• 土曜日 , 22 9月 2018

近未来型パーソナルトレーニングジム!SIXPAD STATION(シックスパッドステーション)を体験した感想!

シックスパッドステーション

クリスティアーノ・ロナウドでお馴染みの腹筋EMS機器「SIXPAD 」といえば、つい最近機器を開発・販売している株式会社MTGが東証マザーズ上場を果たすということがちょっとした話題になったことがありました。

新規上場時の時価総額は2,000億円を超える可能性があるとのことで、その通りの結果になれば、6月19日に上場を果たしたメルカリに次ぐ規模になる見込みとのことです。

「シックスパッド」のMTG、7月にマザーズ上場 時価総額2000億円超 

 

クリスティアーノ・ロナウド効果もやはり影響しているのか、SIXPADをはじめとしたMTG社のEMS機器・美容機器の売れ行きは好調なようですね。

そんなMTG社は、代官山に第1号店となるジムまで6/1からプレオープンを開始しています。

ジムの名前は『SIXPAD STATION』。今までのジムの形態とは全く異なるもののようで、何とダンベルやバーベルなど一切の器具を使わず、全身にEMS機器をつけて電気刺激を受けながら自重エクササイズのパーソナルトレーニングを受けるという内容になっています。

SIXPAD STATION公式HP

常に全身に負荷がかかっているので、パーソナルトレーニングの時間もたったの15分で済むとのこと。

何とも近未来的で先鋭的な内容と言えますよね!

めざましTVやNumber Doなどの雑誌でも取り上げられ、一体どんなジムなのか気になっていたため実際に体験に行ってきました!

スポンサーリンク

『SIXPAD STATION』に体験に行った感想!

SIXPAD STATIONは、以前の記事で体験記を紹介したEXILEのジム「EXFIGHT」から徒歩550mほどと近い場所にあります。代官山駅が最寄駅になりますね。

シックスパッドステーション 外観

このように、今まさにワールドカップで大活躍中のクリスティアーノロナウドが迎えてくれるので、外から見ても非常に引きがあるというかインパクトを感じることができます。

中に入ると…

やはりクリスティアーノロナウドが笑

出典:sixpad-station.com

同階が受付&ラウンジエリアになっているのですが、最近の新規ジムは本当におしゃれなところが増えたように感じますね。

受付で簡単な体験の手続きを済ませると、スタッフの方がSIXPAD STATIONで行うパーソナルトレーニングについて説明をしてくれました。

SIXPAD STATIONでは、ジムにて貸し出される専用の上下のタイツを着て、その上に『EMSフルボディスーツ』というものを着用して全身の筋肉を同時に鍛えていきます。

EMSフルボディスーツ

このスーツはそれぞれ電極が、【大胸筋・広背筋、上腕二頭筋・上腕三頭筋、腹直筋・腹斜筋、大殿筋、大腿四頭筋・ハムストリング】と、上半身と下半身の主要な筋肉群、9部位18ヶ所に電極がフィットするようになっています。

それぞれの電極は、筋肉ごとの特性に適した大きさと位置に設計されているようですね。

このスーツを着ながら、パーソナルトレーナーの方のインストラクションに合わせて、自重エクササイズを行なっていき、トレーナーの方がクライアントの様子を見ながら遠隔操作で電気刺激のレベルを変化させてくれるとのこと。

常に電気による刺激が筋肉に負荷をかけているのと、上半身と下半身を連動させるような自重エクササイズを行なっていくので、15分という時間でもかなり強い負荷を全身の筋肉にかけることができるようです。

 

他ジムとは一線を画した近未来的なトレーニングルーム!

ロッカールームで上下の専用タイツに着替えを済ませ、トレーニングルームのある下の階に降りるとグループで先に体験されている方がいるようで、「キツいキツい!」、「うわ〜!」と追い込まれて悲鳴をあげる声が笑

見てみると動きは普通に自重エクササイズを行なっているようにしかみえないので、一体何がキツいんだろう?とも思ってしまったのですが、体験してみないとわからないキツさがあるようですね。

トレーニングは一対一のパーソナルで行なっていくようなので、グループで体験に行ってもそれぞれ一人ずつトレーナーの方がついてくれるようです。

トレーニングルームはこのような感じになっています。

シックスパッドステーション トレーニングルーム

(僕の指が映ってしまってますね汗)

他のジムのトレーニングルームとは明らかに一線を画した近未来的なデザイン・設計になっていますよね。

オレンジの円の中でエクササイズを行っていく形になり、全部で6人まで同時に入ることができるようになっているようです。

トレーニングルームについて簡単に説明を受けた後、トレーナーの方がEMSボディスーツを最適な締め付けで全身にフィットするよう着させてくれます。

トレーナーの方が毎回着させてくれるということで、簡単に着用ができますし、電極が微妙にずれたりといったこともないので安心ですね。

EMSスーツを着用した後は、トレーニングルーム内にある機器にて筋厚と脂肪厚も測定していきます。

実際に入会した際は、この筋厚と脂肪厚を測って数値化し、トレーニングの進捗を確かめていくことができるようです。

おそらく筋厚と脂肪厚が実際に計測できるジムは今のところ他にないので、こういった部分も含めて新しいタイプのジムと言えるのではないでしょうか。

 

いざ電気刺激によるトレーニング体験へ!

筋厚と脂肪厚を測定した後は、いよいよトレーニング開始です!

トレーニングルームは、前面が鏡になっているのですが、この鏡は『デジタルトレーニングミラー』と呼ばれるもので、EMSスーツに内蔵されたモーションセンサーと連動していて、鏡に自分の身体のラインが人型の立体線として投影されるようになっています。

こうして自分のトレーニング中の動作を、よりわかりやすく可視化することで、正しいフォームでトレーニング動作を行いやすくするというもののようですね。

そしてトレーニングは、片足を大きく踏み出した後に上半身を捻ったり、スクワットをしながら手を動かしたりと全身を動かす複合的な動作を、トレーナーの方のインストラクションに誘導してもらいながら反復していきます!

もちろんこれらのエクササイズは、全身の筋肉にEMSによる刺激が送られる中で動作を行っているので、普通に反復するよりもかなりキツイです!

EMSによる電気刺激が送られてくると、その電気のレベルが強くなるにつれて、より身体も動かしにくくなるので、『電気刺激に抵抗しながらエクササイズを行っている』といった感覚でしょうか。

先述したように、エクササイズ中はトレーナーの方がインストラクションをすると共にこちらの様子をみながら、電気のレベルを更に強くしたりと調節してくれます。その電気レベルは何とLv1~100まであるとのことです。

たった15分間だけのエクササイズですが、上下のタイツがビショビショになるぐらい汗を掻いたので、先に体験されていた方々の悲鳴の意味もトレーニング後に理解することができました笑 (※シャワールームも併設されています)

ただ、短時間でそれだけ汗を掻いたにもかかわらず、息はあまり上がらないというのはとても不思議な感覚でしたね。

キツさや運動後の疲労感は確かに感じるものの、続けていくことはそれほど苦にはならなそうだという印象を感じました。

そしてトレーニングもアトラクションを体験しているようで、運動が苦手な人でも続けて通ってみたくなりそうな楽しさがあることも非常に印象に残りました。

動画でみると、よりどんなトレーニングを行うのかがわかりやすいかと思うので、下記にEngadgetさんより配信されているトレーニングの体験動画も拝借させて頂いて載せておきますね。

 

SIXPAD STATION トレーニング体験動画

動画の最後でも紹介されているように『SIXPAD STATION』ではトレーニングルーム以外にも、“禅ルーム”という部屋が併設されており、禅を行ってリラックスした後、ほうじ茶をもらうことができるようですね。

ジムの月額料金は、プレオープン期ということでまだ一般公開していないようなので載せることができませんが、体験した際はそちらも案内してもらうことができます。

 

SIXPAD STATIONに体験に行った感想~まとめ

SIXPAD STATIONは、今後も店舗を増やしていく予定で、日本国内では500店舗のオープンを目標としているようです。

これだけの短時間で1回のトレーニングが完結するところはもちろん他のジムでもありませんし、トレーニングもアトラクション性があって面白いジムだなというように感じました。

ただ1回のトレーニング時間たった15分で、本当にダイエットや肉体改造としての結果が出せるかというのは…正直疑問が残るというのも率直な感想としてはありますね。

その点は、これからジムがオープンして本格的に会員として通う方が増えていってから、その真価が問われると言えるのではないでしょうか。

これからのSIXPAD STATIONに注目していきたいと思います!

フィットネスジャンキーでした!

関連記事:クリスティアーノロナウドが紹介する3種類の腹筋トレーニング

スポンサードリンク