• 日曜日 , 21 10月 2018

ライザップのヨガLIPTY(リプティ)に体験に行った感想口コミやレッスン内容など!

少し前の記事で、ライザップが運営する暗闇フィットネススタジオ『EXPA』(エクスパ)の体験記を書いたことがありました。

このEXPAは、昨年の12月に1店舗目をオープンしたばかりの新しいスタジオですが、同時期にライザップが運営をスタートさせた、もう一つの別形態のスタジオがあることをご存知でしょうか?

それがタイトルに挙げている『LIPTY』(リプティ)という筋トレ×ヨガをコンセプトにしたスタジオです!

暗闇フィットネスジムのEXPAは、現在かなりのハイペースで店舗を拡大していますが、何とこのLIPTY(リプティ)も今後はEXPAと同じくらいのペースで全国に店舗を増やしていく計画があるとのこと。

そして先日、こちらの『LIPTY』(リプティ)にお招き頂き実際にスタジオに体験に行ってきたので、そちらの感想などを今回も写真を交えながら述べていきたいと思います!

>>LIPTY(リプティ)の無料カウンセリングはこちらから

スポンサーリンク

ライザップが運営する筋トレ×ヨガ『LIPTY』(リプティ)に体験に行ってきた感想!

LIPTY(リプティ)は、女性専用のヨガスタジオになり、場所はJR池袋駅の東口から徒歩2分ほどの場所ところにあります。

リプティ 場所

上の写真の赤丸で囲っていますが、一階にサンマルクカフェのあるビルでその5階がLIPTYなので、駅からも近いですし場所的にはかなりわかりやすいかと思います。

エレベーターで5階に上がり、扉が開くと…

リプティ 受付

目の前に受付があり、スタッフの方に出迎えて頂きました!

暗闇フィットネスジムの『EXPA』は豪華な感じの装いでしたが、こちらはヨガスタジオらしい暖かみのある雰囲気になっていますね。

また、ホットヨガのスタジオなどはどうしても汗くなくなってしまいがちですが、LIPTYは柑橘系のアロマを焚いているとのことでほんのり爽やかな香りがたちこめていました。

受付の横には、LIPTY専用のヨガウェアやサプリメント・低糖質食品なども販売されています。その隣りには水素水専用のサーバーも。

リプティ ヨガウエア

到着すると、早速スタッフの方にLIPTYについてのご案内を頂けたので、プログラムの内容や他のヨガスタジオと何が違うのか?館内やレッスンの様子などを写真付きで紹介していきたいと思います!

 

LIPTYと他のヨガスタジオの違いは筋トレ多し!

LIPTYはRIZAPが運営しているというだけあって、他のヨガスタジオよりもボディメイクやダイエットをより意識したプログラム構成となっているとのことです。

ヨガはゆっくりとした動きやストレッチ要素の強い動きが多いことから女性でも行いやすく、女性人気の高い運動ですが…
その反面弱点というか継続している人の要望に補いきれていない部分として、『続けているけど思ったより痩せない』という声もたびたび挙がることがあるようです。

そんなヨガの運動を行いつつも、ボディメイクやダイエットの目標も完遂したいという潜在的な需要に応えることをコンセプトに生まれたのが、このLIPTYになるようですね。

LIPTYのHPをみると『筋トレ×ヨガ』とあるように、LIPTYのヨガスタジオではダンベルやチューブなどの器具も置かれており、それらを使ってスクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどをアレンジしたエクササイズも織り交ぜて、全身にほどよく筋肉をつけながら体脂肪を減らしていけるようレッスンが構成されているようです。

リプティ ダンベル

[スタジオには筋トレ用のダンベルが用意されている]

 

LIPTYのレッスン内容

レッスンの種類は全9種類あり、以下のようになっています。※時間は全て45分

~全身引き締め系~

RIZAP Yoga

RIZAP Yoga2

Body Make

~部位別引き締め系~

美尻

お腹引き締め

二の腕引き締め

~基礎ヨガ系~

骨盤引き締め

背中で燃焼

リラックス

全身引き締め系のレッスンと部位別引き締め系のレッスンは、ヨガの動きも取り入れつつ筋トレ中心のレッスンで、基礎ヨガ系のレッスンは他のヨガスタジオで行う一般的なヨガの動きに近いエクササイズを行うレッスンになっているようですね。

一般的なヨガスタジオだと、その全てのレッスンがヨガのポーズを行っていく構成となっていることがほとんどですが、このように筋トレ系のレッスンも用意されていて選択肢があるというのは嬉しいですよね。

特に人気のあるプログラムは、全身引き締め系の『RIZAP Yoga1,2』と部位別引き締め系の『美尻』レッスンが人気のようです。

 

LIPTYはホットヨガスタジオなの?室温や湿度は?

LIPTYはレッスンによって、常温で行うレッスンとホット環境で行うレッスンに分かれているようです。

全身引き締め系のレッスン(RIZAP Yogaなど)や部位別引き締め系(美尻など)は、筋トレ系の動きが多く、ホット環境ではキツイということで常温の湿度設定も変えない通常環境で行っていくよう配慮がなされているとのことです。

基礎ヨガ系のレッスン(骨盤引き締め・背中で燃焼・リラックス)のような、一般的なヨガのポーズを重視していくレッスンでは室温35℃、湿度は60%のホット環境で行っていくようです。

他のホットヨガスタジオや総合型フィットネスクラブのホットヨガクラスでは、室温37~40℃弱程度まで上げることが多いですが、LIPTYでは暑い環境で運動するのが苦手という人も多いことを考え、他のヨガスタジオと比べてあえて低めの温度に設定しているとのことでした。

そのため、他のヨガスタジオだと暑すぎてしんどいから続かなかったけど、ここだったら続けやすいという通っている方の声もあるようです。

上級者の人や慣れている人であれば、暑い環境を求めがちになる傾向があるので物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に運動初心者の方やホットヨガに通ったことがあるけど暑すぎて続けられなかったという方には少し低めの設定にしてあるLIPTYの方が続けやすいと感じるかもしれませんね。

 

月1回無料のカウンセリング&相談でダイエットをサポート

リプティ カウンセリング

またLIPTYでは以前紹介したEXPAと同様に、ダイエットのサポートをより強化できるよう、月に1回無料でインストラクターさんにカウンセリング&相談に乗ってもらえるというサービスも受けることができます。

ライザップのトレーナーと同じ食事管理、栄養の知識を身に付けたインストラクターさんが、食事だけでなく体型や姿勢の悩みなど個々に向けて相談やアドバイスをしてくれます。

他のヨガスタジオでは、このようなスタジオと別室のカウンセリングルームはありませんし、食事管理のことまで具体的なアドバイスをもらえることはあまりないので心強いサービスと言えますよね。

この月に1回の無料カウンセリングは、強制というわけではなくあくまで希望する方は受けられるというシステムになっているようです。

レッスンを行っているインストラクターさんがカウンセリングを受けてくれるので、単純にダイエットのこと以外でもヨガのレッスンを受けている中で、聞きたい事や教えてもらいたいことなども相談を受けたりすることも多いようですね。

 

LIPTYのスタジオ内の様子

レッスンの大まかな内容や、カウンセリングに関しての説明を受けた後は、スタジオに移動し実際にレッスンを見学させて頂きました。

スタジオの中に入ると…

リプティ スタジオ

リプティ スタジオの壁面

壁面には、フェイクグリーンが装飾され暖かみのある雰囲気となっていますが、「あれ?普通のヨガスタジオと何か違うな?」と違和感を感じ立ち尽くしていると、スタッフの方から…

「LIPTYはスタジオに鏡を貼らないようにしているんですよ。」

とご説明を頂きました。

鏡を貼らないことで、周りの人のポーズや見られていることを気にせず、自分とインストラクターのポーズだけに集中できる環境の方が良いのではないか?ということを考え、思い切ってこのような環境にしているとのことです。

鏡がないと自分で確認してポーズが修正できないということも考えられますが、その部分はインストラクターさんが周って個別に修正をし、鏡がないことが短所とならないよう努めているとのことでした。

そしてインストラクターが一人一人をちゃんとみれるように、最大でも24人までと少なめの収容人数にしているようですね。

自分のポーズを鏡でチェックしたいという方ももちろんいると思うので、この部分は人によって好みが分かれそうな部分といえますが、周りの目を気にしなくて良いという点で、こちらの方がやりやすく続けやすいという声も頂くことが多いそうです。

もう一つ印象的だったのは、LIPTYで販売、レンタルされているという下記の専用ヨガマットですね。

リプティ ヨガマット

こちらの店内でレンタルor販売されているロゴ入りの専用ヨガマットは、吸水速乾性に優れた特注素材が使われているとのことで、上にバスタオルを敷かなくてもそのまま使用できるとのことでした!

バスタオルを敷いてその上で様々なポーズをとっていると、タオルが動いてわずらわしく感じたり元の位置に戻さなきゃいけないなど面倒に感じるものですが、それがなくヨガマットの上で直接エクササイズできるのは大きなメリットと言えると思います。

こういった細かい部分が配慮されているのは嬉しいですね。

 

RIZAP Yogaのレッスンを見学体験!

スタジオ内の環境について簡単にご説明頂いた後は、実際にレッスンを少しだけ見学させて頂きました!

今回僕が体験したのは、前述した人気レッスンの『RIZAP Yoga』で筋トレの動きを多く入れていくものになります。

リプティ ライザップヨガ

スクワットとダンベルを上に持ち上げる動作をミックスしたエクササイズを行っていきます!

リプティ レッスン

二の腕が気になるという女性はやはり多いようで、このRIZAP Yogaにも二の腕をかなり追い込むエクササイズが織り込まれていました!

LIPTY(リプティ)インストラクター

インストラクターさんも、ほどよく筋肉のついた美ボディがうつくしく説得力がありますね!

 

このようにダンベルを持って、洋楽のテンポにのせて様々な筋トレの動きをアレンジしたエクササイズを行っていきます。

通常のヨガスタジオでは、筋トレ的な要素は少ないですし、アップテンポな洋楽の音楽に合わせて行う感じではないので、そこはやはりRIZAP運営のヨガスタジオのレッスンならではという感じがして新鮮な印象を受けました。

時間の都合上、10分間ほどの筋トレ部分だけの実演となりましたが、ヨガの動きを取り入れたエクササイズも行っていくとのことで、全身をほどよく鍛えることのできるプログラム構成となっているようですね。

ヨガのゆっくりとした動きが苦手な方でも、続けやすいレッスンになっているのではないかと思います。

 

ロッカー&シャワールーム

レッスン見学後は、ロッカー&シャワールームに案内をして頂けました。

リプティ ロッカー

リプティ ロッカールーム

ロッカールームも、まだオープン前の店のように綺麗な状態が保たれているのが非常に印象的でした!こちらも木製で暖かみのある、ヨガスタジオらしいデザインとなっていますね。

全60個とロッカーの数も多く、大きいロッカーも多く用意されているので、荷物の多い方や買い物帰りなどでも気軽に通うことができそうです。

また化粧台には、ドライヤーや化粧水&乳液もアメニティとして完備されています。

リプティ 化粧台

系列の暗闇ジム『EXPA』もそうでしたが、女性専用ジムでオープンする時間も早いため(※午前7時から利用可能)、仕事前や休日の買い物前にすっぴんで来てレッスンを受けてここで化粧を済ませて外出するという使い方をしている方も多いようですね。

そしてシャワールームは全9室完備されています。

リプティ シャワールーム

シャワールーム内には、シャンプー・リンス・ボディソープが備えられていました。

ちなみにシャワールーム前に敷かれているバスマットは、吸水性と速乾性に優れているということで、最近流行している『珪藻土バスマット』を使用しているそうです。

こういった細かいところにも気遣いが感じられますね。

また、ヨガスタジオのシャワールームはどうしてもどこもレッスン後に会員さんが一斉に掛け込むので混雑してしまうというのが問題としてあるのですが…

LIPTYでは参加人数9人以上のレッスンの場合は、インストラクターさんがレッスン終了後に短時間のストレッチレッスンを行い参加自由になっているので、これに参加してシャワーの並び待ちやロッカーでの混雑を避けるようにもできるという配慮もなされているとのことです。

会員の方が少しでも快適に利用できるよう努めていることが伝わってきました。

 

LIPTY(リプティ)の料金システム

LIPTY(リプティ)の料金システムや営業時間は以下のようになっています。

LIPTY(リプティ)の料金システム表

RIZAPのヨガなので高いんじゃないか?と思っていたのですが、業界最大手ヨガスタジオのLAVA(池袋東口店)と比較すると、LAVAはフルタイム会員の料金が14,167円/月(税抜)、デイタイム会員12,315円/月(税抜)となっているので、それほど料金に差はないようですね。

ちなみにLAVAはバスタオルとフェイスタオルの貸し出しは、月額にプラスして税込600円を支払わなければなりませんが、LIPTY(リプティ)は無料で貸し出しを行っています。

10月31日まで期間限定キャンペーンを行っており、カウンセリング当日に入会の場合、

入会金1万円無料

入会から1ヶ月目と2ヶ月目は水素水、ヨガウエア、ヨガマットの貸し出しが無料(通常は月額に+4,320円の料金がかかる)

というお得な内容になっているようです!

 

LIPTY(リプティ)は初心者の方でも続けやすいよう配慮されたヨガスタジオ

今回見学&体験した感想としては、LIPTYは鏡をあえて貼り付けていなかったり、他のヨガスタジオよりも、ホットヨガクラスを低体温に設定されていたり初心者の方でも続けやすいよう配慮がされているジムという印象が強く残りました。

ただ、前述しましたがここは人によって好みの分かれる部分でもあるかもしれませんね。

またヨガマットに特注素材を使ってバスタオルを敷く必要がなかったり、珪藻土のバスマットが使われていたり、シャワールームが混雑しないよう工夫されているなど細かな気遣いも随所に感じることができます。

「前にヨガを続けていたけど痩せなかった…」、「ヨガをやりつつもしっかり痩せる目標も達成したい!」という方や運動初心者の方は、LIPTYの無料カウンセリングを一度受けてみることをオススメします!

LIPTYの無料カウンセリングはこちらから

関連記事:ライザップの暗闇フィットネスジム、EXPA(エクスパ)に体験に行ってきた感想!

スポンサードリンク