• 金曜日 , 26 5月 2017

オレンジセオリーフィットネスに体験に行って来た感想!

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

昨年の11月に日本に上陸して、最近雑誌やTVなどでもよく取り上げられている『オレンジセオリーフィットネス』というジムをご存知でしょうか??

オレンジセオリーフィットネスは、2010年にアメリカのフロリダ州で生まれたフィットネスジムで、現在世界各地ですでに500店舗以上を展開しているジムになります。

特に2015年の4月の200店舗の状態から急激に店舗数を伸ばしてきており、まだ一軒も店舗の閉鎖がないことから「世界で最も勢いのあるジムの一つ」とも評価されているそうです。

日本ではアジア太平洋地域初の出店として、横浜市の青葉台に1号店を構えています。

スポンサーリンク

オレンジセオリーフィットネスとはどういうジムなのか?

出典:http://www.fitnessclub.jp/business/news/industry-trends/3874/

オレンジセオリーフィットネスは、普通の筋トレやランニングマシンなどを営業時間中にいつでも自由に使える、いわゆる総合型のフィットネスクラブとは違い、スタジオレッスンに特化したジムになります。

好きな時間に行って自由に器具を使ったりすることは出来ませんが、その分レッスンに力を入れているといった類のジムということですね。なのでクラブ内の作りも、受付にスタジオとロッカーにシャワールームとシンプルになっています。

このサイトでも紹介してきましたが、近年ではフィールサイクルジャンプワンミットネスのように、このようなスタジオレッスンに注力した形態のジムがどんどん台頭してきていますよね!

フィールサイクルはエアロバイク、ジャンプワンはトランポリン、ビーモンスターはサンドバッグなどジムによってそれぞれ特徴が異なりますが、オレンジセオリーフィットネスはグループでの「心拍計トレーニング」を取り入れているジムになります。

その心拍計トレーニングは一体どういうものかというと、

出典:https://sportsclub.nifty.com/kanagawa/yokohamashiaobaku/160912027219/

レッスン開始前に手首につける心拍計系機器と、上の画像のハートレートモニターという大画面モニターが連動していて、他の参加者の人の心拍数と自分の心拍数が、トレーニング中ずっとリアルタイムに映し出されるというものです。

大きく映っている数字は自分の最大心拍数の何%で運動しているかというのを映しているもので、横の少し小さい数字は実際の心拍数になります。

また上の画像を見ると様々な色がありますが、この色は5段階に分かれており、心拍数が高くなるにつれ、グレー→ブルー→グリーン→オレンジ→レッドと色が変わっていくようになっています。

オレンジセオリーフィットネスでは、60分のレッスン内で、心拍数がオレンジのゾーン(最大心拍数の84%〜91%)とレッドのゾーン(最大心拍数の92%以上)が合計で12分以上になることを目的としてレッスンを行なっていきます。

(レッスン後に60分内のレッスンで自分がどの色のゾーンで、計何分運動できていたかということが、消費したカロリーと共にモニターに映され、登録したメールアドレスにも送られてきます)

 

オレンジセオリーフィットネスの体験に行った感想

ではここから実際に体験を受けてみた感想などを書きますね!

スタジオ内の作りは、大きく分けてトレッドミルエリア、ローイングマシンエリア(全身を使ってボート漕ぎのような動きでケーブルを引っ張る有酸素マシン)、筋トレエリアに分かれていて、筋トレエリアは、各重量のダンベルやメディシンボール、TRXやBOSUなどの器具が備えられています。

レッスンの内容は日ごとに異なるようですが、この日の内容はまず軽めの筋トレからスタート。大音量の音楽が流れます。

・ジャンピングジャックス(足を広げながらジャンプし、両手を頭の上で叩く動き)

・片足サイドジャンプ

・リバースランジにダンベルショルダープレスを加えたトレーニング

 

を各20回ずつ、個人個人のペースでこなしセット数を重ねていきます。

次にインストラクターさんの合図でランニングマシンへ移動し、ランニング開始。

ランニングの強度は基本ペースの“BASE”、少しキツいペースの“PUSH”、最大限に頑張るペースの“ALL OUT”と呼ばれる3つの強度があります。

インストラクターさんの「PUSH!」、「ALL OUT!」という合図に合わせて自分で調節するのですが、BASEは大体どのぐらいの速度で走って、PUSHやALL OUTではどのぐらい速度と傾斜をつけるかの案内が、ランニングマシンのポップに書かれているのでそれをみながら強度を調節するといった形です。

そしてインストラクターさんの合図で次はローイングマシンを漕ぎます。

正直このマシンが一番キツかったですね…。翌日お尻と広背筋がパンパンに筋肉痛になりました笑

次は再び筋トレエリアに移動し、

・スクワットにダンベルフロントレイズを加えたトレーニング

・マウンテンクライマー

・パーピー

・バイシクルクランチ(対角の肘と膝を交互につけていき自転車を漕ぐように行う腹筋)

・BOSUを使ってバックエクステンション

を各々のペースで行なっていきます。

種目や順番、行う回数は筋トレエリアにあるモニターにイラスト付きで映し出されているので、迷うことなく行うことができます。

この5種目の筋トレとランニングマシン、ローイングマシンをインストラクターさんの合図で交代して1時間弱行なっていき、最後に軽めのストレッチを行ってこの日のレッスンは終了です。

結構にハードでしたが、自分一人で行うよりもみんなで行うトレーニングは新鮮味がありましたし、知り合いができそうな雰囲気作りがされていたのもとても印象に残りましたね。

後は、やはり自分の心拍数が常に大画面にわかりやすく映し出されているので、どのくらい自分が追い込めているか確認できるし、「もっと数値を上げてやろう」というトレーニング中のモチベーションにもなったのでこれも面白かったです!

オレンジセオリーフィットネスは、まだ日本に上陸したばかりなので、今は青葉台の1店舗しかありませんが、今後一年以内に渋谷区、港区、新宿区、中央区といった都心や横浜市、川崎市などの郊外にも出店を予定しているようです。

月会費は、月に4回使用出来る会員で9000円、月に8回使用出来る会員で12000円、月に何回でも使用出来る会員で16000円(いずれも税抜表示)と少しお高めですが…笑 世界的に店舗数を増やしている勢いのあるジムだけに、これから日本でも店舗数を拡大していくかもしれませんね。

これまで体験してきたジム同様、オレンジセオリーフィットネスの動向にも注目していきたいと思います!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:心拍数トレーニングにおける「最大心拍数」のより正確な求め方とは?

スポンサードリンク