• 土曜日 , 10 12月 2016

高タンパクな食生活やダイエット生活にはパイナップルを

2af4771a78ef880719d0b9c7554be65d

どうも!フィットネスジャンキーです!

さあ今日は題名にあるように、筋肉を増量しようとしている方にとって避けては通れない高タンパクな食生活を送っている方に一つオススメのアイテムを…。

人間が一度に分解できるタンパク質量には限界がある

以前の記事、『プロテインを飲むタイミング』でも紹介しましたが、トレーニングに励んでいる方は体重1kgあたり、1.5g~1.7g程のタンパク質が一日に必要になってきます。体重60kgの方であれば90g~102gということになります。

人間はタンパク質を摂取すると、タンパク質をペプチドに分解→ペプチドをさらにアミノ酸に分解し、体内に取り込むというプロセスで筋肉を作る栄養を取り込んでいますが、一度の食事で分解し、筋肉として活用できるタンパク質量には限界があります。分解できないほど大量にタンパク質を摂ると、筋肉に利用できない分が脂肪になったり、内臓に負担をかけたりと、かえってデメリットが増えてしまいます。

プロテインなどを販売しているメーカーから、ホエイプロテインを分解してペプチド化したものなども販売しているのですが、1gあたりの価格は普通のプロテインの倍以上になってしまいます。

そこで、高タンパクな食生活を送っている方は、そのタンパク質を分解してくれる酵素が含まれている食材を摂るのがオススメです。

スポンサーリンク


タンパク質分解酵素を多く含むパイナップル

今回の記事の題名のパイナップルには、パイナップルにはタンパク質分解酵素のブロメラインというものが大量に含まれているのです。

例えば大手焼肉チェーン店の「牛角」で食後にパインジュースがサービス出て来ますが、あれもパインにもタンパク質分解酵素のブロメラインが含まれているからということですね。(実際確認したわけではないので偶然かもしれませんが笑)

このブロメラインは関節炎等に対する抗炎症作用等でも注目され、サプリメントとしても扱われています。

最近はセブンイレブンやスーパーなどでカット済みのパイナップルで安価でお手軽に手に入りますし、カロリーも51kcalとヘルシーなので、トレーニングをしていて高タンパクな食生活を送っている方にはおやつがわりにススメできるといえます。他にもパイナップルは糖質の代謝を促すビタミンB1、脂質を分解し美容のビタミンと言われるビタミンB2を含んでいたりするのでダイエット時のおやつとしてもオススメできます。

他にもタンパク質分解酵素を含む食品としてはキウイなどもありますが、こういったコンビニでも手に入れやすくて食べやすい食品というのは重宝すると思います。

それでは、本日はこの辺りで!

スポンサードリンク