• 月曜日 , 23 10月 2017

脂漏性皮膚炎によるフケが皮膚科で処方されたシャンプーを使ったら即改善した話!

脂漏性皮膚炎 シャンプーとリンス

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

今回は筋トレやダイエットとは少し違うお話しになります。

少しお恥ずかしい話しですが、僕は小さい子供の頃からフケが出てしまいやすい体質で、大きな悩みとまではいいませんが、治したいなと常々思っていてました。

そして先日、時間をみつけて皮膚科に診てもらったその時のお話を今回は記事にしてみたいと思います。

もしかしたらですが、このブログを読んでいる方の中にも同じような方がいらっしゃるかもしれません。

実際に診てもらってわかったことですが、もし皮膚科に行く前の僕のように、洗っても洗ってもフケが際限なく出てきてしまう…といった方は「脂漏性皮膚炎」であることが疑われます。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎とは?また脂漏性皮膚炎になってしまう原因は?

「脂漏性皮膚炎」とは、主に頭皮部分などに多く存在する皮脂腺から皮脂が過剰分泌することで、皮脂をエサにする“マセラチア”というカビ(真菌)の一種が異常繁殖し、頭皮に炎症ができてしまう症状のことです。

炎症が起きて頭皮が傷むと、フケの元になる角質層が目に見えるくらい大きく剥がれるようになり、頭を触ったり掻いたりすることでパラパラと落ちてくるのが自分でもわかります。

また、炎症により痒みも起きるのが特徴ですね。

皮脂腺から皮脂が過剰分泌することで、この脂漏性皮膚炎を招いてしまうのですが、では一体なぜ皮脂が過剰分泌されてしまうのでしょうか?

皮脂が過剰分泌されてしまう原因とは?

皮脂が過剰分泌されてしまう…それは「乾燥」と「食生活」が主な原因として挙げられています。

湿度の少ない乾燥した環境ばかりで過ごしていると、肌やカラダの中の水分が空気に蒸発していって水分量が少なくなってしまうので、生体反応としてカラダは皮脂を多く分泌します。

皮脂は地肌に薄い膜を作って保湿し、体内の水分が蒸発するのを防いで水分量をキープするという役割があるからです。

つまり皮脂自体はカラダにとって必要なものですが、分泌量が増えすぎてしまうと、脂漏性皮膚炎の原因となるマセラチア菌も一緒に増殖していってしまうので、適量の分泌が望まれるということです。

ちなみにマセラチア菌も、カラダを弱酸性に保って雑菌から肌を守ってくれるので、誰もが持っている菌で必要なものなのですが、前述したように増えすぎると脂漏性皮膚炎の原因となってしまうので、これも適量に存在してくれるのがカラダにとって良い状態ということになります。

乾燥以外の主な原因として、もう一つが食生活です。

皮脂とは読んで字のごとく脂で、“中性脂肪”が主成分となっています。

そのため、動物性脂肪の多い食品ばかりを食べていると皮脂の分泌量も増えてしまいます。

具体的には、

脂身の多い肉類や卵、チーズ、バター、生クリーム、チーズ、ジャンクフード、

などが挙げられますね。

後は血糖値を急上昇させてしまうような食べ物の過剰摂取も、皮脂の過剰分泌を招いてしまうと言われています。

血糖値が急上昇した時に、それを下げようと分泌されるインスリンというホルモンが、皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌量を亢進させてしまうからです。

砂糖やお菓子などの甘いもの、生成された穀物(小麦粉、白米など)、加工食品(パンや麺類など)

は血糖値を急上昇させてしまう食べ物なので、食べ過ぎには気を付けたいところです。

乾燥に気を付けても、正しい食生活を心掛けてもフケが改善されない場合は…

乾燥に気を付けたり、正しい食生活も送って皮脂が過剰分泌されないように気を付けても、丁寧に頭を洗っても特に変わらず頭を触るごとにフケが延々と出続けてしまう、という方もいらっしゃるのではないかと思います。実際に僕もそうでしたね…。

前述したような生活因子も原因として考えられる、脂脂性皮膚炎によるフケの発生ですが、僕が皮膚科で診断をして頂いた先生によると、どうやら結局は元々の体質的なものが一番発生要因としては大きいとのことでした。

そして皮膚科では、ネリゾナソリューションという頭皮の炎症を抑えるステロイド入りの塗り薬に、

マラセチア菌の増殖を抑えるという、医薬部外品のシャンプーとリンスのサンプルを処方されました。

正直小さい子供の頃からずっとフケが出やすい体質でしたし、フケ防止用のシャンプーはこれまで何本か試したことがあっても、あまり効果がみられなかったため、簡単には治らないだろうなと考えていたのですが…

ところがどっこい!使い始めて2日目には全くフケが出なくなりました!シンジラレナイ、シンジラレナイyo!

こんなことならとっくの昔に皮膚科に行っておくんだった笑

ステロイド入りの塗り薬は、量が少なくすぐになくなってしまい、今はシャンプーとリンスだけの使用ですが、その後もフケは全く出ることがなくなりました。

皮膚科で処方してもらった医薬部外品シャンプー&リンス「コラージュフルフルネクスト」

こちらが、僕が皮膚科でサンプル品を処方してもらったシャンプー&リンスになります。

トップ画像に貼り付けてあるものと同じものになりますね。

この「コラージュフルフルネクスト」というシャンプー&リンスには、“ミコナゾール硝酸塩”というマセラチア菌の殺菌に有効と認められている成分が含まれているとのこと。

このミコナゾール硝酸塩が配合されているシャンプーは、現時点でコラージュフルフルネクスト以外に、「メディクイックH」というシャンプーの2つだけしか販売されていないようです。

ただ、メディクイックHというシャンプーは、“グリチルリチン酸ジカリウム”というステロイドに似た作用を持つ成分も含まれているとのことで、長期間使用してしまうと皮膚にダメージを与えてしまう可能性も考えられるようです。

なので個人的には、自分でも効果が感じられたということで、僕はコラージュフルフルネクストの方をおすすめします。

今回はダイエットや筋トレネタとは少し違った話しになりましたが、もしフケが沢山出て困っている…という方がいれば、今回の記事を参考にしてみてください!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク