• 土曜日 , 10 12月 2016

近年売り上げを伸ばしているプロテイン「ウエイトゲイナー」

皆さんこんにちは!フィットネスジャンキーです!

今日は2日間プロテインネタになってしまいますが、昨日の記事に補足する形でもう一つ、近年売り上げが伸びてきているというウエイトゲイナーという種類についても更新してみたいと思います!

ウエイトゲイナープロテインとは??

ウエイトゲイナープロテインとはホエイやカゼイン等の乳清タンパクに糖質を足したプロテインになり、ケンタイなどのメーカーによっては通常のホエイプロテインよりも、ビタミン群(ビタミンB群、ビタミンC、D.E)やカルシウム、カリウム等のミネラルが多く添加されているプロテインになります。

1番の特徴はやはり炭水化物も添加されているというところになりますね。プロテインはそのほとんどが名前の通りタンパク質(プロテイン=タンパク質の意)で糖質はほとんど含まれていませんが、これにあえて糖質も加えカロリーを増やし、糖質もタンパク質も一緒に摂取しちゃいましょうよというのがウエイトゲイナーです。

スポンサーリンク


糖質も加えたことによるウエイトゲイナーのメリット

筋肉を増量するためにはタンパク質ももちろん大事ですが、炭水化物も欠かせません。トレーニング後にタンパク質と一緒に糖質を摂ることでタンパク質を体内に取り込みやすくなりますし、糖質は肝臓に蓄えられ肝臓でグリコーゲンというエネルギーに変化し全身の筋肉にエネルギーとして蓄えられるのですが、このグリコーゲンが激しいトレーニングや糖質の摂取が行き届いていなくて枯渇すると、疲労が抜けづらくなったりタンパク質の分解が起きるので筋肉も減少してしまいます。

それに筋肉を増やして身体を大きくするには基本的には『1日の摂取カロリー>1日の消費カロリー』にならなければいけません。(トレーニングを始めたばかりの方が『1日の摂取カロリー<1日の消費カロリー』の状況でも体脂肪が減って筋肉が増える場合もあるので一概にはいえませんが)

筋肉だけで5kg増やしたい10kg増やしたいという方も沢山いるかと思いますがそれはほぼ不可能といっても良いぐらい難しいことです。ボディービルダーの人も増量期は脂肪も一緒につけながら沢山体重を増やして、減量期で低カロリー高タンパクの食生活とハードトレーニングで出来るだけ筋肉を落とさず体脂肪を沢山落として身体を作る、というように増量期と減量期を分けています。

少し話がそれてしまいましたが、このウエイトゲイナーのメリットはタンパク質もホエイほどではありませんが摂れて糖質も摂れるので、普段小食であまり食べられないけど身体を大きくしたいという人や、ケンタイのウエイトゲイナーのなどは通常のプロテインより他の栄養素が若干多めに摂れるので食事の代用や間食にもできるということがメリットとして上げられます。また、ホエイプロテインでは筋肉も増えなかったしトレーニングの記録が上がらなかったけどゲイナーに変えてから改善されたという人も中にはいるようです。

ただ女性では体重を減らしたいという方が大半なのであえて糖質を摂取できるこのウエイトゲイナーはそれほど必要性はないかもしれませんね。

日本のメーカーの各種ウエイトゲイナー、それぞれの特徴

・GOLD’S GYM ウエイトゲイナー チョコレート風味 1kg

こちらのプロテインに含まれている糖質はデキストリンという成分で構成されていてこのデキストリンは消化スピードが早いのでトレーニング後に飲むことに適しているプロテインですね。ですが、消化スピードが早いということはそれだけ血糖値が上がるのも早いので余分な脂肪がついてしまう恐れもあるということであまり間食むきではないかもしれませんね。トレーニング後は糖質を摂取しても脂肪に変わりにくいという点と、トレーニング後の糖質の摂取がタンパク質の吸収を促進することを考えてもトレーニング後向きのゲイナーであると言えると思います。

・Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ 3kg

こちらはケンタイというメーカーのゲイナーになります。特徴は冒頭に挙げたように、通常のホエイプロテインよりもビタミンやカルシウム、カリウム等のミネラルが多めに含まれていること。後もう一つは含まれている糖質とタンパクの質ですね。こちらの糖質はマルトデキストリンという吸収の早い成分と、果糖という吸収がゆっくりで持続的に長い時間栄養を供給してくれる成分で糖質が構成されていて、タンパク質もホエイとカゼインの混合で構成されているので先ほどのゲイナーよりバランスが取れているというか、トレーニング後でも間食後でも摂取しやすいゲイナーだと思います。

・バルクスポーツ リーンゲイナー 1kg ミルクチョコレート

こちらはゆっくりと吸収される糖質のタイプでイソマルチュロースという成分が使われています。低GIを謳っているので間食や就寝前の栄養補給向きといえます。公式のオンラインショップでもレビュー評価が高かったです。

スポンサーリンク



こんな方はウエイトゲイナーを

最後にこんな方にはウエイトゲイナーを、ということで

・ホエイ、カゼインプロテインでなかなか筋肉が増えなかった

・とにかく体重を増やしたいが小食であまり食べれない

・食事をゆっくり食べる時間はないが栄養補給したい

といった人にオススメかと思います。僕も海外のメーカーのゲイナーを飲んでいる時期があって、体脂肪もつきましたが体重はホエイよりゲイナーの方が増やせました。(ただ、海外のウエイトゲイナーは1回の摂取量が多く、2kg以上の製品を買った時になりますが)なかなか太りにくいという人は1kgの容量だけでは厳しいかもしれないのでお財布に余裕があれば3kg分にした方が良いかもしれませんね。また自分が飲んでいたウエイトゲイナーも機会があったら載せてみます!

それではフィットネスジャンキーでした!

アイキャッチ画像出典:amazon

関連記事 目的に応じたプロテインの種類と選び方

プロスポーツ選手も愛用するサプリメント「クレアチン」とは?

プロテインは必要か?不必要か?  

スポンサードリンク