• 月曜日 , 19 11月 2018

自分がスポーツ選手向き、筋肉がつきやすいかを見分ける方法!?

水中をパンチする拳

皆さんこんばんは!フィットネスジャンキーです!

今日は自分や周りの人が筋肉が発達しやすい、いわば自分がスポーツ選手向きであったり筋力トレーニングで筋肉がつきやすい身体なのか、性格の細やかさや言語能力の発達など女性的な機能が高いのかを簡単に見分けられるちょっとミーハーなネタを紹介したいと思います。

これは男性も女性もチェックできることのようなのでぜひ周りの家族や恋人、友人のも見てみると面白いかもしれませんね!

それには男性ホルモンと女性ホルモンが関係してくるのですが、まずはそれぞれのホルモンについて少しだけ説明しておきますね。

スポンサーリンク

男性ホルモンの役割

男性ホルモンは男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させるホルモンのことです。男性にも女性にも分泌されているのですが、男性に沢山分泌されているホルモンで男性の場合そのほとんどが睾丸や副腎から分泌されているホルモンになります。

この男性ホルモンは9割がテストステロンというものからできていて、このテストステロンはドーピングやステロイドといったスポーツ競技における禁止薬物に使われている物質になります。テストステロンは骨格筋および筋肉の増強、男性器の発達や思春期の声変わり、そして性欲等に関与しているとても重要なものなのです。

 

女性ホルモンの役割

女性ホルモンは、男性ホルモンとは逆で女性らしい身体を作るホルモンであり、女性の身体の排卵を促し妊娠や出産等に関わるほか、骨密度の安定やコレステロールの調整、感情を安定させたり記憶力の低下を防いだりといった作用もあります。男性にも女性にも分泌されています。

 

どちらのホルモンを胎児のころに多く浴びたかが生まれた後にも関係してくる

実は胎児のころにこの男性ホルモンと女性ホルモンのどちらを多く浴びたかによってその人の性格や運動能力、筋肉のつきやすさ、さらには同姓愛や異性愛の傾向などにも関係してくるといわれているようです。

これは日頃トレーニングや、スポーツに励んでいる人には死活問題になってきますね…。今日その男性ホルモンと女性ホルモンを胎児のころにどちらが多く浴びたかをチェックする方法で理想にそぐわない結果がでてしまった方…落ち込まないでください笑

 

男性ホルモンと女性ホルモンのどちらを胎児のころに多く浴びたかの簡単なチェック方法

では胎児のころに男性ホルモンと女性ホルモンのどちらを多く浴びたかのチェック方法ですが…

それはずばり右手の指の人差し指と薬指を見てみて下さい!

この2本の指の長さを比べてみて人差し指よりも薬指の長い方は胎児のころに子宮のなかでテストステロン、つまり男性ホルモンを沢山浴びた方になります。逆に女性ホルモンの方を多く浴びていると、人差し指が長くなったり薬指と同じ長さになるようです。この人差し指と薬指の対比を2D/4D比といいます。この2D/4D比は生まれてからほとんど変化しないようです。

後、指の長さを正確に測る場合は指の先から指の付け根の一番下のシワまでの長さを測るようです。

余談ですが1年ほど前にバラエティー番組でこのチェック方法が取り上げられていて、タレントの武井壮さんが測ってみたところ明らかに薬指の方がかなり長かったのを覚えています。アスリートの方でもやはり薬指の方が長い方は多いようです。

ですが人差し指の方が長い、もしくは薬指と同じ長さの女性ホルモンを多く浴びた方の方が優位な点もあるようなのでご安心を!

 

女性ホルモンを多く浴びた(人差し指の方が長い、もしくは薬指と同じ長さ)タイプ

 

・性格が細やかで、人の気持ちがわかる

・言語能力が高い

・人の心を惹きつける能力が高い

 

男性ホルモンを多く浴びた(薬指の方が長い)タイプ

 

・性格は積極性が強く、アグレッシブである(男性的な性格)

・理系タイプで機械に強い

・心臓系と血管系の発達が優れている

・筋肉が発達しやすい

 

等の特徴があるようです。女性にとっては女性ホルモンを多く浴びたタイプである方が、男性にとっては男性ホルモンを多く浴びたタイプであった方が嬉しい結果と言えるかもしれませんね。

ちなみにGIGAZINEさんというサイトでこの2D/4D比についての記事とジュネーブ大学の検証結果も一緒に載せられています。

さあ、皆さんの結果はいかがでしたか?

ちなみにオスのマウスにテストステロンを注射した結果、メスのマウスが寄ってくるようになったという実験結果があるとかないとか…。

でもこれでは薬指の方が短かったという方の失望感が大きすぎますよね笑

これだけで全てを判断することは出来ませんが、何かと飲み会の多いこの時期に話のネタの一つとしてどうぞ!

以上、フィットネスジャンキーでした!

関連記事 プロテインは必要か?不必要か? モテホルモン?と呼ばれるテストステロン値を高めるには!?

スポンサードリンク