• 木曜日 , 14 12月 2017

暗闇フィットネス系スタジオ総まとめ!ヨガ、トランポリン、キックボクシングも!



暗闇フィットネス

先週の火曜日、日本テレビのNEWS ZEROにて、最近では『暗闇フィットネス』が人気を集めているということで特集が組まれ、Twitter上の話題のキーワードでも『暗闇フィットネス』が上位に上がるなど、ちょっとした話題を集めたということがありました。

この暗闇フィットネスは、カラフルな照明と大音量の音楽、そして暗闇のスタジオの中で、まるでCLUBのダンスホールの中でトレーニングをしているかのような非日常感、エンターテイメント性がうけ、広がりをみせてきています。

また、暗闇だから自分の世界に没頭できる、苦しい顔になるまで追い込んでも他の人にわからない、といったような声も、こういったスタジオに通う会員の人からは利点として挙げられているようですね。

今勢いに乗っているフィットネスの新興勢力として、今回の記事では、現在展開されている暗闇フィットネス系スタジオ全10店を総まとめにしてみました!

どのスタジオも、『CLUBのような暗い中でのカラフルな照明と大音量の音楽』ということは共通しつつも、行っている運動やトレーニングなどはそれぞれ異なっていて、いずれも興味深いものになっているのではないかと思います!

スポンサーリンク

暗闇フィットネスができるスタジオ全10店を総まとめ!

1. FEEL CYCLE(フィールサイクル)

出典:フィールサイクル

暗闇フィットネスの“先駆け的存在”となったフィールサイクル。現在では全国に27店舗とこの分野で圧倒的なシェアを誇ります。

エアロバイクを基本とし、インストラクターの指示に従って倍速でペダルを漕いだり、負荷を調節してペダルを重くしながら漕いだりと緩急をつけながら運動を行っていきます。

また、ダンベルを使った上半身の筋トレもしたりと、下半身だけでなく全身が鍛えられるプログラムが組み立てられているようで、1回の消費カロリーが400~800kcalにもなるとのこと。

(個人的には45分間で800kcalはさすがに“盛っている”だろうと考えますが^^;)

僕の周りでも、体験に行ったことのある人が何人かいるのですが、「キツいけど楽しかった」と言っている人もいましたね。

ちなみにこのフィールサイクルを運営するベンチャーバンクという会社は、ホットヨガ最大手であるLAVAも運営していて、後に紹介するバーネススタイルやジャンプワンも運営している会社になります。

関連記事:有酸素運動の進化系!?フィールサイクルとは?

料金:入会金/5,000円 月会費/14,800円(店舗により変動)

レッスン時間:45分間

営業時間:月~金/7:00~23:00 土日祝/10:00~19:30

店舗:全国27店舗

フィールサイクルHP

2. ダイヤモンドフィットネス

出典:ダイヤモンドフィットネス

アメリカで約3年前に発案され、アメリカだけでなくヨーロッパや韓国でも流行中の『ダヴィンチ・ボディボード』という器具を使用したレッスンが注目されているダイヤモンドフィットネス。

ダヴィンチ・ボディボードには、引っ張る用のチューブ2本と、主に両手両足を固定する用のチューブが取り付けられており(計チューブ6本)、チューブを引っ張りながら、また両手両足が固定され、チューブで引っ張られている負荷を利用しながらヨガやピラティスの動きを行っていくことで、柔軟性を高めるとともに筋力も鍛えていける効果があるようです。

動画で見てみた方がイメージしやすいかと思うので、そちらも貼り付けておきますね。

通常のチューブトレーニングは、自分の足でチューブを踏んで固定するのが主な使い方になりますが、こちらは最初からボードに取り付けられてあるので、踏んで固定する必要がなく、制限なく色々ポーズをとりながらチューブの負荷を利用できるということですね。

また、両手両足を固定できるようになっているチューブもついているので、その固定されたまま体幹トレーニングやピラティス、ヨガのポーズをを行うことによって、チューブの張力が加わって、普通にポーズをとるよりも強い負荷を体にかけることができます。

また、このダヴィンチ・ボディボードだけでなく、トランポリンを使用したエクササイズ、格闘技エクササイズなど豊富なプログラムが取り揃えられているのも特徴です。

料金:入会金/10,000円 月会費/12,000円 デイタイム会員/9,000円(月~土18時まで)

レッスン時間:45分間

営業時間:平日10:00~22:30/土曜/10:00~20:00日曜祝/10:00~18:00(店舗により変動)

店舗:麻布十番店 川崎モアーズ店 元町中華街店

ダイヤモンドフィットネスHP

3. b-monster(ビーモンスター)

スタジオ内に大量に吊り下げられているサンドバッグに向かって、暗闇の中パンチのコンビネーションや連打を打ち込んでいくビーモンスター。(キックは禁止)

ウィービングやダッキングなどの膝を使って上体を曲げるディフェンス動作を織り交ぜながら打ったり、途中途中に様々な種類の体幹トレーニングやもも挙げ、腹筋などの自体重トレーニングも混ぜながら行うので、全身の筋肉に強い負荷をかけることができます。

僕も体験に行ったことがありますが、普段筋トレをしているにも関わらず、パンチの動作はまた違った刺激が筋肉に入るので、肩、背中は翌日かなりの筋肉痛になりましたね笑

関連記事:ビーモンスターに体験に行ってきた感想!

このビーモンスターも、非常にはやいペースで店舗を拡大していっているので、フィールサイクルに続く第二の暗闇フィットネス系人気スタジオとなり得るかもしれません。

銀座スタジオと青山スタジオは、ミッドナイトメンバーというプログラムもあり、そちらに加入すれば、インストラクターのいない、深夜23~翌朝7時の間も自主練的にスタジオ内を利用することができます。

これも面白いシステムだと個人的には思いました。

料金:入会金/15,000円 月会費/12,000円 デイタイム会員/11,000円(平日の9:20~17:45まで限定)

レッスン時間:45分間

営業時間:7:00~23:00(銀座・青山限定のミッドナイト会員は深夜も利用可)

店舗:銀座店 青山店 恵比寿店 新宿店 名古屋栄店

ビーモンスターHP

4. BEING YOGA(ビーイングヨガ)

出典:ビーイングヨガ

ホットヨガスタジオのインストラクター全員が男性で、しかも全員舞台や俳優、モデル経験のあるイケメン揃いという、2017年2月オープンのヨガスタジオ、ビーイングヨガ。

「ついにやりやがったか感」がなきにしもあらずですが、女性にとってはイケメンの先生が指導してくれるというのは、通うモチベーションアップにも繋がりますよね。

暗闇の室内にプロジェクションマッピングを投影し、星空の中や無数のランタンの中でヨガをしているような幻想的な空間を作りだしてくれます。

男性も入会できるようですが、男性用のロッカーは用意がないようなので、男性の方は最初から運動のできる格好で行く必要がありますね。

料金:入会金/10,000円 月会費 月1回/3,500円 月3回/98,00円 月5回/16,000円 月10回/30,000円

レッスン時間:50分間

営業時間:平日10:30~22:00/土日祝/10:30~18:00

店舗:東京都渋谷区渋谷2-19-20 宮益坂村瀬ビル5階

ビーイングヨガHP

5. Burnes Style(バーネススタイル)

出典:バーネススタイル

K-1MAXミドル級元世界王者、魔裟斗選手がプロデュースに携わる、女性専用キックボクシング系スタジオです。

ビーモンスターはパンチのみですが、こちらはキックボクシングということで、サンドバッグにパンチ&キックを打ち込んでいきます。

レッスン時間は30分ですが、気温30度、湿度65%の高温多湿状況で、短時間ながらも高い負荷の運動ができるそうです。

レッスン時のグローブ、シューズは魔裟斗さんが考案したもので、汗のにおいが気にならないようデザインされているとのこと。

ボクシングのグローブより打ちやすい、総合格闘技などで使われるオープンフィンガーグローブなので、特に格闘技の経験のない人には、こちらの方がよりパンチを打ちやすいのではないかと思います。

料金:入会金総額/16,000円 月会費/月30回プラン16,800円 月8回プラン14,800円 月4回プラン12,800円

レッスン時間:30分間

営業時間:月~木9:00~23:00 土日祝9:00~19:00/定休日 木曜日

店舗:東京都千代田区神田相生町1 センタープレイスビルB1F

バーネススタイルHP

6. ENERGY FIT(エナジーフィット)

出典:エナジーフィット

海外で大人気の女性専用エナジードリンク「Mr.PINK」プロデュースのエナジーフィットジム。

照明、ランニングマシン共にピンク一色で統一されたスタジオは、異空間かつオシャレでインパクトがあります。
ランニングマシンが沢山並んでいる装いからもわかるように、このジムはランニングを中心としたサーキットトレーニングが主なメニューとなっているようですね。

有酸素運動を行いながらも、しっかりと筋肉もつけていけるように、ランニングの合間合間に筋トレや体幹トレーニングを行なってカラダに負荷をかけて行くようです。

トレーニング前にはウエストに心拍数を計測できるセンサーを取り付け、トレーニング中にリアルタイムで自分の心拍数と他の人の心拍数が、センサーと連動している大画面モニターに映るようになっているので、「自分がどれだけ追い込めているか」というのを数値で実際に見ながらトレーニングをすることが出来るというのも面白いですね。

月会費:月に無制限利用/13,000円 月に8回会員/11,000円(月16回) 月に4回会員/9,000円

レッスン時間:60分

営業時間:月~土9:00~23:00 日祝9:00~21:00 木曜定休日

店舗:東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル4F

エナジーフィットHP

7. JUMP ONE(ジャンプワン)

暗闇系フィットネス系スタジオの中でも、トランポリンを使った運動を行うジャンプワンは、最近特によくTVなどのメディアで見掛けている気がします。

このジャンプワンは、僕が体験に行った時はまだ銀座の1号店しかなく、とにかく人気で体験の予約を取るのに大変な思いをしたというのをよく覚えています。(現在は都内を中心に5店舗の展開)

関連記事:ジャンプワンに体験に行った感想!

ジャンプワンは、トランポリンで跳ねたりダッシュしたり、片足ずつステップしたりという運動がメインになり、備え付けの0.5kgのダンベルを使って軽く上半身の筋トレも行なっていきます。

トランポリンで跳ねているだけだろうと甘く考えていたのですが、終わってみればこんなに汗を掻いたのは久しぶりだというぐらいに汗を掻いたことが印象的でした。

リズムに乗る感覚で楽しんで出来るので、他の運動をしてたけど続かず辞めてしまった方など、違う感覚を求めて体感してみるのも良いかもしれません。

料金:入会金総額/10,000円 月会費:月30回プラン14,800円/月4回プラン12,800円

レッスン時間:45分

営業時間:月~金6:30~22:30 土日祝9:15~19:00 水曜定休日

店舗:銀座店 新宿店 秋葉原店 池袋店 三宮店

ジャンプワンHP

8. ホットヨガスタジオ・ロイブ

出典:ホットヨガスタジオロイブ

女性専用ホットヨガスタジオとして、全国に展開するロイブも、ホットヨガ以外に暗闇環境でカラフルな照明の中行う「クラブボクサダイエット」、そしてLAでも流行中で、今年の6月から取り入れたという「ビートドラムダイエット」というエクササイズが話題となっているようです。

ビートドラムダイエットとは、暗闇の中で光る蛍光色のドラムスティックを使いながら、大音量の音楽に合わせて床やスティック同士を叩いて全身運動を行うエクササイズのこと。

踊るようにリズムに乗りながら、スクワットや腹筋に似たような動きを取り入れて手も同時に動かすので、かなり良い全身運動になるとともに、スティックで叩く爽快感、リズム感を感じながらトレーニングが出来るという部分が醍醐味のようです。

料金:入会金926円 月会費:1ヶ月通い放題会員/13,800円 デイタイム会員/12,000円(15時スタートのレッスンまでなら受講可能)

レッスン時間:60~90分間8レッスンにより異なる)

営業時間:9:30~22:00(店舗により変動)

店舗:全国

 

9. ミットネス

出典:ミットネス

こちらも、女性専用のキックボクシング系フィットネススタジオになります。去年にオープンし、3ヶ月で入会者数が400人以上に達したということで話題を集めました。

バーネススタイルとの違いは、バーネススタイルはサンドバッグのみでレッスンの中にミット打ちはありませんが、ミットネスはレッスンの中に『グループミットネス』というミット打ちができるレッスンも含まれているということですね。

レッスンの時間も、バーネススタイルは30分に対し、ミットネスは45~1時間、室温はバーネススタイルが高温多湿で行っていくのに対し、ミットネスは特にそういった環境にはしていないようです。

他のほとんどの暗闇系フィットネススタジオは体験も有料ですが、ミットネスは無料で行えるので、キックボクシングをダイエットでやってみたいという方は試しに体験してみてもよいかもしれませんね。

料金:入会金総額13,000円 月会費12,000円 デイタイム会員8,500円(10時~17時まで)

レッスン時間:45分間

営業時間:平日10:00~22:00 土日祝10:00~19:00

店舗:銀座店 赤坂店

ホットヨガスタジオ・ロイブHP

10. オレンジセオリーフィットネス

New Layout. Orangetheory Fitness Aobadai. * オレンジセオリーフィットネス青葉台。 新しいレイアウトで心機一転。 第二章の幕開け!

【公式】オレンジセオリーフィットネス青葉台店さん(@otf_aobadai)がシェアした投稿 –

オレンジセオリーフィットネスは、『僕が暗闇フィットネスを体験した中でも一番キツかった』ジムというのを覚えています笑

オレンジセオリーフィットネスは、2010年にアメリカのフロリダ州で生まれたフィットネスジムで、現在世界各地ですでに500店舗以上を展開している大型ジムになります。

このジムもエナジーフィットと同様に、トレーニングが始まる前に心拍計を身につけ、その心拍計と大型のモニターが連動していて、自分の心拍の数値と、他の会員の人の心拍の数値がリアルタイムで確認できるという中でトレーニングを行っていくタイプのジムになりますね。

オレンジセオリーは心拍数ベースのワークアウトを行います。 ハートレートセンサーで心拍数を測定しながら行うワークアウトは、科学的根拠に基づいた確かな効果を約束します。 * ワークアウトを共にする仲間とモニターを眺めているだけでもモチベーションがあがります。 モチベーションが高まったら、あとはやりきるのみ。 オレンジセオリーでメリハリある生活を! * #オレンジセオリー #オレンジセオリーフィットネス #青葉台 #フィットネス #シェイプアップ #ダイエット #トレーニング #脂肪燃焼 #アフターバーン効果 #横浜 #田園都市線 #ウェアラブル #orangetheory #orangetheoryfitnessaobadai #orangetheoryfitnessjapan

【公式】オレンジセオリーフィットネス青葉台店さん(@otf_aobadai)がシェアした投稿 –

スタジオ内にはランニングマシンが置かれているエリア、『ローイングマシン』というボート漕ぎの動きが出来る有酸素マシン(これがキツい笑)が置かれているエリア、ダンベルやメディシンボールが置かれている筋トレエリアに分かれていて、60分のレッスン内でインストラクターの合図に合わせて、サーキットトレーニング式にそれらを行ったり来たりし、心拍数を高めていきます。

最初に一番キツかったと書いてしまいましたが、自分で気楽に流してやろうと思えばそれでも大丈夫ですし、追い込んでキツくやろうと思えばキツくなるので、あくまで自分のサジ加減ということになりますね。

また、知り合いや友達が自然と出来そうな雰囲気作りが出来ていたのも印象に残っています。

料金:レギュラー会員14,000円 ライト会員12,000円(月8回まで)

レッスン時間:45分間

営業時間:平日10:00~23:00 土曜日9:00~20:00 日曜日9:00~19:00

店舗:青葉台店 麻布十番店

オレンジセオリーフィットネスHP

 

暗闇フィットネススタジオが人気の理由

暗闇系フィットネススタジオは僕も何店か体験に行きましたが、スタジオ内の非日常感だけでなく、フロントの造りやデザインなどもオシャレになっているところが多かった印象がありました。

そういった要素も通いたくなる雰囲気作りができているという点で、人気の要因の一つになっているような気がしますね。

暗闇フィットネスを一度体験したいと考えている方は、今回の記事を参考にしてみて下さい!

それではフィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク