• 火曜日 , 6 12月 2016

ダイエットの味方!腹持ちが良くて実はヘルシーなカステラ

5a64a8283cd134ebc4d88de1795fbfe6_s

皆さんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

最近、大晦日~正月の流れで余分な脂肪が蓄えられてしまうであろうことをあらかじめ予想し、糖質を制限して有酸素運動を増やしてプチダイエット中です笑

しかし普段の食事でご飯を減らしたりして炭水化物を抜いてしまうと、やはり甘い物がいつにも増して食べたくなってしまいますね…。

スポンサーリンク


意外にカロリーが控えめでGI値も菓子パンに比べて低いカステラ

 

以前の記事で紹介した低カロリーアイスには及ばないものの、ダイエット中に甘いものがどうしても食べたい!となった時は、実はカステラが結構オススメだったりします。

カステラの原材料は、鶏卵、小麦粉、砂糖のみで菓子パンやケーキにたっぷり含まれているバター、ショートニングなどの油脂類が入っていない意外とヘルシーな食べ物なんです。

カステラ1枚の平均カロリーは大体160kcal程で食パン1枚よりもカロリーが低い上にGI値も低めなのでおやつや朝食にオススメです。GI値とは以前の記事でも紹介したのですが、この値が高ければ高いほど血糖値が上がるスピードが早いことを指します。簡単に言ってしまえばこのGI値が高い食べ物ほど太りやすく、低い食べ物ほど太りにくいのです。

GI値はブドウ糖を100とし、食パンは95、クッキー77、ロールパンは83、白米は88、そしてカステラは69辺りになり、食品全体でみると決して低い方ではありませんがパン類や粉物菓子類のなかではもっとも低い数値群に入ります。

GI値が低い食品ほど腹持ちも良いのでそういった意味でもカステラは中々優秀なお菓子といえますね!

ついおやつや朝食に菓子パンを食べてしまう方や、甘いものがやめられないという方は比較的ヘルシーなカステラに切り替えてみるのも一つの手だと思います!

僕としては低脂肪牛乳1杯とカステラ1切れで意外と満足感が得られるのでこの組み合わせがオススメですので夜中にお菓子をいつも食べてしまうという方は試してみてください!

以上、フィットネスジャンキーでした!

関連記事:糖質制限ダイエットの効果、メリットとデメリット、実践方法

ダイエットのためのヨーグルトの選び方

マックのセットを頼む時はドリンクをミルクにしましょう ~GI値といふもの~

スポンサードリンク