スポーツジム体験記

カネキンフィットネスジムに体験に行った感想!マシンやフリーウエイトの設備は?

カネキンフィットネスジム

こんにちは!フィットネスジャンキーです!

今からちょうど1ヶ月ほど前、youtuber兼フィジーク選手のカネキンフィットネスさんが月額制のフィットネスクラブをオープンさせたのをご存知でしょうか?

カネキンフィットネスジムHP

カネキンフィットネスさんとは、youtubeのチャンネル登録者数26万人以上を誇り、NPCJという団体の大会やIFBB(世界ボディビル連盟)主催のバハマで開催されたカリビアンGPという大会でも優勝を納めている、トレーニー界隈では非常に有名な方です。


・日本過去最大?KANEKINジムグランドオープン!

youtuberの中でも、その成功をきっかけに何かしらの実店舗までオープンさせている人というのはかなり稀なのではないでしょうか?

『あのカネキンフィットネスがオープンしたジムは一体どんな所なんだろう?』

一つ一つの器具やメーカーなども、カネキンフィットネスさんが海外のジムを巡って視察して選んだというこだわりのある内容となっているようで、その詳細や全貌が気になっていたので今回は実際に体験しに行ってきました!

ジム内の写真を交えながら、フリーウエイト器具やマシン設備は何が置いてあるか?そのメーカーは何を使っているか?ロッカーやシャワーは?などのことや、カネキンフィットネスジムの長所や短所などについても述べてみたいと思います!

スポンサーリンク

カネキンフィットネスジムにビジター体験に行って来た感想!

カネキンフィットネスジムは、千葉県松戸市内にある常盤線の馬橋駅(新宿駅から1時間弱程度)から、徒歩3分程の場所にあります。

カネキンフィットネスジム 外観

テナントやビル内などにあるのではなく、戸建で独立しているのがいいですね!いや~フランチャイズでもない完全オリジナルの自分のジムなんて夢があるな~。

そして中に入るとすぐ右側が受付になっており、そこでビジター料金3,240円を支払います。

ジムエリア内はこのような感じですね。

カネキンフィットネスジム館内

1面エリア構成となっていて天井も高いため解放感があり、照明も落ち着いていて従来のフィットネスジムとはまた違う雰囲気を感じることができます。

ちなみに奥の2つの入口は、左側がシャワールーム(男性女性1部屋ずつ)、右側が男性トイレ&女性トイレです。

総合型のフィットネスジムと違ってスタジオやお風呂などはなく、ジムエリアのみの造りとなっているようですね。

私が体験に行った時、カネキンフィットネスさんも普通にジム内にいらっしゃったので、見学や体験に行きタイミングが合えば会うことができるかもしれません。

まだオープンしたばかりということと、ジムが空く時間帯の平日夕方に行ったため、会員さんはジム内に2~3人ほどと少なかったです。

カネキンフィットネスジムのフリーウエイト設備

カネキンフィットネスジム フリーウエイトエリア

カネキンフィットネスジムで特に印象に残ったのは、フリーウエイトの設備の充実ですね!

パワーラックが×3台、ベンチプレス台×2台、スミスマシン×2台に加えて『床引きデッドリフト』専用のエリア&バーまで用意されていたりと、ハードコアなトレーニーの方にとっては正に至れり尽くせりの環境となっています。

パワーラックやベンチプレスの器具メーカーは、トレーニーの方からも支持の厚い『ROGUE』や『BULL』製のものです。

ダンベルエリアも…

ダンベルエリア

十分なスペースが確保されていて、快適にトレーニングに励むことができます。

アジャスタルベンチとフラットベンチも、このダンベルエリアに2台ずつ用意されているので、こちらでも順番待ちになる心配はしなくて良さそうですね。

ダンベルの重量は1~40kgまで用意されています。

そしてダンベルラックの反対側を見ると…

器具

こちらは日本のジムではあまり置いてあるのを見掛けませんが、EZバー&ストレートバーにプレートが固定でくっついている仕様の器具になり、重量は15kg、20kg、25kg、30kgと用意されています。

スーパーセットやドロップセットなど、連続して違う種目をこなすトレーニング法やサーキットを行う時に、このようにプレートが固定でつけてる器具があると、つけ外しをする手間が省けるので重宝しそうですね。

ケトルベル

ケトルベルも32kgまで用意されています。

ジムエリア入口から奥まで敷いてある緑の人工芝は、ウォーキングランジに使用しても良いとのことで、ケトルベルを使ったウォーキングランジを行っている会員さんもいらっしゃいました。

日本のジムでは、ウォーキングランジを行えるだけのスペースを設けているジムというのはほとんどないと思うので、これもカネキンジムならではの個性と言えるのではないでしょうか。

フリーウエイトの器具やスペースの広さなどの全体的な充実は、他の総合型のフィットネスクラブと比べてもかなり高い水準になると思います。

カネキンフィットネスジムのウエイトマシン&有酸素マシン設備

パワーラックなどが置かれているフリーウエイトエリアから、人工芝の通路を跨いで反対側のエリア全体がカネキンジムのマシンエリアになっています。

マシンエリアで驚いたのがこちらの器具!!

MATRIX 8スタックマルチステーションマシン

真ん中にチンニング(懸垂)用のバーが付いているのが見えますね!こちらは何と左右の柱部分それぞれがマルチ式のマシンとなっており、この一式だけでラットプルダウン×2、シーテッドロウ×2、ケーブルプレスダウン×2、ケーブルフライができる仕様の器具になっています。

MATRIXブランドの8スタックマルチステーションマシンという器具のようですね。

写真では少し伝わり辛いかもしれませんが、全体的に大きくて迫力があり非常に見栄えのするマシンになっていました。

何よりこの一台だけで、前述した複数のマシン種目の役割を果たしてくれるというのはスゴイですよね。

他のマシンの種類と台数は以下のようになっています。

45度レッグプレスマシン/1台

レッグエクステンションマシン/1台

ライイング・レッグカールマシン/1台

シッシースクワットマシン/1台

ラットプルダウン/1台(マルチマシンとは別にもう1台)

ケーブルマシン/1台(マルチマシンとは別にもう1台)

トレッドミル/2台

エアロバイク/3台

ちなみにメーカーは、ジョンソンヘルステック社のMATRIXブランドと、ライフフィットネス社のハンマーストレングスブランドになります。

マシンの種類や台数は、一般的なフィットネスクラブと比較してかなり少ないですね。

チェストプレスorフライ、インナーサイ&アウターサイ、ショルダープレスマシン、シットアップベンチ、バックエクステンションベンチなどのジムの定番マシン&器具が置かれていないのは、正直少し寂しいかなというように感じました。

後は、ストレッチスペースエリアが設けられていないというのも気になりましたね。

カネキンフィットネスジムのロッカー設備

カネキンフィットネスジム ロッカーエリア

こちらがロッカーエリアになります。カネキンジムの入場口のすぐ左側(受付が入場口の右側)のところですね。

カネキンジムでは、受付・ジムエリア・ロッカーエリアが全て同じ一面にあり、ロッカーエリアも扉や仕切りなどで分けられていないので、着替えは個室シャワールーム前にある脱衣場までいってそこで着替え、こちらのロッカーに私服などの荷物を入れておくという形になります。

正直ここはかなり不便に感じてしまいましたね…。個室のシャワールームは他に誰かが使っていたら着替えを待たなければいけませんし、着替えを一旦持ってわざわざ移動しなければいけないのはちょっと面倒です…^^;

ただカネキンフィットネスジムは、この建物の2階も今後の予算次第でジムとして拡張していくようで、そこにちゃんとしたロッカールームエリアやマシンの種類を増やして置いたりなど、ジムを大きくしていくプランもあるようなのでこの辺りは今後に期待といったところでしょうか。

料金システムや場所などの詳細

カネキンフィットネスジムの入会金や月会費料金は以下のようになっています。

入会金:10,000円(税抜)

月会費:10,000円(税抜)

ビジター料金:3,000円(税抜)

パーソナルトレーニング1回:12,000円(税抜)

場所

千葉県松戸市西馬橋幸町3-1(馬橋駅西口から徒歩3分ほど)

料金は少しお高めになっていますね。

カネキンフィットネスジムの長所と短所

カネキンフィットネスジムは、先述したように長所としてはフリーウエイトエリアの充実が非常に印象に残るジムでした!

あれだけのスペースと器具が用意してあるのは、ハードコアなトレーニーの方も思わず顔がほころんでしまう至れり尽くせりの環境と言えるでしょう。

しかし、短所として気になる点が多かったというのも事実です。

独立したロッカールームが存在しない、マシンの種類が少ない(有酸素マシン含め)、ストレッチスペースがない、といった点ですね。

トレーニング上級者の方であれば、フリーウエイトの充実というのは最優先事項に入る方が多いと思うので重宝できるジムと言えるかもしれませんが、初心者~中級者の方にとっては不便に感じる点が多いジム…というのが正直な感想になります。

ただこれも先述したように、このジムはこれからも建物の2階部分もジムにしたりと拡張していくプランがあるようなので、今後もっと万全の設備に仕上がったジムへと昇華していくのかもしれません。

現時点では不便な点も多いカネキンフィットネスジムですが、youtubeでの成功をきっかけにフィットネスジムまで立ち上げてしまうというのは何とも夢のある話ですよね!

今後、カネキンフィットネスさんの活躍やジムがどのように発展していくのかに注目していきたいと思います!

フィットネスジャンキーでした!

関連記事:麻布十番のY4GYM(ワイフォージム)とは?料金や場所など情報まとめ!

スポンサードリンク
ABOUT ME
フィットネスジャンキー
東京、神奈川の首都圏を中心に活躍しているパーソナルトレーナー『Fitness Junkie』のサイトです!筋トレやダイエット、トレーニング方法、食事の情報を随時配信しています! Fitness Junkieの経歴:関東のフィットネスクラブでトレーナーとして勤務した後、パーソナルトレーナーとして活動。 保有資格 ・全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT) ・VIPR認定トレーナー ・TRX-STC(TRXサスペンショントレーニングコース修了)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
フィットネスジャンキー
東京、神奈川の首都圏を中心に活躍しているパーソナルトレーナー『Fitness Junkie』のサイトです!筋トレやダイエット、トレーニング方法、食事の情報を随時配信しています! Fitness Junkieの経歴:関東のフィットネスクラブでトレーナーとして勤務した後、パーソナルトレーナーとして活動。 保有資格 ・全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT) ・VIPR認定トレーナー ・TRX-STC(TRXサスペンショントレーニングコース修了)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です