• 木曜日 , 16 8月 2018

食事制限のみのダイエットと筋トレのみのダイエットはどちらが効果的か?

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

年末年始にかけてのこの時期は、「一年間で最も太りやすい時期」とも言われています。

忘年会、冬休み、新年会などゆっくり休んだり美味しいものを食べたり飲んだりする機会が増える方が多いので、当然と言えば当然かもしれませんね。

年末年始はとりあえず美味しいものを食べて、気持ちを新たに1月からダイエットを始めようと計画している方も多いのではないかと思います。

ただダイエットをするにしても、食事制限のみでダイエットを行なっていくのか、それとも食事は制限しないで運動のみでダイエットを行なっていくのか、あるいは両方とも行うのか…それぞれ人によってそのやり方も異なりますよね。

食事制限だけだったら何とか続けられそう、という方もいれば、食事は我慢できないけど運動だけだったらできるかも…という方もいるのではないかと思います。

でもどちらかだけを行なっていってダイエットしていくという場合、食事制限のみと運動のみでダイエットするのとでは、「どちらが体脂肪を減らすのに効果的なのか?」ということも気になりますよね。

スポンサーリンク

食事制限のみと筋トレのみのダイエットではどちらがダイエットに効果的なのか?

実際に最近の研究では、このことを確かめたものがあります。

2017年9月に「international journal of sport nutrition and exercise metabolism」に掲載された米国の研究報告で、40人の閉経前の普段運動をしていない、そして食事管理をしていない肥満女性を、

 

・食事制限のみでダイエットしていくグループ

・筋トレのみでダイエットしていくグループ

・食事制限+筋トレでダイエットしていくグループ

 

に分け4ヶ月間の体重、筋肉量、体脂肪の推移を調べたというものです。

https://www.researchgate.net/publication/319499045

 

筋トレのみでダイエットしていくグループは、特に摂取カロリーなどの上限は設けず、食事制限のみのグループと食事制限+筋トレを行うグループでは、総摂取カロリーの20%を脂質、タンパク質は除脂肪体重1kgあたり3.1g、残りを炭水化物から摂取するという設定にしたとのこと。

タンパク質は多めに摂り、脂質と炭水化物は少し抑える程度の食事になります。

筋トレのグループと食事制限+筋トレのグループは、認定トレーナー監督のもと週に2~3回の全身のレジスタンストレーニングを行っていったとのことです。

 

実験の結果

このグループの中で、4ヶ月の実験で一番体脂肪を減らしたのは…当然ですが食事制限+筋トレでダイエットしていくグループだったようです。グループの平均体脂肪率45.3%→43.3%に減少したとのこと。

気になるのは食事制限のみのグループと、筋トレのみで食事制限はしないグループではどちらが体脂肪を減らせたのか?

結果は、筋トレのみのグループは平均体脂肪率が44.3%→43.1%、食事制限のみのグループは平均体脂肪率44.0%→42.2%ということで、食事制限のみのグループの方が筋トレのみを行うグループよりも体脂肪率を減らせたようです。

ただ、この研究結果に対して思うことは、4ヶ月もダイエットのプログラムをこなしたのに、全体的に体脂肪の落ちが悪いな…ということですね…汗。

特に筋トレのみを行うグループと、食事制限+筋トレを行うグループは、週に2~3回の全身のレジスタンストレーニングを施したにも関わらず、-2%程度の体脂肪率の落ち具合と少ないように感じます。

個人的に腑に落ちない点もあるものの、少なくともこの研究では筋トレのみのダイエットよりも、食事制限のみのダイエットの方が、体脂肪を減らすことができたと言うことができそうです。(若干の違いではありますが)

もう少し多人数で行った実験や、男性も交えて行った研究結果などがあれば、そちらも確認したいところですね。

また、ダイエットや筋トレに関して興味深い研究結果などがあれば紹介してみたいと思います!

それではフィットネスジャンキーでした!

関連記事:なぜダイエットは有酸素運動より先に筋トレをやるべきなのか?

スポンサードリンク