を持つ10の食べ物、飲み物』を紹介していました。その中でも、手軽に摂取できるものを8つに選んでこちらでも紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク


お腹の膨満感を解消するのに効果的な8つの食べ物、飲み物

以下は抄訳部分になります。


これから、もし水着を着るにしても会議に行くにしても、膨れたお腹は気持ちの良いものではありませんよね。今日は平らなお腹を実現するための手助けとなる食べ物や飲み物をご紹介します。

 

1.ショウガ

 

新鮮なショウガはお腹の問題を解決する便利な食材です。「ショウガは胃腸の不快な症状、膨満感、吐き気、消化不良、ガスなど全てを緩和する助けになり得ます」とウェルネスニュートリションコンセプト創業者で栄養士のアシュイニ・マシュル氏は話します。

インドでの研究によると、ショウガに含まれる“ジンゲロール”と“ショウガオール”という成分には、腸のガスを排出させる働きがあります。小さじ半分の新鮮なショウガのみじん切りで効果が期待できるそうです。

茶葉と一緒に沸騰させたものを濾して飲めば、ふくれたお腹も楽になることが期待できます。

 

2.アスパラガス

アスパラガスは“アスパラギン酸”というアミノ酸の働きにより、天然の利尿効果があるとストリートスマートニュートリションの栄養士、カラ・ハーブストリート氏は説明します。利尿作用により排泄される尿が多くなることで、浮腫んだ感じがなくなるわけです。

この効果を得るためにはどれだけ食べればよいのかといったルールはありません。昼食と夕食にアスパラガスを加えることから始めてみましょう。

 

3.ペパーミントティー

 

ペパーミントティーに含まれる、お腹を平らにする秘密の成分は“メントール”です。

メントールは消化器中の食べ物の通過を助ける働きがあるとマシュル氏は説明します。でも、それだけではないのです。ペパーミントには夜の食欲を抑える効果があります。

夜には塩分を多く含むチップスやクッキーに手を伸ばしがちになりますが、こうしたことが膨満感の原因になります。

「ペパーミントティーは実に一石二鳥ということが言えます。食欲を抑え、膨満感も抑えることができるのです」とマシュル氏は話します。

毎晩一杯のペパーミントティーで効果を実感してみてください。

 

4.パクチーとパセリ

 

パクチーとパセリには膨満感を解消する働きがあります。「パセリとパクチーには一般的な胃腸の不調の天然の薬となりうる酵素と植物性栄養素が含まれています」とハーブストリート氏はいいます。

ベス・ウォレンニュートリションの創業者兼CEOで栄養士のベス・ウォレン氏によると、パセリにはさらに利尿作用もあり、体内の余分な水分を排出しむくみを改善する働きがあります。さらに、むくみには塩分が大敵ですが、パセリやパクチーはナトリウムを加えずに簡単に風味を加えることができます。

 

5.キュウリ

 

体内の余分な塩分を流す秘訣は何でしょうか?答えはより多くの水、そして水分を多く含む野菜の摂取です。キュウリは96%が水分なので野菜の中でも最適です。

「キュウリに含まれる水分が消化と水分補給を促進し、そのみずみずしさで不快感を取り除くことができます」とマシュル氏は言います。

 

6.バナナ

 

バナナに含まれる“カリウム”は体内の水分と電解質を調整し、過度に加工された食品の悪影響を排除します。「ナトリウムは体内の水分を保持しようとしますが、カリウムにはその反対の効果があります」とマシュル氏は話します。

『アナエローブ』誌に掲載されたある研究では、34人の健康な女性を被験者として、バナナを食べるか、バナナ味の飲み物を飲むか、1日2回、食事前に水を飲んでもらいました。

バナナを摂ったグループでは膨満感が50%も減り、他のグループよりはるかに良い結果が得られました。次回のワークアウトの少し前には、ぜひバナナを食べてみてください。

 

7.パイナップル

 

パイナップルには“ブロメライン”という消化酵素が含まれており、胃の不快感を招くことがあるタンパク質の分解を助けてくれるとハーブストリート氏は言います。

パイナップルの茎と軸の部分には他部位より多くのブロメラインが含まれているため、より高い効果を得るためにはその部分をジュースにするか、スムージーに混ぜることをハーブストリート氏は勧めています。

 

8.ココナッツウォーター

 

ウェルネスニュートリションコンセプト創業者で栄養士のマシュル氏は、膨満感を解消したい時はココナッツウォーターを摂ると言います。

「私はいつもココナッツウォーターに頼ります。ココナッツウォーターはバナナ同様にカリウムを含み、体内の電解質レベルを調整し、体内の水分量を一定に保ってくれるのです」1カップのココナッツウォーターには600mgのカリウムが含まれ、これはバナナの422mgを上回っています。そして水よりも美味しいというのも嬉しいところです。


お腹に膨満感があると、運動をする際などにもその感じが妨げとなってしまい、十分な集中力、体力を発揮することもできなくなってしまいますよね。

「比較的自分はお腹に膨満感を感じることが多いかもしれない」という自覚がある方は、これらの飲み物や食べ物で取り入れやすい物を選んで試してみてもよいかもしれませんね。

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:膨満感(お腹の張り)の6つの原因と治し方について

スポンサードリンク