• 土曜日 , 24 2月 2018

ファミマの24時間ジム『Fit&GO』に見学&体験に行ってきた感想!

フィット&ゴー

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

つい最近、ファミリーマートが24時間フィットネスジムの事業に参入するということを多くの各メディアがこぞって取り上げ、業界の内外に渡り話題を集めたことがありましたよね。

ジムの名前は『Fit&GO』。会費は月額7,900円で24時間利用可能、1階をコンビニ、2階をジムという形で展開し、駐車場など敷地の広いコンビニでは、別途建物を建設して運営していくことを視野に入れ、5年で300店舗という超ハイペースで出店を目指しているとのことです。

発表から間もない日にちで、さっそく1号店が東京都大田区に2月14日の今日からオープンするということで、2/1~2/13日の間はプレオープン営業をしているとのことだったので、「これからのフィットネス業界の大きな転換期にもなりそうな大手企業によるジム参入を見過ごすわけにはいかない」という謎の義務感に駆り出され、先日大田区まで足を運んで見学&体験をしてきました!

その感想やレポート、館内のマシンやフリーウエイト設備の詳細などを撮影してきた写真を交えながら紹介してみたいと思います!

スポンサーリンク

ファミマの24時間ジム『Fit&GO』の設備を見学&体験に行ってきた感想!

Fit&GO1号店は大田区の長原駅から徒歩1~2分ほど、商店街の中のファミリーマートの2階にあります。

フィット&ゴー 外観

外からは、館内の落ち着いたスタイリッシュな照明の中、『Fit&GO』のでかロゴが青い照明で装飾されているのが確認でき、非常に見栄えがします。

バランスボールも、ちょうどいい具合にオブジェのように飾り付けがされていて、既存の24時間ジムにはない華やかさ、そして近未来感も少し感じさせるようなデザインがとても印象的でした。

『運動施設っぽさ』というのはあまりなく、どちらかというとオシャレなカフェにアミューズメント要素が少しプラスされたような洗練された新しい雰囲気で、これならジムに通った経験のない人でも少し通ってみようかなという気にさせられるのではないかという印象を率直に感じました。

傍からみた外観、そしてこれから写真と共に紹介していきますが館内のデザイン性の良さでは、個人的には既存の他の24時間ジムと比べても群を抜いていると思います。

入場は、入会時に手渡されるICバンドを入口の機器に照らし合わせることで簡単に入場することができます。

 

置いてあるマシン、フリーウエイト、器具など館内設備について

館内の施設は大きく分けて、【有酸素マシンエリア・フリーウエイトエリア・ストレッチスペースエリア・ファンクショナルトレーニングエリア】に分かれています。

フィット&ゴーのジム内

(館内の撮影はスタッフの方に許可を頂いています)

上の写真はファンクショナルトレーニングエリアの中から撮ったものです。スタイリッシュな照明と、壁面には海外でも活躍する墨絵アーティスト、西元祐貴氏の描いた墨絵が施されており、オシャレな空間を演出することに力を入れていることが感じとれますね。

このファンクショナルエリアを取り囲むようにトレーニングマシンが置かれてあり、マシンの種類は、

・チェストプレス(大胸筋)

・ラットプルダウン(広背筋)

・レッグプレス(下半身全体)

・レッグエクステンション(太もも前側)

・シーテッドレッグカール(太もも後ろ側)

・ロウイングマシン(広背筋・背中)

・トーソーローテーション(腹斜筋)

・ローバック(背中・腰)

 

が置かれてあります。後は上の写真にも少し写っていますがシットアップベンチ(腹筋台)、バックエクステンションベンチ(背筋台)もありますね。

後は、マシン以外の器具やトレーニングツールが多く用意されているのも印象的でした。

正面にあるトレーニングツールはサンドバックですね。取っ手が2つ付いており、手で掴んで担ぎながらエクササイズをする体幹トレーニング系のツールです。

重量は5,10,15,20kgと用意されています。左側にあるのはメディシンボールで、こちらも1~5kgと重量別に置いてあります。

これらのファンクショナル系のトレーニングツールは、初心者の方にとっては正しいフォームでの扱いがわかりにくいかと思いますが、Fit&GOでは予約制でパーソナルトレーニングも受けることができるようなので(プレミア会員での入会やオプションでの申し込みで可能)、このエリアやツールは主にパーソナルで使っていくことを意識しているのかもしれませんね。

他にもトレーニングツールは、バランスボール、ストレッチポール、TRX、筋膜リリース系のフォームローラー、BOSU、ケトルベルなど豊富に取り揃えられていました。

後、個人的にいいなと思ったのは意外にも写真左側に並ぶランニングマシンでした。(※写真に写っている人はジム関係者の方です)

日本初導入となる最新型らしく、テレビ画面も大きくて地上波番組やYoutubeはもちろん、NetflixやHuluなどもパスワードを入力すれば見れるようになっているとのことで(もちろんNetflixやHuluの会員に入らなければいけませんが)、これなら「フォレストガンプを見るついでにウォーキングでもして軽く汗を流しに行こうかな」といった感覚で気軽にジムに通えそうです。

有酸素系のマシンは、

・ランニングマシン:5台

・クロストレーナー:1台

・背もたれつきのエアロバイク:1台

・背もたれなしのエアロバイク:1台

・クロストレーナー:1台

・有酸素のロウイングマシン:1台

・階段昇りの動きが再現できるクライムミルマシン(下の写真):1台

と種類豊富に取り揃えられています。

クライムミル

クライムミルは置いていないジムも多いので、初めて見るという方も多いかもしれませんね。

ロッカールームも黒を基調とした色と、扉や壁などに木目調の柄が施され高級感と落着きのあるデザインになっています。

ロッカールーム

洗面化粧台

化粧台にはドライヤーも備えられていますね。また、ロッカールーム内には、シャワールームも2台併設されています。(女性ロッカールームは1台)

 

フリーウエイトエリアの設備

トレーニング中上級者の方にとっては、やはりフリーウエイトの設備が一番気になるところですよね。

こちらがフリーウエイトエリアになります。中上級者の方には少し残念かもしれませんが、フリーウエイトエリアの設備はスミスマシン1台と、インクラインベンチ1台、ケーブルマシン1台、ダンベルが1~30kgまで。

つまり、「ベンチプレスとパワーラックは置いていない」ということです。この2つがないということは、少なくとも1号店に限ってはトレーニング中上級者層の方を取り込むことは最初から考えていないのかもしれませんね。

個人的にはスミスマシンの隣りにあるクライムミルを外して、パワーラックを置けばいいのにとも考えてしまいましたが^^;

 

Fit&GOが併設されているファミリーマートはプロテインやサプリも充実

Fit&GOが併設されているコンビニではプロテインバーやプロテインドリンク、サプリメント、後はトレーニングウェアなども置かれているブースが設けられています。

ファミリーマートのプロテイン、サプリメントブース

こういったブースが設けられることで、サブリミナル効果的に2階のジムにも通ってみようかなと考えさせられるような動機づけにもなりそうですよね。

Fit&GOの店舗数が増えて、こういったブースが備えられているコンビニが増えていくことは、日本のさらなるフィットネス普及にも貢献してくれそうな気がします。

5年で300店舗ということは、計算すると6日ごとに1店舗できるということになりますからね笑

今後、Fit&GOが目標通りのハイペースで、順調に店舗数を増やしていけるのか?という所にも注目していきたいですね!

 

Fit&GOはアリかナシか?

個人的には「パワーラックとベンチプレスさえあればアリ!」というのがFit&GOの感想になります。後は、欲を言えばダンベルが50kgぐらいまで重量があれば…とも思いますが、それでは最初からゴールドジムに行けという話しになってしまいますからね笑

ジムの全体的な雰囲気としては、他の24時間ジムと比べてもかなり良いので、この2つの器具がなくても別に構わないということであれば、十分オススメできるジムと言えると思います。

2号店など別の場所に出来た時は、設置される店舗も出て来るということは十分考えられますしね。

ファミリーマートジムが気になっていた方は、今回の記事を参考にしてみて下さい!

フィットネスジャンキーでした!

スポンサードリンク