• 土曜日 , 10 12月 2016

腕相撲を強くするためのトレーニング~ジャイアントキリングを見て~

皆さん明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

年末年始は面白いバラエティ番組が沢山やっていますね!

12月30日の格闘家の方が沢山出演していた腕相撲ナンバーワンを決める「ジャイアントキリング」皆さん見ましたか??

ヒョードル選手が勝ち進んでいく姿を見て思わず胸が高鳴りましたが、やはり前回覇者のボブサップは強かったですね!

腕相撲はウェイトトレーニングで強くすることが可能なので、恐らく頭の良いボブサップは注目の浴びる番組に向けてちゃんと優勝できるように腕相撲用のトレーニングをしっかり積んでいたような気がします。

スポンサーリンク


腕相撲は正しくトレーニングをすれば誰でも強くなれます。

僕は高校のころまで女の子より腕相撲が弱かったのですが(笑)腕相撲で使われる筋肉を鍛えることである程度は強くなれたので今日は「腕相撲が強くなるトレーニング」ということで動画を紹介したいと思います!

会社のお酒の席や友人との飲み会で腕相撲になったときもこれで安心です!嫌な上司を腕相撲で机に前腕を叩きつけて倍返ししましょう(笑)このトレーニングをしてすぐには強くなれませんが続けていれば確実に強くなれますのでお試しを!

ハンマーカール

筋トレTVさんの動画になります。この種目は腕橈骨筋という前腕の筋肉と、上腕筋という肘のすぐ上にある筋肉をメインで鍛えられる種目です!見た目的にもこの筋肉を鍛えるとシャツから出た腕をたくましく見せられる効果があります!ポイントは肘が支点になるので肘を動かさないようにすることと、反動を使わないこと、降ろすときもゆっくり降ろすようにしましょう。両手で行うと反動を使ってしまいやすいのでできれば片手ずつ行うと効果的です!

10回をギリギリ挙げられる重さを3セット目指して行いましょう!

バーベルアームカール

ストレングスプロジェクトさんの動画になります。こちらは上腕二頭筋(力こぶ)の部分をメインで強化する種目になります。先ほどのハンマーカールでも上腕二頭筋は鍛えられますが、先ほどのハンマーカールは腕橈骨筋と上腕筋をメインで鍛えられるトレーニングに対して、こちらは上腕二頭筋をメインで鍛えられます!ダンベルで行ってもOKです!そうするとハンマーカールと似た動きになるのですが違いはこちらは手のひらを自分のほうに向けているということですね!こうすることで上腕二頭筋がより強く収縮され(トレーニングされる)ます!

こちらも10回をギリギリできる重さで3セット行いましょう!

スポンサーリンク



1種目やるだけでも効果はでてくる

2つの種目を行ったほうが確実ですがしっかりフォームを注意して行えば1種目でも腕相撲は強くなります!

すでに筋力トレーニングを行っていてトレーニングのメニューが増えて大変だという方は1種目だけ増やすぐらいがいいかもしれませんね!

僕の経験ではほかのダンベルトレーニングでは大して腕相撲の力は強くなりませんがやはりアームカール系は全然違うと感じました!

筋トレをしていて腕力に自信があるはずなのにいざ腕相撲になると悔しい思いをしてしまう…そういった方はこれらの種目を行ってみてください!

以上、フィットネスジャンキーでした!今年もよろしくお願いします!

関連記事:肩幅を広くするのに最適なトレーニング(女性は肩周りをすっきりさせるトレーニング

スポンサードリンク